FC2ブログ
2018-07-26(Thu)

高嶺の花 第3話

直人(峯田和伸)は、いまだに失恋の傷が癒えないもも(石原さとみ)を慰めるため、元恋人との思い出話を聞いてあげると申し出ます。

直人の経験によれば、これで父を亡くした母・節子(十朱幸代)が立ち直ることができたから・・・

しかし、直人の思いをよそに、ももは怒って帰ってしまいます。

ももが何故怒ったのかわからない直人に、秋保(高橋ひかる)は「それは直人に気があるからだ」とアドバイスします。

そんな中、ももは雑誌の取材を受けますが、それは密かに宇都宮(千葉雄大)がセッティングしたものでした。

ももは宇都宮と初めて顔を合わせ、なな(芳根京子)の反対を顧みず、彼との連絡先を交換するのでした。

ななは宇都宮のことが好きなようですが、彼が興味を持っているのは、ももの方です。

このことで、ルリ子(戸田菜穂)が宇都宮と関係を持ちながら画策している通りになって行くのかな・・・

その夜、ももの元に吉池(三浦貴大)が訪ねて来て、ももは吉池から、彼の妻・真由美(西原亜希)が隠し持っていた月島の免状を渡されます。

真由美が月島の関係者だったと知ったももは、吉池との結婚を壊したのが、月島流の家元である父・市松(小日向文世)だと気付いたようです。

ももは、吉池との結婚前から、もう一人の自分を見ることができなくなっていました。

だから、彼と結婚して月島から離れようとしていたのを、市松は良しとしなかったようです・・・

運転手・高井(升毅)もこの件に絡んでいたようで・・・

ボロボロになったももは、直人から植物園のチケットをもらっていたことを思い出して・・・

やはり、ももが最後に頼るのは直人なのかな。

そんな直人の大好きだった父を亡くした過去を聞いたももは、彼にキスを送るのでした。




人気ブログランキング

ドラマランキング





スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高嶺の花 (第3話・2018/7/25) 感想

日本テレビ系・新水曜ドラマ『高嶺の花』(公式) 第3話・ラテ欄『今夜、美女が哀しい野獣に優しいキス…怒涛の展開 結婚破談は誰かの策略 姉妹を引き裂く男も』の感想。 母・節子(十朱幸代)が生前、亡父とのなれ初めを自分に話すことで元気になったという直人(峯田和伸)は、もも(石原さとみ)にも元彼の話をするよう勧める。ところが、ももは怒って帰ってしまう。そんな...

高嶺の花 「今夜、美女が哀しい野獣に優しいキス…怒涛の展開結婚破談は誰かの策略姉妹を引き裂く男も」

今回の冒頭、直人(峯田和伸)は思いっきり水難でしたね。熊のぬいぐるみ関係から、コントのように水にドボンするし、もも(石原さとみ)にハートブレイクの対処法をレクチャーしてて、水をぶっかけられるし…また、このドラマの千葉雄大は黒いイケメン。ずっと童顔で役割が決まってたので、新境地、開拓なのかな?それにしても、家元たるには… で、コビさん、小難しいこと言ってましたね。賛否両論みたいだし、酔っぱらい...

水曜ドラマ『高嶺の花』第3話

内容亡き母との思い出を、もも(石原さとみ)に話する直人(峯田和伸)直人は、ももを慰めるため、元カレの話を聞くことを提案するが、逆に怒られてしまう。全く理解出来ない直人。ももの気持ちが理解出来ない直人は、秋保(高橋ひかる)に相談したところ、直人の行動がダメだと言われてしまう。そんななか、龍一(千葉雄大)が手配した雑誌取材を受けるもも。ふたりは、なな(芳根京子)が止めるのも聞かず、連絡先を交換し...

高嶺の花  第3話

第3話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

高嶺の花 第3話

高嶺の花の第3話を見ました。 直人は未だ失恋の傷が癒えないももを慰めるため、元彼との思い出話を聞いてあげると申し出るが、直人の思いをよそにももは怒って帰ってしまう。 ももがなぜ怒ったかわからない直人に秋保は直人に気があるからだとアドバイスする。 そんな中、雑誌の取材を受けるももは龍一と初めて顔を合わせ、ななの反対を顧みず、龍一と連絡先を交換する。 その夜、ももは吉池から妻・真由美...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天