FC2ブログ
2020-08-13(Thu)

私たちはどうかしている 第1話

花岡七桜(浜辺美波)は、贔屓の客で茶道宗家の娘・真由(小島藤子)に、結婚式の引き出物を決めるための和菓子対決を受けてほしいと頼まれます。

自分の作った菓子を大勢の人に食べてもらえるチャンスに心躍る七桜ですが、対決相手が金沢の和菓子の老舗・光月庵だと聞いて、絶句します。

それは15年前に、七桜からすべてを奪った店でした。

15年前、七桜は和菓子職人だった母・大倉百合子(中村ゆり)と光月庵にやって来ます。

百合子はここで住み込みで働き、七桜は体が弱かったのですが、光月庵の跡取り息子・椿に懐かれて「桜」と呼ばれていました。

しかし、ある日、ここで当時の当主・高月樹(鈴木伸之)が殺害されて、血まみれの椿が百合子を犯人だと指します。

そして、百合子は逮捕されて、取り調べ中に亡くなってしまったのでした。

それからは七桜は、どこへ行っても母親のことが付きまとい、お店をクビになることもよくあったようです。

クビになったある夜、七桜の前に謎の男(山崎育三郎)が現れて、母からの手紙を渡されます。

そこに書かれてあったことは・・・

真由の願いを聞き入れて、光月庵と対決することにした七桜は、そこで椿(横浜流星)と再会しますが、彼は何も覚えていない??

勝負は忖度の世界なので、七桜には不利でした。

でも、そんな七桜に興味を持ったのか、椿は彼女に結婚を申し込んで来ます。

約束の日に光月庵を訪ねた七桜は、前回の勝負の時に椿に付いていた見習いの職人・城島裕介(高杉真宙)に案内されますが・・・

この日は、椿が許嫁の長谷栞(岸井ゆきの)との結婚式を執り行っていて・・・

そして、七桜の手土産の和菓子・新月を見た椿は、七桜と結婚すると言い出して・・・

椿の母・今日子(観月ありさ)・・・怖そうw





人気ブログランキング

ドラマランキング





スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私たちはどうかしている (第1話・2020/8/12) 感想

日本テレビ系・新水曜ドラマ『私たちはどうかしている』(公式) 第1話『『美しくスリリングな和菓子の世界の幕開け! 波乱に満ちた2人の運命が動きだす――!』の感想。 なお、原作の漫画、安藤なつみ「私たちはどうかしている」(講談社「BE・LOVE」連載)は未読。 和菓子職人の七桜(浜辺美波)は引き出物の菓子を選ぶ茶会で、初恋の相手で和菓子の老舗「光月庵」の跡取り・椿(横浜流星)と再会する...

私たちはどうかしている 第1話「美しくスリリングな和菓子の世界の幕開け! 波乱に満ちた2人の運命が…

映像美もふんだんに、登場人物も美形だらけで、夏ドラマらしく、刺激も特盛りでスパイシー。因縁の過去からして、不可思議と不条理満載だし、結婚式に乱入して、とんでも展開したり、すごく、ぶっ飛んだ、読めないアクシデントの連続「まるで、漫画みたい…」と思ってたら、本当に原作は、コミック。累計発行部数200万部超の、安藤なつみによる同名漫画だったとは、びっくり!でした。伝統の和菓子職人、という、マニアな...

水曜ドラマ『私たちはどうかしている』第1話

内容和菓子職人の花岡七桜(浜辺美波)ある日、和菓子対決を提案される。相手は、“光月庵”名前を聞いた七桜の表情が変わる。15年前、“光月庵”の職人だった母・百合子(中村ゆり)しかし店の若旦那である高月樹(鈴木伸之)殺害容疑が掛けられ。。。よみがえるトラウマ。赤色を見るだけで、七桜は。。。そんななか、謎の男(山崎育三郎)が、手紙を持って現れる。母からだった。「私は、なにもやってない」そして対決の...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ ウェブ拍手
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天