FC2ブログ
2018-05-17(Thu)

正義のセ 第6話

凛々子(吉高由里子)は同期の結婚披露パーティーで、弁護士になった親友・田代美咲(倉科カナ)と久しぶりに再会します。

2人は大学時代から互いに助け合い。一緒に勉強を頑張って来た似た者同士でしたが、それぞれが信じる正義のために検事と弁護士と言う違う道を選んだのでした。

そんな中、凛々子はオレオレ詐欺事件を担当することになります。

容疑者の大学生・浅田謙人(岡山天音)は、凛々子の取り調べに対して「軽いアルバイト感覚でやっただけで、詐欺に加担しているとは知らなかった」と主張し、反省した態度を見せます。

そして、浅田の弁護士として地検の支部を訪れたのは、何と美咲でした。

美咲は浅田の釈放を要求しますが、凛々子は浅田を釈放できるだけの材料がなく、拒否します。

浅田の言い分を信じ、徹底的に守ろうとする美咲と、凛々子は真っ向から対立してしまうのでした。

凛々子は酔った勢いで大塚(三浦翔平)にキスをしてしまったことを思い出して、謝罪しようとしますが、なかなかチャンスがなくて、ひとまずは仕事を優先することにしました。

凛々子と美咲は揉めますが、でもご陽気な凛々子の同期・神蔵守(笠原秀幸)のおかげで何とかなりそうかな?

凛々子は浅田のことを知るために、彼の自宅や通っている大学へ向かいます。

相原(安田顕)の鉄道の知識のおかげで、彼が普通の大学生ではないことが判明して・・・

美咲も浅田の友人・小林を訪ねて・・・

おかげさまで、梅宮支部長(寺脇康文)が言う通り、真実は一つしかないことが判明します。

凛々子は、最後の最後で大塚に謝罪しますが、彼にとっては職場で大声では言われたくないことですよねw




人気ブログランキング

ドラマランキング






スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

正義のセ (第6話・2018/5/16) 感想

日本テレビ系・水曜ドラマ『正義のセ』(公式) 第6話『VSオレオレ詐欺!!親友弁護士登場』の感想。 なお、原作の阿川佐和子「正義のセ」(角川文庫)は既読。 ※[読書] 正義のセ [第1~4巻] (阿川 佐和子/著・角川書店) 感想 凜々子(吉高由里子)は、同期の結婚披露パーティーに出席。全国各地に赴任している仲間たちが一堂に集まり、パーティーは大いに盛...

水曜ドラマ『正義のセ』第6話

内容笹原朋美(滝裕可里)、順子(平田薫)と同期の結婚式に出席した凜々子(吉高由里子)そこで、検事をする“カンゾー”神蔵守(笠原秀幸)と再会する。司法修習生時代から、凜々子一途の男だった。ふたりから、いっそ手をうてばと言われる凜々子。そこに、弁護士となった田代美咲(倉科カナ)がやってくる。大学時代からの親友との再会に、凜々子は大喜び。そんななかオレオレ詐欺事件を担当する事に。逮捕された被疑者は...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天