2015-07-13(Mon)

天皇の料理番 最終回

時は終戦間近、焼け野原になっても生き残った人たちは逞しく生きていました。

その頃には、篤蔵(佐藤健)の父・周蔵(杉本哲太)も亡くなっていて、お仏壇に父・兄・俊子の3人の遺影が飾られていました。

篤蔵の息子たちも戦争に駆り出されているようです。

ある日、御上のお膳のベーコン巻にタコ糸を残してしまうと言う大失態が発生して・・・

篤蔵は謝罪に出向きますが、御上から出た言葉は・・・



どんどん戦況も悪化して行き、食べ物まで配給制になっていた時、御上も市井のみんなと同じものを食べると言って、毎日めざしを出すことに。

何とか、めざしにもバリエーションをつけようと篤蔵も色々考えるのでした。

ある日、篤蔵のところに陸軍本部から、料理を作ってほしいと依頼がやって来ます。

篤蔵と辰吉(柄本佑)が行くことになりますが、軍の食糧の倉庫には信じられないくらいの贅沢なものがたくさんあって・・・

御上を始め、みんなが大変な状態なのに、これは何だと憤る篤蔵なのでした・・・



時は終戦になり、敗戦国となった日本は連合国軍総司令部・GHQによる統治を受けることになります。

その時、篤蔵は「天皇の料理番」として果たすべき役割を模索します。

宮内省の役人に文句を言われながら、篤蔵は色んなことをやっていました。

師匠である宇佐美(小林薫)に、篤蔵も宮内省の役人なのだから、御上を助けるために何か出来るのではないかと言われたことも大きかったようです。

今まで一緒にやって来た黒川(林泰文)は、末の息子を戦争で失っていてGHQに対して恨みを持っているので、大膳を辞めると言い出しますが・・・

篤蔵は、みんなに「天皇の料理番」になった時の喜びを思い出すように語り始めます。

確かに、篤蔵は田舎では厄介者だったけど、兄、俊子、両親の援助もあって、今の地位に上り詰めることが出来ました。

みんなに応援してもらって夢を叶えた者は、応援してくれた人たちのためにも夢を叶え続ける義務があると言っていました。


その話に感動したみんなは、GHQの人たちの家族で出かけるイベントを成功させようとします。

しかし、どこにでも嫌な奴はいるもので、篤蔵に目を付けたGHQの人間に嫌がらせをされてしまうのでした。

癇癪を納めるための俊子の鈴のおかげで、篤蔵は後悔するような行動はしませんでした。

池に落とされた篤蔵は、カモのまねをしてみんなを笑わせるのでした。

その様子を見ていた辰吉や新太郎(桐谷健太)も一緒に池に入って、カモになってくれましたね。

宇佐美も料理人として手伝いに来てくれていて、GHQの責任者に、彼は天皇とは何かと問われます。

料理人らしく、味噌に例えて話をしていました。

天皇の存在はなくてはならないものなので、統治を考えるなら、そこは踏まえた方が良いとアドバイスを送っていました。



篤蔵の息子たちも戦地から戻って来ました。

そして彼が大膳の厨司長を退いたのは、初めて辞令をもらった時から60年近く経っていたのですね。

なかなか見応えのあるドラマで、良かったと思います。



人気ブログランキングへ

ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天皇の料理番 #12 最終回

『完結~料理番の人生 敗戦の料理番がGHQに起こした愛の結末』

天皇の料理番 第12話(最終話)

第12話(最終話) JUGEMテーマ:エンターテイメント

天皇の料理番 最終回「完結~料理番の人生敗戦の料理番がGHQに起こした愛の結末」

時代は戦後。日本は GHQ による統治を受けることになり、篤蔵 (佐藤健)等も、翻弄されつつ、本当に誠実に、でも、人間臭く、奮闘したので、ヨカッタです。アメリカ人の中には、篤蔵に意地悪して癇癪起こさせかかった者も少なからずいたけれど、俊子 (黒木華) の形見の鈴の音色に救われ、ぐっとこらえてたのが感動的でした。GHQのパーティ会場、「(日本人にとって)天皇とは何か?」という素朴な疑問に対し、...

「天皇の料理番」 第12話(最終話) 完結〜料理番の人生 敗戦の料理番がGHQに起こした愛の結末

「長い間ご苦労だったね」陛下 「いえ。こちらこそお世話になりました」篤蔵 「体を大切にするように。 あなたが私の身をいたわってくれたのと同じように。 料理は真心だね。秋 ...

天皇の料理番最終回&デスノート二話&ど根性ガエル一話感想

■天皇の料理番最終回 俺の中では俊子(黒木華)が死んでしまった前回で最終回なんだけど。今回は、終戦のあたりの時代背景で、天皇の料理番としての志を貫いていました。 まあでも、何がよかったって、バンザイ軒がなんだかんだで残っているみたいで、みんなの集合場所みたいになっていたのが良かった。。登場人物もみんな齢とった感じだけど変わりなくてさ、という雰囲気がね、なんともホッとさせてくれました。

「天皇の料理番」真っ直ぐな料理人は最後まで陛下を信じて料理人としての職務を全うした

「天皇の料理番」最終話は戦中、戦後と篤蔵が天皇の料理番として職務を全うするも敗戦の責任は天皇にあるというGHQの見解を覆そうと奮闘する姿が描かれ、篤蔵は料理番として天皇陛 ...

天皇の料理番 episode12(最終話)

「完結〜料理番の人生敗戦の料理番がGHQに起こした愛の結末」 内容 昭和10年。篤蔵(佐藤健)は、晩餐会のことで“お上”から呼び出された。 覚悟をして向かったのだが。。。。 そんななか満州国皇帝の来日。誠心誠意、料理をつくり上げたのだが、 その料理を随行員...

天皇の料理番 観終わりました

天皇の料理番、昨日の第12話が最終話でしたね。 毎回の感想は書いていませんが、全話観ていました。

【天皇の料理番】第12話 最終回 感想

わしは夢を叶えさせてもらったもんには夢を叶え続ける責任があると思います。 御上の料理番として力のかぎり励み続ける責任があると思うんです。 皆さんは違いますか? 御上のおそばにあがると聞いたとき祝われませんでしたか? 「お前は家の誇りや」と「心して励めよ」って、ほう言われませんでしたか? 嫁は子供はどうでしたか? 「お父さん、頑張って」とは言われませんでしたか? ほん人ら...

「天皇の料理番」最終回 感想

 最終回、仕えた人に真心を捧げる篤蔵の姿が描かれました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
独自SSLが年間18,000円(税抜)。レンタルサーバー『ヘテムル
楽天