2015-07-21(Tue)

赤髪の白雪姫 第3話

白雪(CV:早見沙織)は、宮廷薬剤師になるために勉強に励んでいました。

そんな白雪のところに、ミツヒデ(CV:梅原裕一郎)から連絡が入り、ゼン王子(CV:逢坂良太)がいるお城に呼ばれます。

門番さんたちも、白雪をゼン王子の友人として認識しているので、フリーパスで入れます。

それを快く思わない人物もいるのですね。

ハルカ侯爵は、執務室に缶詰になって仕事をしているゼン王子に意見をしにやって来るのでした。

どうやら、白雪のことを地位や権力などが目当てのとんでもない女だと思っているようです。

白雪は、仕事疲れで眠っているゼン王子の傍で、勉強をしていましたが、ミツヒデが迎えに来てくれたので帰宅します。

そんな彼女を付け狙っているのが、ハルカ侯爵の子飼い(?)オビ(CV:岡本信彦)です。

彼は、忍者??

白雪は、薬草の図鑑をお城に忘れて来たので、取りにやって来ますが、そこで彼女に警告の矢が放たれます。

ゼン王子はこのことに気付いて、すごくショックを受けます。

自分は敵を作りやすいと言っていましたが・・・

白雪はこの時、初めて下を向くゼン王子を見たので、ハルカ侯爵と対峙することに。

剣を抜いて威嚇しますが、そんなものには彼女は屈せず、自分の足で前に進むのでした。

白雪は宮廷薬剤師になって、ゼン王子の味方になるために、ここにやって来ると約束するのでした。



人気ブログランキングへ

アニメ ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤髪の白雪姫 TokyoMX(7/20)#03

第3話 約束、輝くその時に 王宮に出入りする人間は首から身分証を下げている。ミツヒデと木々に呼び出された白雪。外出して戻りが遅れたゼン、大臣たちに怒られて反省した 態度を見せると執務室に篭っている。しかしあまりに頑張りすぎていて、そろそろ爆発しそう。息抜きと気分転換に白雪を呼んだのだった。 王宮許可証を持たない白雪の入城を快く思わないハルカ侯爵。身分の卑しい者は身勝手な要求をすかもしれないと...

赤髪の白雪姫 第3話「約束、輝くその時に」感想

白雪の突然の訪問に反応するゼンが可愛い王子様に見えてきた。 甘酸っぱい彼と剣に向かって物怖じせず進む白雪はベストカップルかもしれない。 今回も二人の様子に、もじもじソワソワさせていただきました。 城外ばかりに出掛けていくことを、貴族をはじめ周りにいる人々から控えるように言われたゼン。 彼はそれももっともな事と思い執務に取り組みますが、ついやりすぎてしまい心身共にかなり疲れ...

赤髪の白雪姫 第3話「約束、輝くその時に」

赤髪の白雪姫の第3話を見ました。 第3話 約束、輝くその時に 立場や階級を重んじる考えの持ち主であり、ゼンと白雪の関係を快く思っていないハルカ侯爵はオビに命じて白雪がウィスタル城に入れないように伝令が出たと嘘を吐いたり、矢で狙ったりするのだった。 「私を膳に会わせたくない人がいるなら、その人にぶつかってみないと」 「一人でか?」 「私、一人でいれば近づいてくるかも」...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
独自SSLが年間18,000円(税抜)。レンタルサーバー『ヘテムル
楽天