2016-08-17(Wed)

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第6話

中島(林遣都)の逮捕以来、元気がない比奈子(波瑠)を厚田(渡部篤郎)や倉島(要潤)は心配します。

しかし、東海林(横山裕)だけは比奈子の落ち込んでいる表情を見て、うそくさいと思っているようです。


そんな中、公園で他殺体が発見されたと通報が入ります。

見つかった遺体の口には大量の100円硬貨が詰め込まれていて、解剖の結果、特殊な器具を使って胃に到達するほどの量を無理やり流し込まれたことがわかります。

また、遺体の指紋が焼かれて、所持品もなかったことから、厚田は身元の洗い出しと目撃情報の収集を指示します。

厚田と一緒に聞き込みへ向かった比奈子は、ゲームセンター前で転んで怪我をした老人・稲富(浜田晃)と出会い、稲富たち身寄りのない老人4人が共同生活を送るシェアハウスを訪れることになります。

そして、捜査が進展しないまま数日が経ち、再び同じような猟奇殺人が起こります。


一方、比奈子は妙子(原田美枝子)から、中島が精神・神経研究センターへ入ったことを聞かされます。

そこは、罪を犯した天才科学者や猟奇犯罪者の矯正施設でした。

中島は今度も猟奇殺人の捜査に協力することが決まって、比奈子はその窓口を任されることに。

早速、比奈子は中島と連絡を取り合います。


やがて、事件の被害者たちが詐欺師だったとわかり、裏で糸を引いていた暴力団の会長も同じ方法で殺害されます。

会長が出入りしていた孫娘の家へ聞き込みに行った比奈子は、孫娘が持っているぬいぐるみに見覚えがありました。

以前、助けた稲富がクレーンゲームで取っていたものと同じでした。

中島のプロファイリングでも、この事件の犯人は、異常猟奇殺人犯の仮面をかぶった常識人だと出ます。

比奈子は、この事件はシェアハウスの老人たちが関与していると確信します。

老人たちは被害者たちに、家族もお金も仕事も土地も名誉も何もかも奪われて、憎しみしか残っていませんでした。

比奈子が真相に辿り着いても、誰も慌てることなく、次のターゲットの話を笑ってしていました・・・


比奈子は、中島の時と同じように、老人たちのその顔は見たくなかった、と言います。


事件解決後、隠れて様子を見ていた東海林は、比奈子の素の顔が人殺しと同じだと確信したようで、それを比奈子に言っていました。

後日、比奈子は厚田に促されて中島に会いに行きます。

そこで、ナイフはいつから所持しているのかを中島から尋ねられた比奈子は、あのナイフは父親を殺害するためのものだった、と告白するのでした・・・


一方、東海林は、いつも利用している情報屋・藤川(不破万作)から、自分たちの関係をネタに脅されます。

捜査資料と比奈子に関する資料を用意しろと言われて・・・

ところが数日後、その藤川が何者かに殺害されてしまって・・・





人気ブログランキングへ

ドラマ ブログランキングへ




スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子「大金が詰まった遺体…女刑事の過去」

中島(林遣都)が逮捕され、厚田(渡部篤郎)は、比奈子(波瑠)を案じますが、紆余曲折ののち、中島は、国が管理する施設へ。公園で、100円玉を詰められて殺された遺体が発見。あいかわらず、猟奇さ全開。ショッキングで、むごい殺し方です。しかも、最初の遺体は半身が土に埋まってるのですから、なんとも言えないインパクト! それも3回続けて… ですもん。検視した妙子(原田美枝子)の見立てでは、特殊な器具を使...

カネゴン殺し(波瑠)カネゴン殺しだって(横山裕)カネゴン殺しですね(林遣都)ガヴァージュ(強制給餌)だよ(渡部篤郎)

カネゴンは「ウルトラQ」(1966年)に登場する怪獣である。 金の亡者である男子小学生が不思議な繭に引きこまれ変身した怪獣で・・・主食は「お金」である。 人間に対してお金をガヴァージュ(強制給餌)する機械を開発した職人を演じるのは「柔道一直線」(1969年)や「刑事くん」(1971年)でおなじみの桜

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 (第6話・2016/8/16) 感想

フジテレビ・関西テレビ系・『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(公式) 第6話『大金が詰まった遺体…女刑事の過去」』の感想。 なお、原作:内藤了による小説『ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子』シリーズは未読。 公園で、地面の穴に下半身がはまり、口内に大量の100円玉が詰め込まれた他殺体が見つかる。解剖すると、被害者は無理やり100円玉を飲み込ませられており...

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」 第6話 リッチマン殺人事件・・・比奈子の過去

「藤堂さんは、あのナイフをいつ?」中島 「・・・高校生の頃に」比奈子 「それは人を殺す目的で?」 「父をです。あのナイフは父を殺すためのものでした」  「誰でも良かった ...

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第6話

 第6話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第6話~正常と狂気の間、殺人を嬉々として語る老人たち

 自分たちが犯した殺人を嬉々として語る老人たち。 「次は誰だ? 誰を殺す?」 「そうね、誰を殺そうかしら?」 「浦沢の片腕、あれがいい」 「いいわね。次はもっと苦しめて」 「賛成!」  彼らは笑い始める。  正常と狂気。  憎しみを抱いていても人はなかなか他...

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 #06

『大金が詰まった遺体…女刑事の過去』

ON異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第6話

『LEAK』「大金が詰まった遺体…女刑事の過去」内容中島(林遣都)が逮捕された。厚田(渡部篤郎)は、比奈子(波瑠)を心配するが。。。 そんななか、公園で他殺体が見つかる。臨場した厚田班の面々は、巡査の原島(モロ師岡)に案内される。そこにあったのは。。。口に100円硬貨が詰めこまれた遺体だった。遺体の指紋は焼かれ、所持品も無く、身元不明。 比奈子は、厚田とともに、目撃情報を集...

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第6話

第6話 「大金が詰まった遺体…女刑事の過去」

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」第6話 感想

 カフェで比奈子(波瑠)は石上妙子(原田美枝子)と話します。  石上は中島保(林遣都)と連絡を取るようにとスマホを渡します。  事件のプロファイリングがメールで送られてきます。  比奈子はシェアハウスに行き、稲富信吾(浜田晃)たちに問いただします。  第6話は中島先生がこれまでと同じ様に比奈子に協力し、事件解決に力を貸すお話でした。  林遣都が退場しなくて良かった。{%ハート2we...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天