fc2ブログ
2019-01-24(Thu)

家売るオンナの逆襲 第3話

屋代(仲村トオル)と庭野(工藤阿須加)は、何故か万智(北川景子)の過去を知る留守堂(松田翔太)の存在に心を乱されていました。

東京・新宿営業所では庭野が家を売ったお客さんが同性愛者だったことから性的少数者(LGBT)が話題に上がります。

そんな中、足立(千葉雄大)は、真島みどり(沢井美優)と車田智代(芳野友美)に内見案内をしていましたが、2人が同性愛者だと知った売主に販売を拒否されてしまいます。

別の物件を探す足立ですが、万智は自分が家を売ると、横取り宣言をします。

ストレスを抱える足立は留守堂を頼っていました。

一方、庭野は、夫と娘の3人で住む家を探している木村真奈美(佐藤仁美)を担当します。

家探しを一任されていると語る真奈美ですが、万智は何故が庭野を連れて会社帰りの真奈美の夫・剛史(池田鉄洋)を尾行し、あるアパートへ・・・

そこで2人が見た物は、何と女性の着物を着た剛史でした。

屋代が現地販売ウィークを開催して、売りにくい3つの物件を売ることになります。

公道から奥まった場所にある竿の付いた旗のような形をした旗竿地、スキャンダルで相撲界を追放された元力士の家、元画家のアトリエ・・・どれも普通に難しい物件です。

でも、見事にみんな上手く適材適所に売ったのでした。

足立・・・留守堂のことが好きだったのに、彼は三軒家万智研究家だったw

本当に留守堂と万智の関係は気になりますが、万智は屋代と一緒に帰宅し、ラブラブなのかな。






人気ブログランキング

ドラマランキング





スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家売るオンナの逆襲 (第3話・2019/1/23) 感想

日本テレビ系・新水曜ドラマ『家売るオンナの逆襲』(公式) 第3話『多様化する愛の形!真冬の現地販売で宿敵に客を奪われる!?』、ラテ欄『LGBT様々な愛の形!現地販売会開催皆で家爆売りGO!』の感想。 外資系企業勤務の真奈美(佐藤仁美)が、商社マンの夫・剛史(池田鉄洋)と中学生の娘の3人で暮らす家を探しに訪れる。真奈美は、夫から家のことは任されているとい...

水曜ドラマ『家売るオンナの逆襲』第3話

内容留守堂(松田翔太)が、万智(北川景子)の過去を口にしたことで、屋代(仲村トオル)庭野(工藤阿須加)美加(イモトアヤコ)は動揺する。同時に、留守堂が知っていたコトに疑問を感じるのだった。そんななか現地販売ウイークがはじまる。今回は3つの難題。旗竿地に建つ家。元大関の錦ヶ峰の家。元画家のアトリエだった家。旗竿地は、足立(千葉雄大)と布施(梶原善)元大関の家は、宅間(本多力)と鍵村(草川拓弥)...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ ウェブ拍手
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
近江通信
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天