2017-02-19(Sun)

猫忍 七の巻

猫捨て山でひと悶着あった燕(藤本泉)の行方がわからなくなっているようです。

父上(金時)が猫鍋になっていたところに、先輩忍者・左之助(青木玄徳)が現れて、陽炎太(大野拓朗)はドギマギしていました。

陽炎太は父上の様子がおかしいことに気付いて、隣に住む幸(大沢ひかる)に見てもらい、猫医者に行くことになります。

猫医者・猫来来は面倒臭そうなタイプで、陽炎太はあまり関わりたくない気持ちでいっぱいですが、父上のことは心配なので診てもらうことに。

しかも、猫の薬は一両もするようです。

陽炎太は、ひとまず猫医者に父上を預けて、仕事を探すことにします。

掲示板を見ても、なかなか思ったような仕事がありません。

仕方なく、芝居小屋で大人気の虎眼(草野イニ)を訪ねます。

彼曰く、一両なら一日で稼げると言いますが、まずは自分の付き人から始めようと言い出して・・・

陽炎太は面倒なので、そのまま姿を消すのでした。

町中で出会った蕎麦屋の主人から、ただで天そばを食べさせてもらった陽炎太は、主人が金貸しの鳴海屋から覚えのない保証人としての支払いを迫られているのを見て・・・

出て行こうとした陽炎太を止めたのは左之助です。

忍者は表に出てはいけないのねw

いつも世話になっている蕎麦屋の主人を助けるために、陽炎太は鳴海屋に忍び込み、証文を盗み出そうとして、失敗しそうになりますが、彼の前に飛び出して来たのは、父親にこんな仕事は辞めてほしいと思っている、娘のお夕(真広佳奈)でした。

おかげさまで蕎麦屋の主人を助けることができましたが、そんな陽炎太に左之助から、半蔵(金山一彦)から呼び出しがあると言われてしまい・・・

行方をくらましていた燕が戻って来て、すべてを話したようです。

猫の父上と一緒に暮らしていることがバレたと思った陽炎太は覚悟を決めて、霧生 江戸屋敷に向かうのでした。

しかし、燕は陽炎太のことを売ったりはしませんでしたね。

任務途中で他の忍者から守ってもらったと報告した燕のおかげで、陽炎太はその時負った自身の怪我の治療費として一両をもらえたのでした。

そのお金を持って、猫医者のところに父上を迎えに行く陽炎太。

父上のぬくもりに、生きていることを実感する陽炎太なのでした。


只今、我が家では猫成分が非常に足りないので、猫の出て来るドラマなどを観て、成分を補給中です。

さみし~~~~い




人気ブログランキングへ

ドラマ ブログランキングへ





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
犬の服のIDOG/猫の服のICAT
我が家でも猫たちのアイテムを購入しています。可愛くてオススメです♪
犬の服のIDOG/猫の服のICAT
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
独自SSLが年間18,000円(税抜)。レンタルサーバー『ヘテムル
楽天