2018-04-07(Sat)

重神機パンドーラ 第1話

ネオ翔龍の近郊のバラックで暮らすレオン・ラウ(CV:前野智昭)は、妹のクロエ(CV:東山奈央)と一緒に暮らしています。

クロエは本当の家族じゃなく、家族契約をしているみたいです。

日々、レオンは量子リアクターの研究をしているらしい。

レオンは、量子リアクターの研究者だったようですが、2031年の稼働実験の失敗で暴走事故を起こして、各地にB.R.A.I(ブライ)が発生する要因を作ってしまったようです。

この暴走事故は、翔龍クライシスと呼ばれて、世界は壊滅的な打撃を受けてしまい、生物、機械、植物の枠を超えて進化した生物・B.R.A.I(ブライ)によって、人類は滅亡の危機に瀕しているようです。

B.R.A.I(ブライ)に対抗するための独自の研究を進めるレオンですが、何かが足りないようで、実験はいつも失敗していました。

一方、人類もB.R.A.I(ブライ)にやられっぱなしではいられないので、ネオ翔龍の防衛軍が抵抗していました。

でも・・・あまり抵抗になっていない感じもします。

ここの市長・セシル・スー(CV:茅野愛衣)と参謀・ジェイ・ユン(CV:梅原裕一郎)が指揮をしています。

高額な報酬でB.R.A.I(ブライ)を狩るバウンティハンター・クイニー・ヨウ(CV:花澤香菜)、ダグ・ホーバット(CV:津田健次郎)も出て来ています。

しかし、予期しない大型のB.R.A.I(ブライ)の出現で、レオンはクロエを守るために、量子リアクターを搭載したマシンで出ることになります。

本当は、ネオ翔龍に渡して使ってもらおうと思っていたのですが・・・

レオンの研究で何かが足りなかったのは、人間なの??

見事な戦闘モードでB.R.A.I(ブライ)に対抗しますが・・・





人気ブログランキング

アニメランキング





2018-04-05(Thu)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 最終話

走る列車の上で、ディートフリート(CV:木内秀信)を銃弾から守るヴァイオレット(CV:石川由依)。

片方の義手を破壊されたヴァイオレットですが、メルクロフ准将(CV:廣田行生)から鉄橋に爆弾を仕掛けられたことを聞かされて、爆弾撤去に向かいます。

一つは、様子を見ていたベネディクト(CV:内山昴輝)が蹴りで撤去に成功します。

もう一つはヴァイオレットが撤去に向かいますが、義手が一つしかないため、手間取っています。

残った義手と引き換えに撤去に成功し、ヴァイオレットはベネディクトに救われます。

そして、ライデンシャフトリヒとガルダリクの和平の調印は成功するのでした。

ようやく、本当の平和は訪れ、戦争中は凍結されていた飛行機の祭典が行われます。

みんな誰かに手紙を書くことになり、ホッジンズ(CV:子安武人)からヴァイオレットは手紙を書くことを勧められます。

そんな時、ヴァイオレットのところに、ブーゲンビリアから訪問者がやって来ます。

彼女はギルベルト(CV:浪川大輔)かと思い、走って行きますが・・・

訪ねて来たのは、ディートフリートでした。

彼に連れられて、ブーゲンビリアの屋敷に出向いたヴァイオレットは、そこでディートフリート、ギルベルトの母と会います。

彼女と会ったヴァイオレットは・・・

もうヴァイオレットには、命令は必要ないです。

少しだけ、ギルベルトが最後に言った「愛してる」の意味がわかりつつありますね。

祭典の時に、みんなが誰に手紙を書いたのかが出て来ました。

エリカ(CV:茅原実里)の好きな人って・・・

また新作が作られるようなので、少し楽しみにしておきます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(アニメーション)/VIOLET EVERGARDEN VOCAL ALBUM Song letters 【CD】
価格:3240円(税込、送料別) (2018/4/5時点)




人気ブログランキング

アニメランキング





2018-04-03(Tue)

バジリスク~桜花忍法帖~ 第13話

七弦(CV:市来光弘)と涙(CV:上田麗奈)を助けた八郎(CV:畠中祐)は、また別行動を取ろうとします。

七弦も涙も、八郎をそのまま行かせることにして、別動隊として控えている才蔵(CV:徳石勝大)と現(CV:佐倉綾音)に合図を送ります。

合図を待っていた才蔵と現は行動を開始しますが、全部の雨を彼らが引き付けるのは無理だったようです。

現は、叢雲を爆破する大筒を才蔵に預けて、幻術・夢寐うつつを発動させて雨を引き付けるのでした。

今回は、幼い頃の現が出て来ましたが、忍術を会得するのは並大抵ではないと言うことですね・・・

この術は、父親の命を犠牲にして得たものなのでしょうか・・・

雨の数が多すぎて埒が明かないので、才蔵は現に自分の目に幻術を見せるように言います。

才蔵の目たちが見た幻術を雨に見せて自滅させようとしますが、現の術が強すぎて、才蔵が大変なことにw

現が危ない時に、式部(CV:落合福嗣)と蓮(CV:早見沙織)、響(CV:水瀬いのり)が駆け付けて来て、叢雲爆破作戦を実行するのでした。

上手く行ったかのように見えましたが、大筒の弾が戻って来た~w

成尋衆の孔雀啄(CV:豊永利行)が時間を巻き戻したようです。

一方、転寝(CV:三木眞一郎)と滑婆(CV:名塚佳織)は、一応は天海と合力したものの完全には相手を信用していない模様です。

最後に笑うのは自分たちだと言っていましたが・・・

別行動を取る八郎の前に、皮膚坊(CV:浜田賢二)が現れます。

彼は、忠長(CV:岡野友祐)を叢雲から救い出そうとしているみたいです。

忠長の徳川ブランドを利用されるのは困るのですね。

そして、八郎と皮膚坊が話しをしているところに、成尋(CV:土師孝也)が姿を現しました・・・





人気ブログランキング

アニメランキング






2018-03-31(Sat)

