FC2ブログ
2019-06-15(Sat)

インハンド 第10話

寄生虫学者・紐倉(山下智久)は助手・高家(濱田岳)と共に、高家の故郷・相羽村を訪れます。

相羽村では、福山(時任三郎)が計画する危険な病原体を取り扱う科学研究所・BSL4施設の誘致を巡って反対運動が行われていました。

自然豊かな相羽村を堪能する紐倉ですが、ある日、福山と話をするために、BSL4施設の拠点となる予定の場所へ向かいます。

施設の建設を急ごうとする福山に、紐倉は疑念を抱きます。

そんな中、高家の幼馴染・杉山美園(石橋杏奈)の父・実喜男(中本賢)が吐血して倒れ、病院へ搬送されます。

その症状を聞いた紐倉は、エボラ出血熱の可能性を指摘します。

紐倉と連絡が取れなくなった牧野(菜々緒)ですが、テレビ中継で映っていた彼を見つけて、彼女も相羽村にやって来ていました。

通りすがりの天才だもんね・・・紐倉(笑)

美園の父は亡くなり、彼女も隔離されてしまいます。

そこへ、施設の建設を反対している青年団の棚橋弘樹(平岡祐太)がやって来て・・・

美園と弘樹は恋人同士だったようで、美園のお腹には・・・

どうやら、このような事態を招いたのは、弘樹にも責任があるみたいです。

福山と息子・新太(磯村勇斗)は連絡が取れなくなっていて、どうやらとんでもないことをしでかしたようで・・・

やはり、福山が持っていたのは、入谷が隠し持っていたものだったのですね・・・

いくら、彼の希望を叶えたいと思っていたとしても・・・

高家は医者として奮闘し、紐倉も原因究明に動き出します。

紐倉は牧野を相羽村から外へ出し、情報共有することにしたみたいです。

そして、相羽村は封鎖され、日本中を巻き込む事態に発展して行くのでした。





人気ブログランキング

ドラマランキング



スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インハンド(第10話・2019/6/14) 感想

TBS・金曜ドラマ『インハンド』(公式) 第10話『驚異の致死率100%新型エボラ襲来…村を全面封鎖!!』の感想。 なお、原作の漫画、朱戸アオの「インハンド プロローグ1 ネメシスの杖」、「インハンド プロローグ2 ガニュメデスの杯、他」、「インハンド(1)」、連載中の「講談社 イブニング 2019年10号[2019/4/23発売]第11話:キマイラの血(8)」まで既読。 紐倉(山下...

金曜ドラマ『インハンド』第10話

内容紐倉(山下智久)は、福山(時任三郎)と厚労省の瀬川(利重剛)から、ある打診を受ける。そんななか、高家(濱田岳)は、故郷の相羽村へと里帰りをする。が。。。なぜか、紐倉が付いてくる。村は、福山が進める“BSL4”計画で、もめていた。高家の幼なじみ・棚橋弘樹(平岡祐太)が中心に反対運動を行っていた。厚労省の内部資料を手に入れた牧野(菜々緒)は、相羽村を訪れ、村長の市原正幸(遠山俊也)から、金子...

インハンド #10

『驚異の致死率100% 新型エボラ襲来…村を全面封鎖!!』

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天