2015-06-08(Mon)

天皇の料理番 第7話

フランス・パリへ飛び立った篤蔵(佐藤健)は、桐塚(武田鉄矢)の紹介状を手に日本大使の粟野(郷ひろみ)の元を訪ねます。

篤蔵は粟野に、一流ホテルの厨房の働き口を世話してくれるように頼みますが、あったのは小僧としての働き口だけでした。

何も知らない篤蔵は、後は自分で何とかするからと言って、そのまま小僧として働き始めます。

しかし、そこで待っていたのは、「人種」の壁でした。

この時代は、人種差別が今よりもきつかったようですね・・・

あのヒゲ・・・腹立つわ~(怒)

そんな中、篤蔵はレストランを叩き出されていた新太郎(桐山健太)を見つけますw

何と、画家になりたいためにパリにやって来たようです。

お金は、茅野(芦名星)がお金持ちのじいちゃんの2号さんになって作ってくれたようですね。

茅野と新太郎は、別に付き合っているわけでもないのに、不思議な関係です。

お金がない篤蔵と新太郎は、ザリガニの大食い大会に出場しようということに。

新太郎は上手く逃げますが、優勝したのは何と、篤蔵でした。

良い勝負をしていた隣の女の子・フランソワーズ(サフィラ・ヴァン・ドーン)からお金を貸してほしいと言われた篤蔵は・・・

お金がないので渋りますが、彼女からお母さんの形見だと言うペンダントを渡されて、あげるつもりで貸してあげるのでした。

約束の1週間後、フランソワーズは篤蔵のところにお金を返しに来てくれます。

新太郎もそこに居座っていてご飯を要求するものだから、家にあったじゃがいもをふかして、バターと醤油をつけて出してあげるのでした。

フランソワーズは、バターと醤油のマリアージュにすごく感動していました。

篤蔵とフランソワーズは、すごく仲良くなりますが、それを快く思わない人たちもたくさんいて・・・

ある日、篤蔵は下働きから肉係になります。

しかし、ここでは一旦、小僧として入ると、ずっと給料もそのままで待遇はすごく悪いです。

篤蔵は、粟野に窮状を訴えますが・・・

日本人がフランスのシェフのためのユニオン(組合)に入れた例がないので、すごく難しいようです。

篤蔵は、日頃の努力の賜物で、包丁使いはすごく上手いです。

師匠である宇佐美(小林薫)の包丁を使って、良い仕事をしていました。

それを多分、あのヒゲが包丁を叩き割ったようです・・・

怒り心頭の篤蔵は、折れた包丁をヒゲに突きつけて、日本人がどうして包丁使いが上手いのか、うそぶいていました。

粟野には、国際問題になるかもしれないと言われて落ち込む篤蔵ですが、厨房の責任者・ジャン(グレッグ・デール)がやって来て、厨房を辞めないでほしいと言われます。

粟野がそこですかさず、篤蔵をユニオンに入れるように交渉してくれるのでした。

さすが外交官ですね。

ユニオンに加入出来た日本人の第一号は、篤蔵なんですね。

フランソワーズは、篤蔵を庇ったばかりにお店を辞める羽目になってしまった?

そんな彼女のところにやって来た篤蔵は、フランソワーズにユニオンに入れた証明書を見せるのでした。

ここは、良い感じになって来ましたね。

一方、俊子(黒木華)は、再婚して子供も出来たのかな。



人気ブログランキングへ

ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【天皇の料理番】第7話 感想

幸せやったり運のいい人間は… その分よけいに励まんといかんって、母が言ってました。 おいら画家になるぜ! いっぱしの画家になって、あいつの家に一枚300円の絵、 壁いっぱいに飾ってやるからな! 天皇の料理番 第7話      簡単感想中心で。 「時は1909年。明治42年。 日露戦争に勝利し、日本はその名を一躍西洋に知らしめま...

天皇の料理番 (第7話・6/7) 感想

TBS系『天皇の料理番』(公式) 第7話『パリと差別と結婚』の感想。 なお、原作小説:杉森久英『天皇の料理番』は未読。過去のドラマ作品も未見。 1909(明治42)年、憧れのパリにたどり着いた篤蔵(佐藤健)は、大使の粟野(郷ひろみ)に頼み込み、一流レストラン「オテルマジェスティック」の調理場に小僧として潜り込む。篤蔵はやる気満々で調理場に乗り込むが、日本...

天皇の料理番「パリと差別と結婚」

ついに、憧れの花のパリ。でも、現実は厳しく、言葉の壁と人種差別と… でも、どこまでも、人に恵まれてる篤蔵 (佐藤健)は、桐塚 (武田鉄矢) の紹介状を手に、大使館の 粟野 (郷ひろみ)を訪れ、オテル・マジェスティックという一流ホテルの厨房を紹介してもらいます。運良く、修行仲間で、画家志望の新太郎(桐谷健太)と再会。偶然、歌手志望という、フランソワーズ(サフィラ・ヴァン・ドーン)との友情も芽生...

天皇の料理番 第7話

第7話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

天皇の料理番 #07

『パリと差別と結婚』

「天皇の料理番」 第7話 パリと差別と結婚

「パトロンは日本人ではあかんですか? ・・・あの・・・あかんですか?」篤蔵 「はい〜〜!」フランソワーズ  ええぇ〜〜?!サブタイトルも「パリと差別と結婚」だし・・・ ...

天皇の料理番 episode7

「パリと差別と結婚」 内容 明治42年、 兄・周太郎(鈴木亮平)の支援で、ついにパリへやってきた篤蔵(佐藤健)は、 桐塚(武田鉄矢)の紹介で、日本大使の粟野慎一郎(郷ひろみ)を訪ねる。 そしてホテルマジェスティックを紹介してもらうのだった。 小僧として仕...

「天皇の料理番」真っ直ぐな料理人7篤蔵はパリで日本で磨いた実力を認められ人種差別を超えてコックへの道を切り開いた

「天皇の料理番」第7話はパリに渡った篤蔵だったが、当時の時代背景は東洋の人たちは欧州で認められていなかった時代でもあった。そんな中でパリに渡った篤蔵は見習いで最初は入 ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
犬の服のIDOG/猫の服のICAT
我が家でも猫たちのアイテムを購入しています。可愛くてオススメです♪
犬の服のIDOG/猫の服のICAT
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
独自SSLが年間18,000円(税抜)。レンタルサーバー『ヘテムル
楽天