FC2ブログ
2013-01-19(Sat)

信長のシェフ 第2話

織田信長(及川光博)は、南伊勢の北畠具教を攻めると宣言します。

森可成(宇梶剛士)に、ケン(玉森裕太)を戦場に連れて行き、戦で使いものになるかどうか見極めるように命じます。

信長は、ケンに戦に出陣前の料理を作るように命じます。

昔ながらのオーソドックスな食材はNGとのお達しでw

ケンは、鮭といくらの親子丼のようなものを作っていました。

鮭の生まれ故郷に戻って来る能力を掛けたみたいですが、信長に戻って来た鮭の末路を聞かれて焦るケンw

でも、人間は誰でも死ぬと言って、人生五十年の例の舞いを舞っていました。

「明日死ぬかもしれない戦場で、みんなが食べたいものは何だろう?」

と考えながらケンは巨大な鍋を背負って歩いていると、倒れた兵士が一人・・・

良く見ると、ケンを心配してついて来たお夏(志田未来)でした。

本当に仲良しだね~。

ケンは兵士たちが栄養のない質素な食事だけで戦い続けているのを見て、即席の湯漬けをみんなに振舞います。

そこへ、ケンを間者ではないかと疑っている秀吉(ゴリ)がやって来て、ケンを自分の軍に連れて行こうとします。

そこに敵が・・・

危ないところを巨大な鍋を盾にして、秀吉を助けたケンとお夏。

まだ疑っている秀吉にお夏は、敵だったら命をかけて助けるわけがないと言います。

そんなケンに信長がまた無茶ぶりを言って来ます。

戦を終わらせる料理を作れって・・・

伊勢エビや牡蠣など、伊勢の名産をふんだんに使った料理を振舞いました。

この時代にはまだないお寿司まで登場w

この時代の料理って「焼く」「煮る」「蒸す」しかないようで、ケンは炒めたり、グラタンを作ってみたりしていました。

この珍しい料理を見て愕然となった具教は、信長の要求を飲むことになります。

ケンの作ったお弁当を美味しそうに食べるお夏に、女忍者の楓(芦名星)が怖い忠告をしていましたが、ケンもお夏も大丈夫かなw



ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信長のシェフ (第2話・1/18) 感想

テレビ朝日系ドラマ『信長のシェフ』(公式)の第2話『伊勢エビで戦を終わらせろ!!平成の料理人決死の戦場デビュー』の感想。 なお、西村ミツル氏による原作、梶川卓郎氏作画による

信長のシェフ 第2話

『伊勢エビで戦を終わらせろ!!平成の料理人決死の戦場デビュー 内容 信長(及川光博)のシェフとなったケン(玉森裕太) ある日のこと、南伊勢の北畠具教(本田博太郎)攻めを決

信長のシェフ 1・2話

週刊漫画誌に連載中の同名漫画を基に、 戦国時代にタイムスリップして織田信長の専属料理人となる青年の苦難と奮闘を描く。 原作 西村ミツル、作画 梶原卓郎「信長のシェフ」(芳文

金曜ナイトドラマ「信長のシェフ」第2話

第2話「平成のシェフが戦場に!敵の台所に潜入」                         視聴率9.9%

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天