FC2ブログ
2019-05-27(Mon)

集団左遷!! 第6話

国外へ逃亡しようとしていた三嶋(赤井英和)を寸前のところで捕まえて、20億円の融資詐欺は何とか免れることができました。

片岡(福山雅治)たちは胸を撫でおろしますが、横山常務(三上博史)は「目標の100億円に1円でも届かなければ、廃店を断行する」という厳しい態度を崩そうとはしませんでした。

廃店を阻止するべく、蒲田支店は一丸となって突き進んで来ました。

そんな時、片岡に藤田秀樹頭取(市村正親)から連絡が来ます。

融資詐欺の件で叱責されるのを覚悟で本部へ向かう片岡ですが、藤田は・・・

藤田は片岡に、相談を受けていた西村雪子(丘みつ子)への1億円の融資を頼んで来ました。

密かに応援してくれるみたいです。

同じ頃、片岡のところに、ベンチャー企業の若者たちが融資の相談に来ます。

この2つの融資は、上手く融合できたようですが、蒲田支店にとっては・・・

蒲田支店は目標額をあと一歩で達成することはできませんでしたが、藤田の後押しもあり、片岡たちは銀行員でいられることになりました。

みんなバラバラですが、色んな支店に配属になり、片岡も本部の融資部へ返り咲けることに・・・

奇跡の下克上はなりましたが、片岡に言った梅原(尾美としのり)の言葉が気になります。





人気ブログランキング

ドラマランキング




スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

集団左遷!! (第6話・2019/5/26) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『集団左遷!!』(公式) 第6話『全員リストラ決定!?支店長最後の大選択』の感想。 なお、原作の小説、江波戸哲夫「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)は未読。 週刊誌に廃店候補と書かれたことでかえって盛況となった蒲田支店。一方、宿利(酒向芳)は横山(三上博史)から後任候補として片岡(福山雅治)の同期・梅原(尾美としのり)の名を告げられる。後がない宿利は...

日曜劇場『集団左遷!!』第6話

内容三嶋(赤井英和)に裏切られ、金を持ち逃げされてしまう。空港で追いついた片岡(福山雅治)たちは、三嶋を発見。捕らえることに成功。だが、残されたノルマは、25億に増えてしまった。残された時間は1ヶ月半。財前たち蒲田支店の面々は、仕事を求め、走り回る。残りひと月をきり、残されたノルマ14億。そんな、ある日。片岡は、藤田頭取(市村正親)の呼び出しを受ける。事情を聞いた藤田から、仕事を紹介されるの...

集団左遷!! #06

『全員リストラ決定!?支店長最後の大選択』

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天