FC2ブログ
2018-05-31(Thu)

正義のセ 第8話

凛々子(吉高由里子)は、温子(広瀬アリス)から勧められた占いのラッキーカラー・ピンクのスカーフを巻いて仕事へ行きます。

同僚から好評でしたが、大塚(三浦翔平)から、「新しい彼氏ができたのか」とこわばった顔で聞かれるあたり・・・

凛々子のところに、ひき逃げ事件の案件が回って来ます。

容疑者・斎藤茂典(正名僕蔵)は深く反省した様子を見せながらも、「人をはねた記憶はない」と主張します。

被害者に怪我をさせたことに気付いていたか否かで、起訴内容が大きく違って来るため、凛々子は相原(安田顕)と捜査を始めます。

事故の時、車に同乗していたのは、斎藤がマネージャーを務める俳優・光岡駿太(桐山漣)でした。

凛々子と相原は、参考人として光岡に話を聞きに行きます。

「斎藤さんの罪を少しでも軽くして下さい」と懇願する光岡の誠実な態度に、ただでさえ人気俳優に会えたことで舞い上がった凛々子は好感を持ってしまうのでした。

一方、被害者・茜(浦まゆ)の話から、事故の時、車が一度止まっていたことが判明します。

事故に気付かず、そのまま走り去ったと言う斎藤の供述と明らかに矛盾する証言に、凛々子は驚いていました。

ひき逃げ事件の顛末は、やはりな感じで収束しました。

凛々子の父・浩市(生瀬勝久)の行動がヒントになったのかも。

斎藤と光岡の絆に涙する相原の姿がありました・・・





人気ブログランキング

ドラマランキング






スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

正義のセ (第8話・2018/5/30) 感想

日本テレビ系・水曜ドラマ『正義のセ』(公式) 第8話『深まる謎! ひき逃げ事件に隠された真実!!』の感想。 なお、原作の阿川佐和子「正義のセ」(角川文庫)は既読。 ※[読書] 正義のセ [第1~4巻] (阿川 佐和子/著・角川書店) 感想 凜々子(吉高由里子)は芸能事務所マネジャーの斎藤(正名僕蔵)が車でOLの茜(浦まゆ)をひいてけがをさせ、逃げた事件...

水曜ドラマ『正義のセ』第8話

内容ひき逃げ事件を担当することになった凜々子(吉高由里子)被害者は、横山茜。自転車に乗っていて、車がぶつかり、走り去っていたと。被疑者は、斎藤茂典(正名僕蔵)だが、斎藤の供述では、人をはねた記憶がないという。凜々子が、斎藤から事情を聞くと、同乗者を自宅に送る途中で、ガードレールに接触した印象はあるが、はねた記憶はないと言うことだった。同乗者が人気俳優・光岡駿太(桐山漣)と聞き、凜々子のテンシ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ ウェブ拍手
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
近江通信
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天