2016-05-06(Fri)

グッドパートナー 無敵の弁護士 第3話

猫田(杉本哲太)は、ベンチャー企業の上場案件を手掛けていました。

ところが、同社が上場に向けて業務委託契約を結んだ会社の経営母体に、暴力団が関与している可能性が浮上します。

咲坂(竹野内豊)を伴い、ベンチャー企業の最高経営責任者(CEO)・日向(高橋光臣)から、その会社との繋がりを持った経緯を聞いた猫田は、上場は困難だと判断して手を引こうとします。

しかし、神宮寺(國村隼)から、この案件を成立させるように命じられてしまいます。

一度暴力団と繋がりを持った会社は簡単に関係を断ち切れないので、咲坂たちは策を練り始めます。


神宮寺から、この問題の突破口として、暴力団と関係を断ち切るためには、こちらだけ無傷ではいられないと言うことでした。

咲坂は、元々この案件には無関係でしたが、猫田から家裁の判事を紹介してもらえるとのことで協力を了承したのでした。

娘の親権のことを彼女が小学校卒業と共に、佳恵(松雪泰子)とまた話し合わないといけないので、負けられない咲坂にとっては切実だったのでしたw

しかし、事務所に娘の写真を送り付けられた咲坂は・・・

佳恵も心配して、娘のところに行っていましたが・・・

咲坂は、日向に暴力団との関係を断ち切るために、彼らが絡んでいる業務のネット通販などの部門を辞めるように提案します。

結構な主力部門を辞めることは痛手なので日向は激怒しますが、咲坂は上場がゴールではなく、これからどんどんアイデアを実現させて行くのだろうと、弁護士ではなく、人として話しをするのでした。

いつもは生意気な熱海(賀来賢人)も、今回は咲坂のことをカッコイイと思ったようで、佳恵にもその話しをするのでした。

佳恵・・・12年も一緒にいたのに、咲坂のそんな部分は知らないのかな?





人気ブログランキングへ

ドラマ ブログランキングへ




スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グッドパートナー 無敵の弁護士 #03

『大勝負 生き残りをかけた戦』

弁護士である前に一人の人間でありたい(竹野内豊)なんちゃって小学生ですがなにか(松風理咲)男を見下す女(松雪泰子)

夫婦であることをやめた男と女がパパとママであり続ける。 それはもはや異常なことではなくなったらしい。 少なくとも・・・子供の視点で考えれば・・・それは一種の責任放棄なのである。 しかし・・・やがて子供も成人し・・・大人になればもう責任を問うことは難しくなる。 子供たちの心に残った傷がどれほど深くても

グッドパートナー無敵の弁護士 第3話

「大勝負生き残りをかけた戦」 内容猫田(杉本哲太)が行っていた、ベンチャー企業“ヒューガクラウド”の上場案件にトラブルが発生する。業務委託契約を結んだ“サンデーメディアサービス”経営母体が暴力団の山堂組だったという。日向の妻・美紀(...

グッドパートナー 無敵の弁護士 第3話

第3話「大勝負生き残りをかけた戦」 2016年5月5日放送  猫田純一(杉本哲太)が手がけていたベンチャー企業『ヒューガクラウド』の上場案件にトラブルが発生する! 業務委託契約を結んでいた会社の経営母体に暴力団が関与している可能性が浮上する。  咲坂健人(竹野…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
独自SSLが年間18,000円(税抜)。レンタルサーバー『ヘテムル
楽天