ハクメイとミコチ 最終話

祭りの準備で忙しいマキナタの街並みをハクメイ(CV:松田利冴)とミコチ(CV:下地紫野)が歩いていました。

新聞によると、以前ハクメイが一緒に旅をしていた緑尾老(CV:榊原良子)のキャラバンがマキナタの近くを通るようです。

2人はキャラバンを一目見ようと、翌朝までにコヨウ大岩に辿り着くように移動していたのでした。

急ぎの旅なので、ハクメイはタヌキのタクシーに声をかけます。

目的地まで頼みますが、タヌキはカハル橋までしか行かないと言い、仕方なくそこまで乗せてもらうことに。

しかし、橋の向こうまで行きたかったのに、橋に不具合が起きて通れなくなっていました。

大慌ての2人を見たタヌキは仕方なく、回り道をして橋の向こうまで連れて行ってくれることになりますが、途中で大岩が道を塞いでいて・・・

ハクメイは、もしもの時のために爆弾を持って来ていました。

爆弾で大岩を引き飛ばし、橋の向こうに着きますが、今度は最終のロープウェイまでの道のりが遠いな~w

タヌキは大サービスで、ロープウェイに2人を放り込んでくれます。

何とか、コヨウ大岩に到着しますが、今度は緑尾老のキャラバンが通る方角を間違えてしまい、ハクメイは緑尾老のお尻しか見ることができませんでした。

大声で挨拶をするハクメイですが、相手に聞こえるはずもなく・・・

そこで、持って来た爆弾を使うことに。

猿の管理人さんに頼んで、爆弾を上に放り投げてもらいますが、さすが滑車で鍛えた肩・・・

まったく爆弾は飛ばず、その辺に着地して爆発する始末ですw

轟音に驚いたキャラバンのケイカが望遠鏡で大岩の方を見てみると、懐かしいハクメイがいました。

ハクメイは、キャラバンにご厄介になっていた時は、赤髪のロングヘアーでした。

マキナタに入るには、大きさの制限があって、巨大な狼の緑尾老は入ることができませんでした。

涙で別れたハクメイは、緑尾老に自分の赤髪を切って渡しました。

自分のことを覚えておいてほしくて。

ハクメイに気付いた緑尾老は、遠吠えで応えていました。

ハクメイの赤髪は、今は緑尾老のアクセサリーの一部になっているみたいです。

前回のお祭りはテントが付喪神になってしまって大変でしたが、今回のマキナタのお祭りは順調に行われた模様です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハクメイとミコチ 5巻 (ビームコミックス) [ 樫木 祐人 ]
価格:669円(税込、送料無料) (2018/3/31時点)




人気ブログランキング

アニメランキング






2018-03-29(Thu)

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話

南北の戦争は終わったはずなのに、まだ和平反対派が蠢いています。

ギルベルト(CV:浪川大輔)の兄・ディートフリート(CV:木内秀信)のところに、ガルダリクの和平取り交わしの特使とドールが乗車する列車の護衛任務がやって来ます。

ディートフリートは、上官に嫌味を言っていましたw

特使と一緒に乗車するドールは、カトレア(CV:遠藤綾)で、ベネディクト(CV:内山昴輝)も同行していました。

ディートフリートは、カトレアのところへ行き、ホッジンズ(CV:子安武人)とヴァイオレット(CV:石川由依)のことをディスっていましたw

むっとしたカトレアは言い返し、ベネディクトはヴァイオレットが必死で頑張っていることを伝えていました。

前回の仕事が終わったヴァイオレットは、飛行機でライデンへ向かっていました。

しかし、彼女の目に飛び込んで来たのは、列車が通る線路際がいくつか爆破されている状況と、列車に乗るカトレアの姿でした。

飛行機を列車のそばに降ろしてもらったヴァイオレットは、カトレアたちの元へ。

ディートフリートはヴァイオレットを見て、まだ命令を欲している戦闘人形なのかと・・・

しかし、ヴァイオレットは、もう誰も殺したくないので、素手でガルタリクの残党に向かって行くことになります。

残党のトップは、メルクロフ准将(CV:廣田行生)で、戦後の自分たちの立ち位置がかなり不満らしい。

ギルベルトからもらったペンダントをメルクロフに奪われたヴァイオレットは絶対絶命の危機に陥りますが、そこにディートフリートがやって来て・・・

彼は、ヴァイオレットが弟を守れなかったことにかなり怒っていましたが、あの状態では無理だろうと思います。

ヴァイオレットもギルベルトを守れなかったことは、一番の心の傷なので、今度は必死にディートフリートを守ろうとしますが・・・





人気ブログランキング

アニメランキング





プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天