FC2ブログ
2018-07-30(Mon)

この世界の片隅に 第3話

1944年(昭和19年)6月のある深夜、広島・呉で初めての空襲警報が鳴り響きます。

すず(松本穂香)や周作(松坂桃李)をはじめ、北條家全員が恐怖で飛び起きました。

徐々に戦争の色が濃くなり、北條家と刈谷家は合同で防空壕を掘ることにします。

径子(尾野真千子)や幸子(伊藤沙莉)たちは、事あるごとに周作に見とれているすずに、きつめに当たっていました。

そして、径子がうっかり口を滑らせたことで、周作に別の縁談があったことを知ってしまうすずなのでした。

そんな中、すずは晴美(稲垣来泉)と、アリを観察しているうちに、砂糖を入れた壺にアリがたかっているのを見て、誤って砂糖を水瓶に落としてしまいます。

砂糖は8月から配給停止になる高級品でした。

一部始終を見ていたサン(伊藤蘭)は、自分のへそくりをすずに渡し、闇市で砂糖を買って来るように促します。

すずは闇市で売られている砂糖の値段を見て、自分のやった失敗に対して、かなり落ち込んでいました。

その後、砂糖を買ったすずは、見知らぬ場所へ迷い込み、帰り道がわからなくなって途方にくれますが、そこでリン(二階堂ふみ)という女性と出会います。

リンは、すずにスイカの絵を描いてもらっていました。

彼女は行ったことのないはずのすずの帰り道を知っていて、教えてくれました。

すずはリンからアイスクリームの話を聞いて、どんなものなのか気になって、径子やサンから教えてもらいますが・・・

もしかしなくても、リンは周作が結婚したかった相手なのかなと思いました・・・

周作がすずをデートに誘って、アイスクリームを食べた時に、周作は遠目に見たリンに挨拶していましたし・・・

すずは、リンに自分が住んでいるところの絵をプレゼントしようと、風景画を描いていたところ、憲兵に見つかって大変なことに・・・

現代では、佳代(榮倉奈々)が、すずが住んでいたところを改装して古民家カフェにしようと勉強していました。

佳代は介護士をやっているようなので、老人ホームのようなところですずと出会ったのかなと思いました。




人気ブログランキング

ドラマランキング





スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この世界の片隅に (第3話・2018/7/29) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『この世界の片隅に』(公式) 第3話『初めての逢引、交錯する4つの運命』の感想。 なお、原作の こうの史代『この世界の片隅に』(双葉社)は未読、劇場アニメーション映画(2016)は Blu-ray鑑賞済み(感想あり)、日テレの終戦記念スペシャルドラマ(2011)は未見。 1944(昭和19)年6月、広島・呉に初めて空襲警...

この世界の片隅に 「初めての逢引、交錯する4つの運命」

なにやら、かぎりなく賛否両論みたいですが、映画未見の私には、顔も知らずに嫁いできて、御一緒してる内、その夫に恋する、健気に頑張る意味では、新鮮です。でも、すず(松本穂香)、周作(松坂桃李)が結婚前に、ちょっと遊郭で働くリン(二階堂ふみ)と何かあったみたいですね。二階堂ふみ、というキャスティングも心憎いです。はからずして、初めてのデートだなんて… 可愛い♪個人的には、この丁寧さ、初々しさが好き...

日曜劇場『この世界の片隅に』第三話

『忍び寄る戦争ー夫の過去と切ない三角関係』「初めての逢引、交錯する4つの運命」 内容北條家に嫁いで3ヶ月。すず(松本穂香)は、空襲に怯えながらも、様々な工夫をして家事をしていた。そして初めは、そうでも無かった周作(松坂桃李)に、恋していることに気付く。苦しいながらも、幸せを感じていた。幸せそうなすずの姿に、径子(尾野真千子)は、イライラしていたが、サン(伊藤蘭)は、微笑ましく思って...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天