FC2ブログ
2018-12-10(Mon)

下町ロケット-ヤタガラス- 第9話

的場(神田正輝)や奥沢(福澤朗)は、大規模な農業イベント・アグリジャパンで醜態を晒した無人農業ロボット・アルファ1の原因究明に奔走します。

しかし、自分たちの落ち度の可能性は認めず、野木(森崎博之)が開発した自動走行制御システムに問題があったと結論付けます。

そんな中、親友の野木から窮地の知らせを聞いた佃(阿部寛)は怒りに震え、財前(吉川晃司)にある提案をするのでした。

佃製作所のトランスミッションと野木の自動走行システムで、再度実験することに。

的場たちは最初、そのことも許可しようとしませんでしたが、藤間社長(杉良太郎)が出て来て、実験ができることに。

実験では見事に成功しますが、的場たちは1回だけの成功では認められないと言い出して・・・

結局は奥沢の語るに落ちる状態で、藤間にすべてがバレてしまうのでした。

これからは藤間が陣頭指揮を執ることになりますが、佃製作所の力ではまだ完璧なトランスミッションは作れていなくて、藤間や財前に迷惑をかけてしまうといけないので、山崎(安田顕)は頭を抱えます。

ギアゴーストの伊丹(尾上菊之助)は、退社した裕(イモトアヤコ)に声をかけていましたが、できるなら裕には佃製作所の力になってもらいたいです。

ロケットエンジンバルブの佃と利菜(土屋太鳳)の親子対決は、やはりな結果でした。

落ち込む利菜を不器用ながらも励まそうとする佃と、しっかりしたアドバイスを送る母・沙耶(真矢みき)の姿がありました。

利菜は、的場の情報をしっかり仕入れて佃に教えていました。

情報通か??

いくら父親との確執があったからって、あれでは・・・ね。





人気ブログランキング

ドラマランキング





スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下町ロケット(2018年版) (第9話・2018/12/9) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『下町ロケット(2018年版)』(公式) 第9話(ヤタガラス編)『最終章突入!帝国の隠ぺい工作を暴けるか無実の親友を救え!』の感想。 なお、原作の 池井戸潤「下町ロケット ゴースト」(小学館)は未読。 無人大型トラクターの試走で失態をさらした帝国重工。かたや、重田(古舘伊知郎)や伊丹(尾上菊之助)らの「ダーウィン」は高い...

日曜劇場『下町ロケット-ヤタガラス-(2)』第9話

「最終章突入!帝国の隠ぺい工作を暴けるか無実の親友を救え!」 内容農協イベントで、帝国重工の無人大型トラクターは暴走し、転倒する。その様子を見た重田(古舘伊知郎)伊丹(尾上菊之助)たちは、歓喜の声。佃(阿部寛)野木(森崎博之)らは愕然とする中で、藤間(杉良太郎)は、的場(神田正輝)奥沢(福澤朗)を問い正すのだった。そんななか、的場たちは、野木のシステムの不具合のせいだと、訴訟も辞さ...

下町ロケット #09

『最終章突入!帝国の隠ぺい工作を暴けるか 無実の親友を救え!』

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天