fc2ブログ
2021-02-24(Wed)

青のSP-学校内警察・嶋田隆平- 第7話

隆平(藤原竜也)は、涼子(真木よう子)と香里(明日海りお)が口論をしていた事実を掴みました。

涼子の過去が気になる隆平は、調査を開始します。

そんな隆平をサポートするため、三枝(山田裕貴)はスクールポリスになります。

一方、涼子は欠席や遅刻が増えて、体が痩せて来た深山(田中奏生)のことが気になっていました。

ネグレクト(育児放棄)を疑う涼子に対して、深山は笑って誤魔化すのでした。

しかし、クラブで働く母親と祖母と3人で暮らす深山の生活状況は思った以上に深刻でした。

ある事情で深山の過去を知る三枝は、涼子と共に深山を助けようと立ち上がりるのでした。

深山は母親が男と出て行ってしまい、祖母は転んで寝たきりになってしまって、母親の借金のために脅されたりして本当に大変です。

空腹を訴える祖母のために、コンビニで万引きをしてしまい、それを見つかって大変な事態を引き起こしてしまうのでした。

祖母を道連れに自殺を考える深山ですが、助けたのは三枝と涼子でした。

隆平も三枝にはお世話になっているので、借金取りのところに乗り込んで強~く釘を差していました。

母親も涼子に説得されて戻って来て良かったけど、本当にいい加減にしてほしいですw

隆平は涼子のことを色々と調べて、彼女は悪い人ではないとわかったかな。

香里と口論していたのも、自分と同じようになってしまうことを恐れて止めに入っていたようです。

そして、隆平と涼子は、職員室で電池の切れた盗聴器を見つけて・・・

隆平に音声データを送って来たのは誰??





人気ブログランキング

ドラマランキング




スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平― (第7話・2021/2/23) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・火9ドラマ『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』(公式) 第7話『大救出極貧生徒を襲う悲運… 絶対悪に怒りの鉄拳』の感想。 なお、原作の漫画、佐々木充郭「スクールポリス」(ポプラ文庫)は、未読。 また、本作は昨夏に全話を撮影終了しているため、要望などは基本的に書きません。 涼子(真木よう子)と香里(明日海りお)が美月(米倉れいあ)の暴行事...

青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー 第7話

内容嶋田(藤原竜也)は、香里(明日海りお)と涼子(真木よう子)が、暴行事件を巡り口論していたことを知る。燎子が何かを隠していると考えはじめる嶋田。そのころ、涼子は、深山敏春(田中奏生)の様子がおかしいコトに気づく。ネグレクトを疑う涼子。そんななか、三枝(山田裕貴)が、嶋田の代わりに、スクールポリスとなり、学校にやってくる。母・恵里香、祖母・サキの事情を知る三枝は、深山を心配するが。。。そして...

青のSP ―学校内警察・嶋田隆平― #07

『大救出極貧生徒を襲う悲運…絶対悪に怒りの鉄拳』

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ ウェブ拍手
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
近江通信
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天