FC2ブログ
2018-08-22(Wed)

健康で文化的な最低限度の生活 第6話

えみる(吉岡里帆)の元に、生活保護の申請をした島岡(佐野岳)が駅のホームで自殺を図ったと言う知らせが飛び込んで来ます。

えみるは京極(田中圭)の指示で、島岡の親族に援助が可能かを確認する扶養照会を強行しました。

それを頑なに拒否していた島岡は、父・雷(小市慢太郎)が会いに来ると知り、逃走してしまいました。

幸い島岡は駅員たちのおかげで大事にならずに済みましたが、区役所にやって来た雷は、激しい剣幕で息子の居場所を聞き出そうとして来ます。

半田(井浦新)は、扶養照会の判断が正しかったのか悩む京極に、「人が死ぬところだったんですよ」と強い言葉で告げるのでした。

自らの判断が、受給者の命の危険を招いたと感じた京極は、「この件はすべて自分の責任で対応する」と宣言します。

区役所内で今後の対策について話し合いを行いますが、島岡親子が抱える問題がわからないだけに、答えは出ませんでした。

しかし、島岡が入った病院で、その問題が明らかになります。

あまりの事の大きさに、えみるは自信を失い涙し、その様子を見た京極は、彼女をランチに誘って・・・

半田も穏やかに話を聞いてくれていました。

島岡が入った病院で、雷がひと悶着起こしますが、京極とえみるたちに阻止されて・・・

やっちゃいけないことはあるんですよね。

島岡は生活保護を受けることができるようになり、担当がえみるから後藤(小園凌央)になりました。

受給者の問題にぶちあたっていた都(水上京香)にも一筋の光が。




人気ブログランキング

ドラマランキング






スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

健康で文化的な最低限度の生活 (第6話・2018/8/21) 感想

関西テレビ制作・フジテレビ系・『健康で文化的な最低限度の生活』(公式) 第6話『親子の謎解明!迫る父の恐怖…京極決断』の感想。 なお、原作の柏木ハルコ「健康で文化的な最低限度の生活」(小学館)は未読。 島岡(佐野岳)は、父・雷(小市慢太郎)の来訪を知り、思いもよらぬ行動に出る。動揺するえみる(吉岡里帆)は雷に、島岡とはすぐには会えないと伝えるが逆上さ...

健康で文化的な最低限度の生活 第6話

『親子の謎解明!迫る父の恐怖…京極決断』「親子の謎解明!迫る父の恐怖」内容扶養照会を拒絶する島岡光(佐野岳)えみる(吉岡里帆)は、半田(井浦新)が反対したにもかかわらず、京極(田中圭)の指示で島岡の父・雷(小市慢太郎)に連絡を入れる。すぐに上京した雷。だが、島岡は滞在先から逃走する。そんななか、島岡が駅で自殺未遂をはかったと報せを受ける。えみるがショックを受けていると、雷からの問い合わせがあ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天