FC2ブログ
2018-09-10(Mon)

この世界の片隅に 第8話

1945(昭和20)年8月6日、広島に新型爆弾が投下され、見たこともない巨大な、きのこ雲が上がり、すず(松本穂香)は江波に住む家族の身を案じます。

帰宅した周作(松坂桃李)に心配されたすずは気丈に振舞い、もっと強くなりたいと心に誓うのでした。

数日後、北條家に回覧板が回って来ます。

正午からラジオで重大発表を行うという通達でした。

サン(伊藤蘭)、径子(尾野真千子)だけではなく、近所のタキ(木野花)や幸子(伊藤沙莉)、志野(土方芳)、安次郎(塩見三省)も集まって来ました。

戦争に負けて終わったことを知ったすずは、終戦に納得できずに・・・

もっと早く終わっていれば、晴美(稲垣来泉)も・・・

円太郎(田口トモロヲ)は仕事をクビになり、黙ってたくさんの鍬を作って、みんなと分けたようです。

退職金代わりだと言っていましたw

タキから刈谷家に近所のみんなが集められ、広島にいた息子の消息を告げるのでした。

まさか、近所で行き倒れて亡くなっていた大火傷を負った人が息子だったなんて・・・

幸子の結婚話も暗礁に乗り上げるかと思われましたが、成瀬は婿養子に入ってくれると言っていました。

周作とお隣さんになり、一緒に通勤できますねw

周作はすずを診てくれている医者に広島の様子を伺いますが、広島出身の人は見ない方が良いと言われてしまって・・・

ある大雨の日、すず宛に妹・すみ(久保田紗友)からハガキが届きます。

すずは妹の無事を喜んでいましたが、差出先が祖母の家からでした。

肝心のハガキの内容は雨で字がにじんでしまって読めません・・・

一方、周作は終戦に反対する勢力を制圧するために海平団に招集されて・・・

見送りに来たすずは、リン(二階堂ふみ)の消息を周作から聞かされるのでした。




人気ブログランキング

ドラマランキング







スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この世界の片隅に (第8話・2018/9/9) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『この世界の片隅に』(公式) 第8話『戦争が終わるー始まっていく日々、新たな決意』の感想。 なお、原作の こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社)は未読、劇場アニメーション映画(2016)は 劇場で鑑賞済み(Blu-ray鑑賞時の感想あり)、日テレの終戦記念スペシャルドラマ(2011)は未見。 すず(松本穂香)達は広島の...

日曜劇場『この世界の片隅に』第八話

『戦争が終わるー始まっていく日々』「最終章前編!戦争が終わる…さよなら親友」 内容広島に新型爆弾が落ちたと知ったすず(松本穂香)は、安否を確かめるため生きたいと、長い髪を切り、覚悟を見せる。驚く径子(尾野真千子)たちだったが、やはり無理だと言われてしまう。すずの、まさかの行動に、周作(松坂桃李)も驚きを隠せず。そして昭和20年8月15日。。。。敬称略脚本は、岡田惠和さん演出は、吉田...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天