2013-01-22(Tue)

ハンチョウ6~警視庁安積班 第2話

東京スカイツリー周辺を巡るツアーバスが、大久保(辰巳蒼生)という男によって乗っ取られる事件が発生します。

大久保は、IT系企業の社長・有田(森岡豊)と不動産投資会社社長・横山(高田賢一)の二人を3時間以内に呼び出すように警察に要求して来ます。

大久保の首には、威力抜群の爆弾が仕掛けられていますからw

安積(佐々木蔵之介)班は、大久保と二人の関わりについて捜査を開始します。

大久保は自分も被害者だとわめきますが・・・

人質の一人・平山早苗(草村礼子)から大久保は、何か心当たりがあるのではないかと言われて、何も知らないと言っていましたが・・・

実は、大久保、有田、横山にはとんでもない過去があったのでしたw

彼らは振り込め詐欺をやって、莫大なお金を手に入れたのでした。

別の場所で爆弾の威力をデモンストレーションした時の映像を見た鑑識の千春(加藤夏希)は、バイクに乗った不審人物を見つけます。

調べてみると、彼は滝本裕太(窪塚俊介)でした。

彼は10年前に父親が振り込め詐欺に遭って、自殺しました。

その時、彼の妻と娘も巻き添えになったのでした。

そして、何とバスジャックで人質になっていた早苗と江藤春子(鷲尾真知子)も同じような犠牲者でした。

バスガイドの亜希子(須藤温子)は、裕太の妹で、彼女たちが大久保の爆弾のスイッチを持っていたのでしたw

これは思いもしなかった展開でした。

裕太たちは捕まってしまいますが、振り込め詐欺をやった三人も刑務所に入るより地獄を見そうだと、尾崎(小澤征悦)は言っていました。

そりゃ、当然ですよね。



ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハンチョウ~警視庁安積班~ シリーズ6 (第2話・1/21) 感想

TBSテレビ系ドラマ『ハンチョウ~警視庁安積班~ シリーズ6』(公式)の第2話『バスジャック!解決編』の感想。なお、過去5シリーズすべてほぼ未見。 2時間も使って描くお話だろうか...

ハンチョウ警視庁安積班6 第2話

第2話「バスジャック!解決編」2013年1月21日 OnAir  川口総太郎(里見浩太朗)刑事部長によって新設された「警視庁押上警察分署」に異動した安積剛志(佐々木蔵之介)、結城沙緒里(

ハンチョウ〜警視庁安積班〜(6) 第2話

『バスジャック!解決編 内容 バスジャック犯(辰巳蒼生)との交渉へ向かった安積(佐々木蔵之介) すると、犯人の大久保慎一の首には、爆弾が!! 直後、真犯人を名乗る男から連絡

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天