fc2ブログ
2020-09-10(Thu)

私たちはどうかしている 第5話

七桜(浜辺美波)の母親だと、嘘を付く小料理屋の女将・夕子(須藤理彩)のところにやって来た今日子(観月ありさ)は圧力をかけて来ます。

どうやら、彼女は政治家とも知り合いらしい。

今日子の異常さを見た夕子は、この件から手を引こうとしますが・・・

一方、七桜は椿(横浜流星)への思いと、正体を隠している後ろめたさの間で揺れていました。

そんな中、実家が遠いので結婚式に母親を呼ばなくても良いと椿に嘘を重ねた七桜は、今日子から夕子が近くで小料理屋を営んでいることを暴露されます。

椿は挨拶のために、七桜を連れて夕子の店へ向かいます。

そこで椿のまっすぐな思いやりに触れた七桜は、彼にすべてを打ち明けて、嘘のない関係になろうと覚悟を決めるのでした。

七桜はやはり妊娠しているようです。

一旦は手を引こうと思っていた夕子ですが、結婚式には来てくれそうかな。

七桜は城島(高杉真宙)の部屋にお茶に呼んでもらっては、昔を懐かしんでいました。

和菓子職人の山口(和田聰宏)はいい人そうですが、15年前のことを何か知っている??

七桜は懐かしい押し入れを開けてみて、天井裏から一つの箱を見つけます。

そこから出て来たものは・・・

七桜は自分の出自を知って光月庵を去ることにしたの??

味方をしてくれている多喜川(山崎育三郎)を訪ねた七桜は、仕事先を紹介してほしいと依頼しますが、彼に「これでいいの?」と聞かれて・・・

まだ、15年前の事件の真相もわかっていないので、七桜は再び調査を開始するのでした。

15年前の事件が起こった場所は閉鎖されていて、山口によれば、夕ざりの茶事の後に宗寿郎(佐野史郎)が一人でお茶を飲むのだとか。

チャンスはその時か・・・

体調が思わしくない宗寿郎は、弁護士を伴って遺言をしたためていました。

その内容に今日子は焦っていました。

宗寿郎がずっと捜していたのは、やはり・・・

お見合いの席で七桜の母親が人殺しだとの噂を聞いた椿の元婚約者・栞(岸井ゆきの)が心配して光月庵にやって来ます。

椿は色んなことを総合して、七桜が「桜」だと気付いた??





人気ブログランキング

ドラマランキング




スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ ウェブ拍手
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
近江通信
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天