2018-06-13(Wed)

シグナル 長期未解決事件捜査班 最終話

健人(坂口健太郎)は過去を変えるため、美咲(吉瀬美智子)の前で無線機を取り出すと、これまでに起きた不思議な出来事をすべて打ち明けます。

そして、兄・亮太(神尾楓珠)を助けてほしいと大山(北村一輝)に頼むのでした。

2000年、少年院を出たばかりの亮太から連絡を受けていた大山は、亮太が自らの無実を証明する証拠を持っていると聞いていました。

その後、健人との交信で亮太の死が他殺だと知った大山は、その証拠こそが亮太の命取りになると気付いて、急いで亮太の元へ向かいますが・・・

一方、過去が変えられると知った以上、何とかして大山の死を防ぎたいと考えた美咲は、無線機を使って18年ぶりに大山と言葉を交わします。

美咲は、これまで胸の内に秘めていた思いと、健人が大山にどうしても言えなかったことを伝えるのでした。

健人は、中本(渡部篤郎)の手が回って、岩田(甲本雅裕)殺害の重要参考人として連れて行かれそうになりますが、彼はその場を逃げ出します。

山田(木村祐一)と小島(池田鉄洋)に頼んで、押収されたスマホを取り返してもらうのでした。

そのスマホには、岡本(高橋努)から連絡が入っていて・・・

知りすぎた岡本は消される寸前で、その場にいた美咲を庇った健人は・・・

一方、2000年の大山は岩田の手によって葬られる寸前でしたが、彼は美咲から情報をもらっていたので、無線機を通じて仲間を呼んでいたようです。

健人は重体でしたが、過去が変わったことで彼の命も繋がりました。

けれど、助かったはずの大山は・・・??

わかり辛いけど、まだまだ闇は深いです・・・




人気ブログランキング

ドラマランキング




2018-06-12(Tue)

コンフィデンスマンJP 最終話

ボクちゃん(東出昌大)は、ダー子(長澤まさみ)とリチャード(小日向文世)に、もう十分稼いだのだから詐欺師稼業から足を洗うべきだと忠告し、2人の元を離れます。

1年後、引っ越し業の仕事に就いていたボクちゃんは、新人の鉢巻秀男(佐藤隆太)と親しくなります。

体が弱く、親が残してくれた資産を切り崩しながら暮らしていた鉢巻は、結婚詐欺の被害に遭ってしまい、すべてを失ってしまったらしい。

6か月前、結婚相談所で紹介された早苗という女性と意気投合し、結婚の約束をした鉢巻は、両親の借金を理由に結婚を辞めると言い出した早苗に全財産の3千万円を貸してしまったのでした。

その直後から彼女と連絡が取れなくなり、結婚相談所もなくなっていたと言います。

鉢巻が描いた早苗と結婚相談所の所長の似顔絵を見たボクちゃんは、それがダー子とリチャードであると確信します。

ボクちゃんは、鉢巻を連れてダー子のスイートルームを訪れ、真相を確かめようとしますが・・・

鉢巻は昔、闇社会を仕切っていた父親を騙した「子犬」という名の詐欺師を捜しているようです。

やっと見つけたのが、ダー子たち??

ダー子たちを売ったのは、五十嵐(小手伸也)なの??

ダー子たちは、顔を黒い袋で隠され、体は自由を奪われていました。

そして、鉢巻は一人ずつ別室で、「子犬」の正体は誰なのかと、彼らの隠していた家族や本名を告げて脅して行くのでした。

今回は、非常にドキドキの展開でした。

本当にとんでもないことになったのかと思いましたね。

ウソをついているのは誰なのか??最後に笑うのは・・・

ラストの痛快さが心地良かったです。




人気ブログランキング

ドラマランキング




2018-06-10(Sun)

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 第9話

眞子(菜々緒)の父親が経営していたホテルアックスの火災事故で保険金が支払われなかったのは、当時担当していた大沢(船越英一郎)と保険調査会社の縣(大高洋夫)が偽装工作をしたせいでした。

そして、喜多村(西田敏行)が千紘(木村佳乃)を捨てた父親だったことも明らかになってしまい・・・

次々と衝撃の事実が判明する中、縣が何者かに殺害されます。

大沢や喜多村たち共亜火災保険の関係者は、警察から事情聴取を受けることになります。

博史の父・修(鶴見辰吾)からも事情聴取した警察が、ついに博史(佐藤勝利)の元へやって来ます。

博史・・・いつも挙動不審ですが、刑事にカマをかけられて、眞子と縣が争っていたことを話してしまうのでした。

眞子は本当に復讐のために縣を殺害したのか??

