FC2ブログ
2015-06-15(Mon)

天皇の料理番 第8話

パリでの修行も3年が経過していました。

篤蔵(佐藤健)は、フランス料理の最高峰オテル・リッツで、神様と呼ばれるエスコフィエの元で修行していました。

篤蔵はすっかりフランス語も話せるようになっていて、フランソワーズ(サフィラ・ヴァン・ドーン)も日本語を覚えていました。

やはり、生活能力のない新太郎(桐谷健太)は、篤蔵とフランソワーズが一緒に住む家に居候しているようです。

明治天皇崩御の知らせが舞い込んだ頃、篤蔵は粟野(郷ひろみ)から大使館に呼び出されます。

何と篤蔵に「天皇の料理番」の要請が来ていることを伝えるのでした。

大日本帝国一のシェフになると言う兄・周太郎(鈴木亮平)との約束を思い、篤蔵は苦悩します。

それを知った新太郎も住むところがなくなるので、篤蔵に「世界一のシェフ」と目指すのだろうと言って、フランスから去らない方向に向けようと必死ですが・・・

篤蔵は、フランソワーズも一緒に日本へ行くと思い込んでいましたが・・・

彼女にもお母さんとの約束があったのですね。

フランスで一流の歌手になりたいようです。

結局は、篤蔵は「天皇の料理番」を引き受けて、一人で日本へ戻ることになります。

兄・周太郎が夢枕に立ったことで、兄の状態が不安になったこともあったようです。

新太郎から、フランソワーズとの思い出のスケッチブックをもらっていましたね。

彼も自分も日本人なので、篤蔵のような一流のシェフは天皇陛下にお返ししないといけないと思ったようです。

篤蔵は実家に戻り、応援してくれている兄・周太郎に「天皇陛下の料理番」になることを伝えていました。

周太郎もかなり痩せていましたが、喜んでくれていましたね。

父・周蔵(杉本哲太)は、その話に放心して、弟たちも喜んでくれていました。

篤蔵は、迷惑をかけた俊子(黒木華)の実家にも伝えた方が良いのか、母・ふき(美保純)に尋ねますが、母から返って来た返事は・・・

俊子が行方不明??

どうして、俊子が吉原の門をくぐっているの??



人気ブログランキングへ

ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天皇の料理番 #08

『パリでの卒業式』

天皇の料理番 (第8話・6/14) 感想

TBS系『天皇の料理番』(公式) 第8話『パリでの卒業式』の感想。 なお、原作小説:杉森久英『天皇の料理番』は未読。過去のドラマ作品も未見。 1912(明治45)年、パリに来て3年がたった篤蔵(佐藤健)は、フランス料理界の最高峰・オテルリッツに転職し、天才料理人のエスコフィエ(レベル・アントン)の元で魚係を務めるまでになっていた。フランソワーズ(サフィラ...

天皇の料理番「パリでの卒業式」

篤蔵 (佐藤健) 快進撃! パリで3年の歳月が経ち、フランス料理の最高峰オテル・リッツで、神様エスコフィエの元で修行していました。それにしても、エスコフィエ、陽気なアーティスト肌でしたね。料理を、音楽というか、流れをオーケストラに例えるなんて…魚を使った新しい料理のアイディアも、あくまで篤蔵の半ば勘だったのですが、大成功でかつ、篤蔵の名前をつけてもらえるなんてヨカッタね。快挙ですね。明治天皇...

「天皇の料理番」 第8話 パリでの卒業式

 明治45年(1912年) 初夏・・・ 『パリに渡ってから3年。 篤蔵さんはメキメキと料理の腕を上げフランス料理界の最高峰 オテル・リッツに転職。 フランス料理界の革命児といわ ...

【天皇の料理番】第8話 感想

おいらが一番帰ってほしくないさ! けど、おいら日本人だから… 最高のコックは天皇陛下にお渡ししなきゃなんないんだよ! いいじゃねえか。そこにいるだろ。 フランソワーズはそこにいるだろ! 天皇の料理番 第8話      簡単感想中心で。 「パリに渡ってから3年。」 「篤蔵さんはメキメキと料理の腕を上げ、フランス料理界の最高峰オテル・リッ...

天皇の料理番 episode8

「パリでの卒業式」 内容 明治45年。篤蔵(佐藤健)がパリにやって来て3年が経過。 フランス料理の最高峰といわれる“ホテルリッツ”で働いていた。 そんなある日、天皇崩御を知る。 しばらくして粟野(郷ひろみ)から呼び出しの手紙が届けられる。 ワケが分からぬまま...

「天皇の料理番」真っ直ぐな料理人8篤蔵はパリでの功績が認められ天皇陛下の料理番に推挙され周太郎にその雄姿を見せる為要請を受諾した

「天皇の料理番」第8話は篤蔵がパリで修業して3年の月日が経過した。その間篤蔵はフランス料理の最高峰と言われるオテル・リッツの店で修業していた。そんな中で篤蔵の元に明治 ...

「天皇の料理番」第8話 感想

 フランスでの第8話は、あっさりとしたテイストでした。  篤蔵は成長し、洗練され大人になったために、周囲との摩擦が減って順調に物事が運んでいくからでしょうね。  若くて未熟なうちはエネルギーだけが有り余って空回り気味。  パリでの主人公は仕事も恋もそつなくこなす粋な人でした。  (二人で暮らすアパートの内装のようにお洒落な生活でした。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天