2016-07-09(Sat)

神の舌を持つ男 第1話

朝永蘭丸(向井理)が、ひょんなことから知り合った流浪の古物骨董商・光(木村文乃)、正体不明の寛治(佐藤二朗)と一緒に車で辿り着いたのは、栃木県奥日光にある秘湯で、平家の落人伝説が残る温泉地でした。

3人が宿に到着すると、謎の温泉芸者・ミヤビが男と立ち去って行く姿を目撃します。

慌てて後を追おうとする蘭丸ですが、ガソリン切れの車は立ち往生してしまうのでしたw

落胆する蘭丸をよそに、寛治は宿の女将・美鈴(片平なぎさ)に風呂場の手伝いをするから1泊させてくれと頼み込むのでした。



寛治・・・泊めてほしいけどお金ないって堂々と言うあたり・・・美鈴も初めは無視していたのですが・・・

蘭丸って、舌にのせた成分を詳細に分析出来る能力だけじゃなくて、伝説の三助である亡き祖父・大津のヘースケこと朝永平助(火野正平)の弟子でもあったのですね。

三助とは、公衆浴場で垢すりや髪すき、マッサージなどのサービスを行う男性のことです。

蘭丸の能力を買われて、寛治、光は宿に泊まれることになります。

元々、蘭丸が謎の温泉芸者・ミヤビと出会ったのは、祖父のお葬式でした。

蘭丸は、舌で成分がわかってしまうので、女性とキスするなんて出来ないのに、ミヤビにキスをされて・・・

彼女からは何も分析出来なかった・・・

と、言うことは、彼女とならキスも出来るし、お付き合いも出来ると言うことなので、蘭丸は必死に彼女を追っているのでした。



そんな時、近くの川で死体が発見されたと温泉組合長・石原(大河内浩)が駆けこんで来ます。

ボートで流されていた死体の身元は、お役人のようですね。

ここの温泉地では、元々ここの土地にいたホタルがよその土地からやって来たホタルのおかげで絶滅しそうになっていると、反対運動をしている団体がいて・・・

よその土地からホタルの幼虫を持ちこんでいるのは、ここの町長と組合長たちですね・・・

ホタルが観光の目玉になっているせいなのですが・・・


しかし、光・・・空気が読めなくて、捜査現場にズカズカ入り込んで行くものだから、蘭丸、寛治と共に警察に引っ張って行かれそうになっていました。

寛治・・・的確に光の行動を分析しているあたり、そこはかとなく笑えます。

美鈴のおかげで助かりましたけど・・・

結局、この事件は蘭丸の舌の分析能力のおかげで解決しました。

まさかの偽温泉w


宿の亭主から、ミヤビの行き先を聞いた蘭丸は、寛治と光と一緒に旅して行くのですね。

寛治って、もしかして宮沢賢治と何か関係あるの??





人気ブログランキングへ

ドラマ ブログランキングへ




スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【神の舌を持つ男】第1話「殺しは蛍が見ていた」 感想

客は解らなかったじゃないか! 温泉も、水道水も、客は解らなかった。 お湯の量が多くて贅沢な温泉だって。 客は偽物でも喜ぶんだ! 何が違うんだ。 あんたたちの蛍と何が違うんだ! 神の舌を持つ男 第1話 「殺しは蛍が見ていた」    簡単な感想のみで。 先日、 「【神の舌を持つ男】舞台挨拶つき第1話完成披露試写会行ってきた」 にも...

神の舌を持つ男「螢の秘湯に怪死体!!絶対舌感が完全犯罪のトリックを打ち砕く」

この小ネタにギャグと、遊び心満載度ぶりには、好みが分かれそうですが、 櫻井武晴の正統派ミステリーの脚本に、堤幸彦が、培ったノウハウな映像遊びをのせた化学反応は、まるでティストが、「TRICK」そっくりで、懐かしい気分にさえなりました。 “絶対舌感”を持ち、幻の芸者。ミヤビを探す、朝永 蘭丸(向井 理)と、ひょんなことから知り合った流浪の古物骨董屋・甕棺墓 光(木村文乃)が新境地。...

神の舌を持つ男 (第1話/初回15分拡大・2016/7/8) 感想

TBSテレビ系・金曜ドラマ『神の舌を持つ男』(公式) 第1話/初回15分拡大『螢の秘湯に怪死体!!絶対舌感が完全犯罪のトリックを打ち砕く』の感想。 蘭丸(向井理)は舌に乗せた物の成分を瞬時に解析できる‘絶対舌感’の持ち主。流しの温泉芸者・ミヤビに恋する蘭丸は古物商・光(木村文乃)、知り合った寛治(佐藤二朗)と共に彼女を捜す旅をしていた。栃木の温泉宿に出向い...

神の舌を持つ男 第1話

第1話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

神の舌を持つ男 #01

『螢の秘湯に怪死体!!絶対舌感が完全犯罪のトリックを打ち砕く』

神の舌を持つ男 第一話

「螢の秘湯に怪死体!!絶対舌感が完全犯罪のトリックを打ち砕く」 内容一台のワゴン車が、山道を走っていた。朝永蘭丸(向井理)甕棺墓光(木村文乃)そして宮沢寛治(佐藤二朗)の3人組。舌で瞬間点に物質の分析が出来る“絶対舌感”を持つ蘭丸。祖父の通夜で出会った謎の温泉芸者...

神の舌を持つ男(向井理)古物商許可証を持つ女(木村文乃)手袋咥えて33年(片平なぎさ)

甕棺墓(かめかんぼ)とは・・・甕を棺とした墓である。主に小児の埋葬に使われた。 朝永振一郎はノーベル物理学賞の受賞者である。 宮沢賢治は詩人で童話作家である。 よく似た名前が主要人物のネーミングに用いられているようだ。 このドラマはトリオのコントを基盤として、基本的には甕棺墓がボケ、宮沢がツッコミ、

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ホタル関連場面を監修

この初回の,ホタル生態の場面は,私が監修しました。番組最後の字幕に,「ホタル生態協力 生物科学研究所 井口豊」と出てきます。

外来種ホタル問題を扱っていますが,モデルは辰野町で,Yahoo!知恵ノートの私の記述が参考にされました。

長野県辰野のホタル再考: 観光用の移入蛍で絶滅した地元蛍 松尾峡ほたる祭りの背景にあるもの
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n43312

私の研究室ブログにも書きました。

ドラマ神の舌を持つ男・殺しは蛍が見ていた,辰野町がモデル
http://laboratoryofbiology.blogspot.jp/2016/07/tbs-kaminoshita.html

ドラマ自体はフィクションですが,外来種ホタル問題は,番組製作者と私の間で,何度もやり取りがあり,ほぼ事実に沿っています。ブログにも書きましたが,ドラマ中盤で,バックに出てくる研究資料(ポスター類)も,非常に良く勉強されて掲示されました。

Re: ホタル関連場面を監修

初めまして。

ドラマの事件解決のキーでもあったホタルについて、本格的な方の監修があったことに驚きました。
私も内容だけじゃなく、もっと色んな部分にも目を走らせないとダメだと反省することしきりです。
今回は、色んな情報ありがとうございます。

外来種の動物は、色んなところで話題になっていますが、ホタルの話はこのドラマで初めて知りました。
知ると言うことは、とても大切なことだと思うので、今回はありがとうございました。
プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
独自SSLが年間18,000円(税抜)。レンタルサーバー『ヘテムル
楽天