2013-01-29(Tue)

ハンチョウ6~警視庁安積班 第3話

押上分署管内のアパートで起こった空き巣事件から、鑑識の丸岡(六平直政)が空き巣のあった部屋のタンスから8年前に起こった殺人事件の容疑者らしい指紋を発見します。

8年前の事件とは、資産家の吉川辰蔵(石山輝夫)が殺害されたもので、凶器は発見されていませんが、現場で木片が採取されていたので、多分木刀のようなものではないかとのことでした。

辰蔵は近所でも大金を自宅に貯め込んでいると有名で、現金目的で忍び込んだ犯人と遭遇して撲殺されたのではないかと思われていました。

タンスの指紋は、家具屋さんが使っている運送屋さんのものではないかと言うことで、安積(佐々木蔵之介)と沙緒里(比嘉愛未)は、小倉孝信(高知東生)に指紋を採取させてくれるように頼みに行くと、そこに水沢(橋爪功)が現れて、安積たちは追い返されます。

犯人は小倉のようですが、水沢は逮捕覚悟で彼を庇います。

それは、もう余命いくばくもない彼の奥さんのためですね。

何も知らない奥さんを見送るまでは待ってほしいと安積のところに訪ねて来る水沢・・・

しかし、水沢の話を聞いた安積は、鑑識の結果と小倉の証言が違うことに気付きます。

やはり、真犯人がいるみたいです。

真犯人をあぶり出すために、安積たちは一芝居打つことになります。

小倉は窃盗と不法侵入の罪に問われますが、既に時効のようです。

後は、奥さんを見送ってあげるだけですね。

水沢は、おでん屋さんで安積を見つけると嫌味を言っていましたが、多少は感謝しているのかな?



ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハンチョウ~警視庁安積班~ シリーズ6 (第3話・1/28) 感想

TBSテレビ系ドラマ『ハンチョウ~警視庁安積班~ シリーズ6』(公式)の第3話『8年前の指紋…殺人犯をかばう町医者の秘密』の感想。 なお、過去5シリーズすべてほぼ未見。 シリー

ハンチョウ警視庁安積班6 第3話

第3話「8年前の指紋…殺人犯をかばう町医者の秘密」2013年1月28日 OnAir ある日、押上分署管内のアパートに住む佐久間(小出浩祐)宅で空き巣事件が発生した。それからすぐ後、盗まれ

ハンチョウ〜警視庁安積班〜(6) 第3話

『8年前の指紋…殺人犯をかばう町医者の秘密 内容 押上分署管内のアパートで空き巣事件が発生する。 安積(佐々木蔵之介)らが臨場し捜査が始められる。 直後、銀行にやって来た犯

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天