fc2ブログ
2020-03-02(Mon)

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 第8話

直輝(横浜流星)は、8年前にあずさ(白石聖)を誘拐したコアラ男の正体が亡き父・哲也(田中圭)だと断定するテレビ番組ディレクター・神代(要潤)のスクープに激しく憤ります。

しかし、神代は直輝に、法務大臣・佐島(佐藤二朗)から証拠を得たと告げるのでした。

直輝は、佐島が父を殺害したと考えて、疑いをぶつけます。

すると佐島は、自分でシロクロつければいいと直輝を挑発して来るのでした。

直輝は、佐島を追い詰めるための証拠探しに奔走します。

結局は、自分に好意を寄せているあずさを利用するのねw

一方、レン(清野菜名)は、母・麻衣子(山口紗弥加)に会いに行きますが、そこでとんでもないことを言われてしまい・・・

あずさのおかげで証拠の隠し場所を見つけることができた直輝は、レンにもう一度協力してほしいと頼むのでした。

ミスパンダは、レンの中に押さえつけられて眠っていたリコだったのですね。

佐島の回想にでてきたミスターパンダって・・・哲也だったのか・・・

今のミスパンダと同じように、陰でシロクロ付けていたんですね。

コアラ男の件が自作自演だったことを告白した佐島は、直輝の前で・・・

佐島が持っていた父の警察手帳を手にした直輝は、そこで開くことができなかったデータのパスワードを見つけることができて・・・

哲也は直輝に何を語るのか・・・

レンを拉致したのは誰??





人気ブログランキング

ドラマランキング




スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 第8話 「最終章!最愛の父は誘拐犯!?衝撃の結末」

最終章!だけあって、物語は、かなり劇的に展開しましたね。同作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女「ミスパンダ」の顔を持つ囲碁棋士・川田レン(清野)と、ミスパンダを操る「飼育員さん」であり、大学で精神医学を学ぶ一方「メンタリストN」としてメディアにも出演する森島直輝(横浜)が“最凶バディ”を組んで、警察やマスコミが触れない“隠れた真相”を暴く物語、だったのですが…8年前のあずさ(白石聖)誘拐事件の...

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 #08

『最終章!最愛の父は誘拐犯!?衝撃の結末』

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ ウェブ拍手
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
近江通信
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天