fc2ブログ
2020-12-14(Mon)

危険なビーナス 最終話

矢神家で親族会が行われ、当主・康治(栗原英雄)が亡くなり、明人(染谷将太)も戻らない今、矢神家の遺産は康之介(栗田芳宏)の子供たちに均等に分配されることになります。

しかし、楓(吉高由里子)は、後天性サヴァン症候群の研究資料さえ見つかれば明人を救い出せると波恵(戸田恵子)に訴えて、勇磨(ディーン・フジオカ)も楓に味方します。

その時、行方をくらませていた牧雄(池内万作)が姿を現して、それをきっかけに一族で醜い言い争いが勃発するのでした。

見かねた波恵が一喝して、康之介に関するある重大な事実を語るのでした。

「矢神家は康治の代で終わりにします。」と言い放ちます。

親族会に顔を出していた伯朗(妻夫木聡)は、犯人から届いたメールを親族の前で公開して、明人を必ず救い出すと宣言します。

伯朗は母・禎子(斉藤由貴)から譲り受けた貴重なものを探し出すために、楓と勇磨に協力を頼みます。

そして、禎子の実家に探しに行き、勇磨が研究資料を見つけるのでした。

しかし、伯朗は何かが引っ掛かり・・・

そして、とうとう顔を出した犯人は・・・

伯朗の父・一清(R-指定)が残した「寛如の網」の持つ秘密とは・・・

そして、明人が誘拐された一連の事件は、明人自身が仕組んだことで、楓の正体は・・・

最後は伯朗も幸せそうでしたし、なかなか面白い展開でした。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

危険なビーナス DVD-BOX [ 妻夫木聡 ]
価格:17702円(税込、送料無料) (2020/12/14時点)




人気ブログランキング

ドラマランキング




スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

危険なビーナス (第10話/最終回・2020/12/13) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『危険なビーナス』(公式) 第10話/最終回『義妹の正体』、ラテ欄『今夜最終回!犯人は誰だ? 義妹の正体は?衝撃の真相とは!?』の感想。 なお、原作の小説、東野圭吾「危険なビーナス」(講談社文庫)は未読。 矢神家の親族が集まる中、牧雄(池内万作)が現れ、康治(栗原英雄)の研究記録を見つけたと言い出した。一方、佐代(麻生祐未)から執事の君津(結木滉星)との関係に...

日曜劇場『危険なビーナス』第10話(最終話)

内容矢神家当主・康治(栗原英雄)が亡くなり、遺産相続の親族会が開かれることに。お互いの思惑が交錯する中、君津光(結木滉星)に関する事実が、波恵(戸田恵子)から告げられる。同時に、亡き父・康之介の死に関する秘密も。そして波恵は続ける。伯朗(妻夫木聡)が明人(染谷将太)を呼び戻し、遺産を相続してくれるならば。。。。と。今後のことを語るのだった。すると伯朗が、不審なメールが届いたことを打ち明ける。...

危険なビーナス 「今夜最終回!犯人は誰だ?義妹の正体は?衝撃の真相とは!?」

随分、視聴者も、語り部たる主人公・手島伯朗(妻夫木聡)を振り回しまくったけれど真相はミステリーの定石通り、意外でいながら、なるほど感。危険なビーナス・楓(吉高由里子)の正体も、あらま… でした。伯朗に近い、意外な人物が、彼女へと通じていたのがサプライズ、だったかな?フィニッシュは、伯朗、お約束の「都合の良すぎる妄想」が「なーーんてことはなく」が、初めて外れてヨカッタね。黒い、おディーン様。新...

危険なビーナス #10 最終回

『今夜最終回!犯人は誰だ?義妹の正体は?衝撃の真相とは!?』

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ ウェブ拍手
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
近江通信
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天