事件の捜査が進む中、眞子が会社に来た本当の理由と、縣の殺害事件の真相が少しずつ明らかになって行きます。

眞子・・・縣が元カレで、博史が今カレって・・・

博史は、もしかしたら眞子が自分を庇ってくれているのではないかと思いました・・・

どうして警察が修のところまで来たのか??

修に不審なメールを送って来たのは縣のようで、その縣に脅迫状のようなものを出したのは、博史の母・聡子(山下容莉枝)??

縣を殺害したと自首して来たのは、大沢の秘書・本橋瑞希(瀬戸さおり)でした・・・

眞子はニューヨーク出張へ行く大沢のところへ行き、自分はホテルアックスの支配人・鬼頭の娘だと告白するのでした。

彼女の父親は、保険金のことで話に行ったまま、戻って来なかったようです・・・これって・・・

そして、喜多村が・・・




人気ブログランキング

ドラマランキング






2018-06-09(Sat)

家政夫のミタゾノ 最終話

昔、大金持ちだったことがわかった麻琴(剛力彩芽)の家ですが、その家庭はある家政婦によって壊されたことが明らかになります。

麻琴の家庭を壊したのは、三田園(松岡昌宏)だったのではないかと考える頼子(余貴美子)たち。

その頃、麻琴は三田園を家政夫として自宅に招いていました。

麻琴が三田園に復讐しようとしているのではないかと思った頼子たちは、そこで拘束されている三田園を見つけて・・・

しかし、これは麻琴の妹や弟たちとゾノゾノ星人ごっこをしていただけだったのですねw

そこに、麻琴の父・隆志(デビット伊東)が森田順子(若村麻由美)を伴って帰宅します。

順子と結婚したことを唐突に発表する隆志に驚く麻琴たちですが、案外、あっさりと受け入れていました。

しかし、順子が麻琴の家に近付いたのは、ある思惑があって・・・

麻琴の豪邸は、亡き母の思い出がたくさんあって、いくらお金を積まれても売れないと言っていましたが・・・

順子は、利用価値がありすぎる豪邸を何とか買い取ろうとしていましたが、実は・・・

麻琴の家を崩壊させたのは、やはり・・・

それでも、今でも亡き母の言葉に縛られている麻琴を解放できたのは良かったですね。

やりたいことをやろうと、島茂子(城島茂)の妹オーディションを受けた麻琴ですが、あっさり不合格になっていました。

若い芽は潰しておかないとと言う島茂子・・・怖すぎるw




人気ブログランキング

ドラマランキング





2018-06-09(Sat)

デイジー・ラック 第8話

楓(佐々木希)は、リエコ(芦名星)が安芸(鈴木伸之)に復縁を求めているを聞いてしまい、2人のことが気になってしまいます。

そんな中、リエコが1人で泣いている姿を見た楓は、彼女を家に連れ帰り、ある決意をします。

薫(夏菜)は大和(桐山漣)との関係に見切りを付けようとしますが、コンペを控えた彼女の元に大和が現れます。

やっと大和も薫に向き合ってくれる気持ちになったようです。

ミチル(中川翔子)は貴大(磯村勇斗)と付き合いながらも、不安を打ち消せずにいました。

初めてお付き合いしたのが貴大なので、どうしていいのか、分からないのでした。

えみ(徳永えり)は隆(長谷川朝晴)のカフェ経営の夢にどう向き合えばいいのか、まだ分からずにいました。

それでも、体調不良でも無理をして仕事へ行く隆を見たえみは・・・

そして、楓の30歳の誕生日がやって来ます。

今回は、薫たちが仕事などの都合で、楓の誕生日当日には集まれなくて、楓は一人でパンを焼きながら誕生日を迎えることになります。

リエコと安芸の仲を取り持とうとした楓ですが、それに気付いたリエコから、その話を聞いた安芸は・・・

楓の誕生日に少し遅刻したけど、安芸が楓の元にやって来ました。




人気ブログランキング

ドラマランキング






プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天