fc2ブログ
2020-08-20(Thu)

私たちはどうかしている 第2話

金沢の老舗和菓子店・光月庵で暮らし始めた七桜(浜辺美波)に椿(横浜流星)は、洗い場の仕事を命じます。

そんな中、七桜は仲良くなった見習い職人・城島(高杉真宙)から、15年前の事件後に、光月庵の従業員が総替わりしたことを聞かされます。

事件当時のことを知る顧客から話を聞くため、七桜は厨房が忙しい日に、古くからの得意先・白藤屋に菓子を届けるチャンスを作ります。

一人で白藤屋を訪れた七桜ですが、箱を開けると、特別注文の菓子は真っ赤に染まって台無しになっていました。

赤い色を見ると、パニック症状を起こす七桜の前に、不審に思って追いかけて来た椿が現れます。

しかし、今回の事で光月庵は大切な得意先を失う危機に陥ってしまったのでした。

どうやら菓子に細工をしたのは、女将の今日子(観月ありさ)らしい。

そして、七桜は今日子から光月庵を追い出されそうになった時、助けてくれたのは椿でした。

光月庵の奥は伏魔殿のようで、今でも光月庵を仕切っているのは、大旦那の宗寿郎(佐野史郎)です。

椿が跡取りだと思っていたら、彼は宗寿郎の実の孫ではない??

宗寿郎は、誰かを捜しているようですが・・・

今日子は職人の富岡(岡部たかし)と男女の関係なのか??

椿と七桜は、厨房は使わせないと富岡に言われて大変な状態に・・・

問題の白藤屋には、謎の男・多喜川(山崎育三郎)の姿がありました。

白藤屋の女将に「先生」と呼ばれている彼は何者??

七桜のフォローに回ってくれているようですが・・・

金沢の街並みで、手を繋いで歩く椿と七桜は、誰が見ても恋人か夫婦のように思われますが、実は・・・

宗寿郎は、今日子と七桜の母・百合子(中村ゆり)を女狐だと言っていましたが、それって・・・

そして、椿が幼い頃「桜」と呼んでいた七桜をすごく恨んでいるのは、どうして??





人気ブログランキング

ドラマランキング




スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私たちはどうかしている 第2話「強烈嫁いびり&数々の罠!!憎い相手と急接近!?」

人気の、いまをときめく美形達が織りなす、老舗和菓子屋での、非日常ぶりが、ハンパないです。そこに、美しい映像で、ミステリーや、濃ゆい愛憎渦巻く、人間関係の複雑さが加わり… 好みは分かれそうだけど、徹してるなぁ、と感心。個人的には、元気印でスタイル抜群な美少女だった、観月ありさが、クセモノ役で新境地?!あと、さりげなく、山崎育三郎が出てたのも、印象的でした。 願わくば、ここまで、ぶっ飛んでるなら...

水曜ドラマ『私たちはどうかしている』第2話

内容結果的に、光月庵で暮らすことになった七桜(浜辺美波)早速、椿(横浜流星)から下っ端の仕事を命じられる。下っ端の仕事をする中で、見習いの城島(高杉真宙)から、かつての事件後、従業員が入れ替わったと知る七桜。そんななか、得意先に届け物をすることになる七桜。だが。。。。大失態を犯した七桜に、女将・今日子(観月ありさ)は。。。敬称略脚本は、衛藤凛さん演出は、猪股隆一さん、小室直子さんかなり冷静に...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ ウェブ拍手
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
近江通信
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天