FC2ブログ
2020-09-25(Fri)

アンサング・シンデレラ~病院薬剤師の処方箋~ 最終話

みどり(石原さとみ)が、瀬野(田中圭)の承認を得て抗がん剤治療薬の投与を始めて2年が経ちました。

今は萬津産婦人科医院で働くみどりの元を小野塚(成田凌)が訪ねて来ます。

瀬野が不在なため、自分が救急薬剤師を任されていると話す小野塚に、みどりは顔を曇らせます。

みどりは、瀬野に行った治療薬の投与に責任を感じていました。

小野塚は萬津総合病院に戻って来るように伝えますが、みどりは今の仕事が大事だと断るのでした。

そんな中、てんかんの持病がある妊婦・向坂千歳(土村芳)が倒れてお腹を打ち、母・世津子(朝田真由美)と一緒に産婦人科医院にやって来ます。

医師・道場(前原滉)は、てんかん合併症の妊婦を小さな産婦人科医院で診ることに自信がなく、みどりは彼を励ますのでした。

入院した千歳は、こっそり抗てんかん薬を捨てていました。

それを隣のベッドの星名優(入山法子)が見ていて・・・

服薬を確認するみどりに、千歳は飲んでいると嘘をついていました。

千歳と世津子の間には、長い間の行き違いがあって・・・

なかなか他人には病気のことを理解してもらえない千歳でしたが、優は仕事柄、そのことにも理解がありました。

最後の最後で、みどりを迎えに来たのは、リハビリを終えた瀬野でした。

そして、みどりも萬津総合病院薬剤部へ返り咲くのね。

内容的にはもう一つな感じだったのですが、薬の大切さはよくわかりました。

そこは良かったかなと思います。





人気ブログランキング

ドラマランキング




スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 最終回「大切な日常、それぞれの未来」

原作は、『月刊コミックゼノン』で連載中の『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』(荒井ママレ/医療原案:富野浩充)で、日本の連ドラ史上初となる、病院薬剤師を主人公にした、新・医療ドラマその分、意欲まんまん、ヒロインの石原さとみも、お団子頭で制服姿が可愛く、誠実で、優秀。情に厚く、健気なヒロインを熱演“アンサング”とは「褒められない」という意味で、医師のように頼られず、看護師のように親し...

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 (第11話/最終回・2020/9/24) 感想

フジテレビ系・木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(公式) 第11話/最終回『大切な日常、それぞれの未来』の感想。 なお、原作の荒井ママレ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(漫画)は、第1巻のみ既読。 産婦人科の患者に寄り添うみどり(石原さとみ)は、星名ら入院中の妊婦のケアに当たる。小野塚(成田凌)と食事を共にし、話題に瀬野(田中圭)のことが上る中、てん...

木曜劇場『アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋』第11話(最終回)

内容瀬野(田中圭)へ治験薬の投与が始まった。2年後。みどり(石原さとみ)は、萬津産婦人科医院で働いていた。そこに、小野塚(成田凌)が訪ねてくる。萬津総合病院の薬剤部に、簑島心春(穂志もえか)が研修で来たなど、現状報告をした上で、本題を切り出す小野塚。総合病院に戻ってくるよう促したのだが、みどりは拒否。そんななか、妊娠35週目の向坂千歳(土村芳)が、母・世津子(朝加真由美)に連れられやって来る...

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 #11 最終回

『大切な日常、それぞれの未来』

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ ウェブ拍手
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
近江通信
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天