FC2ブログ
2018-07-28(Sat)

dele/ディーリー 第1話

真柴祐太郎(菅田将暉)は、何でも屋としての仕事せいで被告人として法廷に立っていました。

祐太郎は不思議な魅力を持っている青年で、法廷で彼を見た弁護士・坂上舞(麻生久美子)は、すぐさま保釈手続きを取り、ある仕事を紹介します。

それは、舞の弟・坂上圭司(山田孝之)が「dele.LIFE」という会社を立ち上げ、単独従事している秘密裏の仕事でした。

クライアントの依頼を受け、その人の死後、不都合なデジタル遺品をすべて内密に抹消する仕事でした。

今まで、舞は圭司の仕事の手伝いをさせるために、何人か連れて来たようですが、みんなダメだったようで・・・

祐太郎にも興味なさ気な圭司でしたが、依頼人の死亡確認をさせた時の対応が良かったので、そのまま採用となりました。

やがて、圭司のPC端末「モグラ」が、ゴシップ記者をしている依頼人・安岡春雄(本多章一)のデバイスがまったく操作されなくなったことを知らせて来ます。

死亡確認に向かった祐太郎が見たものは・・・

圭司は速やかにデジタル遺品を抹消しようとしますが、祐太郎は安岡の息子・俊(川口和空)との会話で、彼が父親と交わした約束のことを知って、他殺の可能性を主張します。

証拠を見つけるためにも、デジタル遺品の中身を確認しようと言い出して・・・

まもなく、スケジュールアプリから、安岡が城南署の会計課に勤める片岡薫(江口のりこ)と頻繁に会っていたことがわかります。

祐太郎は事情を聞くため、薫の自宅を訪ねますが、部屋から出て来たのは、牧野(般若)という謎の男でした。

安岡のデジタル遺品を調べていた圭司は、とんでもない事実を隠したフォルダを発見するのでした。

圭司は足が悪いようで、車椅子生活をしていますが、自分を守る護身術には長けていますね。

彼らの活躍で、安岡と薫が表に出そうとしていた一件を明るみに出すことが出来ました。

この秘密裏な仕事、なかなかドキドキと楽しく観れました。

舞は祐太郎の周りの人を温かい気持ちにさせる力を買っていますが、圭司は祐太郎の意外な一面を調べたようです。




人気ブログランキング

ドラマランキング






スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

dele/ディーリー (第1話・2018/7/27) 感想

テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『dele/ディーリー』(公式) 第1話の感想。 なお、原案の本多孝好「dele ディーリー」は未読。 6歳児を連れ去った罪で裁判を受ける‘なんでも屋’の祐太郎(菅田将暉)は、保釈金を払ってくれた弁護士・舞(麻生久美子)から、働いて返済するよう促される。舞が案内したのは、車椅子生活を送る弟・圭司(山田孝之)のオフィス。仕事内...

dele/ディーリー (第1話)

これは、面白いドラマが始まりましたね。原作、『dele』(ディーリー)は、本多孝好による小説山田孝之と、菅田将暉ってだけでも期待なのに、圭司(山田孝之)は車椅子で生活するハッカー‘なんでも屋’の祐太郎(菅田将暉)は、ひょんなことから逮捕され、保釈金を払ってくれた弁護士・舞(麻生久美子)から連れて行かれた先は…思えば、福山雅治を、車椅子の人にした古畑任三郎もすごかったけれど、これも、すごい効果...

金曜ナイトドラマ『dele/ディーリー』第1話

内容被告人として出廷した真柴裕太郎(菅田将暉)検察官からの聴取に、裕太郎は思いをぶちまける。こどもを誘拐しなければ、助けることが出来なかったと。それを聞き、一瞬笑顔になる裁判官。。。傍聴席からは、拍手が起きる。その裕太郎の姿に、弁護士の坂上舞(麻生久美子)は、興味を持ち、保釈する。そして。。。いつまでも。。。と裕太郎を諭した上で、あるビルへと連れて行く。仕事を紹介すると。そこにいたのは、車い...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天