FC2ブログ
2013-03-19(Tue)

ハンチョウ6~警視庁安積班 最終回

久米島課長(升毅)が撃たれて重傷を負った事件が発端となって、安積(佐々木蔵之介)班は、15年前に押上橋付近で拳銃を持った男が、現金輸送車から1億円を強奪した事件の謎を追うことになりました。

久米島課長は既に時効となったこの事件を押上分署に異動してからも密かに追い続け、多くの目撃証言を残しながら姿を消した「赤いジャンパーの男」と思われる人物に近付いた途端に撃たれたと見られていました。

事件当時、久米島課長は「赤いジャンパーの男」を平沼(影丸茂樹)と断定して逮捕しましたが、平沼には草野球チームの試合を見ていたと言うアリバイがあって、誤認逮捕という経歴だけが残っていました。

当時の事件のことを聞き込む安積と沙緒里(比嘉愛未)ですが、みんな良い顔はしないですね。

そんな時、目撃証言をした一人にまた話を聞きに来た安積と沙緒里は、写真に残る草野球チーム・押上リバースの中に若い女の子が写っていることに気付きます。

安積たちはこの事件が起こっていた時に、押上リバースのみんなが由香里という難病の女の子を救うために募金を集めていたことを掴みます。

募金の金額も1億円・・・

安積は、当時押上リバースのメンバーだったおでん屋の徳吉(金田明夫)に話を聞きに行きますが、一緒にいた水沢先生(橋爪功)に「刑事として話を聞きたいなら令状を持って来い」と言われてしまいます。

事件の真相は、ようやく集まった募金の1億円が何者かに盗まれてしまって、由香里には猶予がなかったために、あの強奪事件を起こしたようです。

「赤いジャンパーの男」は徳吉で、坂木(榊英雄)と組んで、まんまと1億円を強奪して由香里の手術代に充てます。

募金の1億円を盗んだのは、工場の負債で切羽詰まった平沼だったのですね・・・

意識不明だった久米島課長も意識を取り戻して、また自分のせいでとんでもないことになってしまったと反省していました。

水沢先生もこの事件のせいで、みんなで腹の底から笑い合うことが出来なくなったと反省していました。

今回の事件も解決しましたが、安積班は解散となります。

尾崎(小澤征悦)は、イタリアでの仕事がやって来ますが、安積、沙緒里、小池(福士誠治)はどこへ行くのか分からない状態でした。

安積班長は今度はどこへ行くのでしょうね。



ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハンチョウ〜警視庁安積班〜(6) 第10話(最終回)

『ひとつの命のために』 内容 久米島課長(升毅)が狙撃された事件を捜査する安積(佐々木蔵之介)ら安積班。 やがて、15年前の現金輸送車強奪事件を久米島が追っていたと判明。

ハンチョウ~警視庁安積班~ シリーズ6 (第10話 最終回・3/18) 感想

TBSテレビ系ドラマ『ハンチョウ~警視庁安積班~ シリーズ6』(公式)の最終回『ひとつの命のために』の感想。 なお、過去5シリーズすべてほぼ未見。 なるほど。そう言うことだっ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ ウェブ拍手
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天