FC2ブログ
2020-01-16(Thu)

相棒18 第12話

右京さん(水谷豊)の元に、青木(浅利陽介)と同じサイバーセキュリティー対策本部の土師(松嶋亮太)がやって来ます。

青木から電話が入り、緊急手術をするためにしばらく休むので、右京さんに本を返してほしいと頼まれたと言います。

しかし、土師から渡された本は右京さんの物ではなく、不審を抱いた亘(反町隆史)は青木の携帯に電話をかけますが、繋がりません。

捜査を始めた右京さんと亘は、青木のマンション近くの路上に、彼のカバンや警察手帳が落ちているのを発見します。

また、青木が外部から、神田北署の捜査資料データにアクセスを試みていることも判明します。

不穏な空気を感じ取った右京さんと亘は、内村刑事部長(片桐竜次)に報告し、捜査一課の伊丹(川原和久)、芹沢(山中崇史)も加わり、内密に捜査を開始するのでした。

青木は何者かに拉致され、警察の内部情報を引き出すように脅されているらしい。

青木は、暴力団幹部刺傷事件の資料にアクセスしていて、捜査を担当したのは、神田北署の刑事課係長・後藤(津村知与支)でした。

目的を告げずに資料を探す特命係を不審に思った後藤は、赴任したばかりの若手刑事・木村(中村優一)に、右京さんたちを見張るように指示を出すのでした。

今回は本当に青木にとっては受難でした。

無事助け出されたものの、関係者に「恨む」と言ってしまうあたり、ブレませんね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

文庫 相棒season17(上) [ 碇 卯人 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2020/1/16時点)




人気ブログランキング

ドラマランキング




スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

相棒 season18 (第12話・2020/1/15) 感想

テレビ朝日系・『相棒 season18』(公式) 第12話『青木年男の受難』の感想。 右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、青木(浅利陽介)と同じサイバーセキュリティ対策本部に勤める土師(松嶋亮太)の話から、青木が何者かに拉致された可能性に気付く。青木は所轄で起きた事件データに外部からアクセスしており、右京と亘は同署刑事課係長・後藤(津村知与支)に捜査協力を依頼。若手刑事・木村(中村優一...

相棒season18 第12話

『青木年男の受難』内容ある日、特命係にサイバーセキュリティ対策本部の土師太(松嶋亮太)が現れる。青木(浅利陽介)に頼まれ、右京(水谷豊)に本を返しに来たと言う。全く身に覚えがない本だった。違和感を抱いた右京、亘(反町隆史)は、土師に、青木のPCの分析を依頼。外部から警視庁のデーダベースにアクセスしていると判明。青木の自宅マンションへと向かうと、玄関前に青木の所持品が落ちていた。その中には、警...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天