2018-05-14(Mon)

ブラックペアン 第4話

スナイプを使った同時手術が成功したこともあり、佐伯(内野聖陽)のいる大学病院で、最新のスナイプを大量に導入する方針が固まります。

外科学会の理事長選を左右するスナイプに関する論文を進める高階(小泉孝太郎)は、最後に記す最高責任者の名前を佐伯と西崎(市川猿之助)のどちらにするかで悩んでいました。

そんな中、高階は西崎のいる大学病院でかつて担当していた僧帽弁閉鎖不全症の子供を、佐伯のいる大学病院へ転院させます。

子供には血液が固まりにくい症状があり、出血を伴う手術は不可能でした。

高階は、佐伯にスナイプ手術の実施を頼み込みますが、佐伯から手術の執刀医を命じられた渡海(二宮和也)が指名を断って来ます。

ここで、佐伯とひと悶着あり、渡海は手術に一切関われなくなり、勝手に居座っている仮眠室からも出て行かなくてはいけなくなります。

そばにいた世良(竹内涼真)も止めることができませんでした。

結局、渡海の荷物の荷造りは世良が行っていましたw

一緒に仮眠室を使っていた麻里(趣里)も荷物を世良に渡していましたしw

一方、渡海が持っていたレントゲン写真を見てしまった美和(葵わかな)は何かに気付いた??

美和を呼びに来た看護師長・藤原真琴(神野三鈴)も何かを知っている??

高階が連れて来た子供は、渡海の提案により、カテーテルとスナイプを組み合わせた手術を行います。

手術は成功し、高階はいくらでもお金を支払うと言いますが、渡海は後でお金じゃない何かをもらおうとしているようです。

そして、高階に佐伯のことは信用するなと言っていました。

自分が困れば、長年の盟友も裏切ると言っていましたね・・・

その言葉を聞いた高階は、論文の最後に記す最高責任者の名前を西崎にした模様です。

これで、佐伯と西崎がほしがっているインパクトファクターは・・・




人気ブログランキング

ドラマランキング






スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラックペアン (第4話・2018/5/13) 感想

TBSテレビ系・日曜劇場『ブラックペアン』(公式) 第4話『小さな命を救って!スナイプ完結最終章』の感想。 なお、原作の海堂尊「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)は既読。 ※[読書] ブラックペアン1988 新装版 (海堂 尊/著・講談社) 感想 スナイプを使用した手術の成功で、東城大付属病院はスナイプ推進に大きくかじを切ることになる。佐伯...

日曜劇場『ブラックペアン』第4話

「小さな命を救って!スナイプ完結最終章」 『手術禁止の渡海!?成功率5%小さな命救うには』内容渡海(二宮和也)の機転により、同時に2件のスナイプ手術が成功した。東城大では、佐伯(内野聖陽)教授の承認のもと大量のスナイプの導入が決まる。スナイプ推進が決まったことで、高階(小泉孝太郎)は症例を重ね。論文の完成に近づいていた。そんななか高階は、帝華大に担当していた島野小春を東城大に転院さ...

ブラックペアン #04

『小さな命を救って!スナイプ完結最終章』

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天