2017-08-07(Mon)

警視庁いきもの係 第5話

須藤(渡部篤郎)は、過去の記憶がないことを圭子(橋本環奈)に指摘され、もう刑事を続けるのは無理だと、辞表を書いていました。

すぐに、弘子(浅野温子)と元刑事・二出川(でんでん)に破られてしまいましたが・・・

須藤のことは警察中の人間の知るところとなりますが、弘子曰く、ちゃんと事件も解決しているので問題ないとの見解です。

そんな折、石松(三浦翔平)から、圭子が殺人事件の第一発見者になっていると連絡が入ります。

現場に駆け付けた須藤に圭子は、「知人の五反田(鈴之助)からリスザルのことで相談を受け、様子を見に彼のマンションへ行ったら、五反田の恋人・名子(渡辺瞳子)が死亡しているのを発見したと証言します。

死因は、鉄アレイで後頭部を殴打されたことで、捜査の結果、鉄アレイから五反田の指紋が出たこと、五反田と名子は別れ話で揉めていたことから五反田が容疑者となります。

翌日、日塔(長谷川朝晴)から、五反田の部屋でリズザルが暴れていると報告が入り、須藤と圭子は現場へ向かいます。

行ってみると、日塔を先頭に、桜井(清原翔)、四十万(横山だいすけ)たち、みんながやられていてボロボロでしたw

圭子はリスザルを捕まえて、落ち着かせます。

さらに、圭子はリスザルにご飯は何が良いかと聞くと、鳴いて答えていました。

圭子は、大切に飼われている状態の部屋で、ケージの扉のストッパーだけが緩んでいたことを不思議に思うのでした。

今回は人間の身勝手さが招いた事件でした。

犯人と格闘する須藤がちょっと格好良かったです。

最後に、石松から「たい焼き」の話を聞いた須藤は・・・





人気ブログランキング

ドラマランキング






スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

警視庁いきもの係 (第5話・2017/8/6) 感想

共同テレビ制作/フジテレビ系・『警視庁いきもの係』(公式) 第5話『サルを愛した容疑者…起こるはずのない殺人の真相』の感想。 なお、原作:大倉崇裕「小鳥を愛した容疑者」、「蜂に魅かれた容疑者 警視庁いきもの係」、「ペンギンを愛した容疑者 警視庁いきもの係」、「クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係」(講談社)は未読。 圭子(橋本環奈)がペットショップの...

警視庁いきもの係 第5話

『サルを愛した容疑者』『サルを愛した容疑者…起こるはずのない殺人の真相』内容圭子(橋本環奈)に記憶喪失と指摘され、ショックを受ける須藤(渡部篤郎)自分では隠していたつもりだったが、このままでは警察の人間に知られることなり、刑事はできないと。須藤は警察を辞めることを決意する。しかし弘子(浅野温子)二出川(でんでん)弥生(石川恋)は、一切気にせず。 そんなとき、石松(三浦翔平)か...

警視庁いきもの係 第5話

第5話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天