FC2ブログ
2018-09-05(Wed)

健康で文化的な最低限度の生活 第8話

えみる(吉岡里帆)の元に、生活保護利用者の赤嶺岳人(音尾琢真)が病院に搬送されたと連絡が入ります。

過度な飲酒で膵臓を病み、アルコール依存症の疑いもあると言います。

しかし、当の本人は治療する気がなく、このまま飲み続ければ間違いなく死亡してしまいます。

えみるは必死に説得し、何とか禁酒を約束させますが、数日後、赤嶺は再び飲酒して大暴れしてしまうのでした。

えみるは、アルコール依存症が病気で、自分の意思で治すことが難しいと知り、猛勉強を開始します。

半田(井浦新)のアドバイスで、断酒を目指す人たちが集まる「断酒会」を訪ね、驚くべき実態を目の当たりにします。

えみるは、アルコール依存症患者と向き合うことがケースワーカーとして最も困難な作業だと知る半田から「覚悟はありますか?」と問われ、治療のきっかけを与えられるのは自分しかないと奮起します。

そして、赤嶺をアルコール治療専門の病院に入院させることに成功します。

数か月の入院後、赤嶺は断酒会に通うのではなく、働きたいと言って、居酒屋でバイトを始めるのでした。

えみると京極(田中圭)が心配した通り、赤嶺はまた飲酒を始めてしまって・・・

落ち込むえみるに声をかけてくれたのは、先輩の石橋(内場勝則)でした。

石橋にも苦い経験があったようで、その話を聞いたえみるは・・・

押してもダメなら、引いてみろって感じでしょうかw

一方、阿久沢(遠藤憲一)と同居している娘・麻里(阿部純子)が水商売??

そして倒れた??




人気ブログランキング

ドラマランキング





スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

健康で文化的な最低限度の生活 (第8話・2018/9/4) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・『健康で文化的な最低限度の生活』(公式) 第8話『クズ男の真実…死の病との壮絶な戦い!』の感想。 なお、原作の柏木ハルコ「健康で文化的な最低限度の生活」(小学館)は未読。 えみる(吉岡里帆)が担当する利用者の赤嶺(音尾琢真)が、急性膵炎(すいえん)で救急搬送された。アルコール依存症が疑われ、飲み続けたら死ぬような状態だと...

健康で文化的な最低限度の生活 第8話

「死の病と戦え!クズ男の真実」【クズ男の真実…死の病との壮絶な戦い!】内容ケースワーカーになって1年。えみる(吉岡里帆)は、仕事を面白いと思い始めていた。そんななか、ひと月前に、担当になった赤嶺岳人(音尾琢真)が、病院に搬送されたという連絡を受ける。重度のアルコール依存症で、死に至る可能性があったのだが、えみるの説得を聞かず、勝手に病院を退院してしまう。退院した赤嶺を訪ね、治療するよう説得す...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天