2015-05-30(Sat)

アルジャーノンに花束を 第8話

研究センターを解雇された遥香(栗山千明)を追うように、咲人(山下智久)も蜂須賀(石丸幹二)の元を去ります。

身を寄せる場所がない咲人は遥香のマンションを訪れて、2人は想いを伝え合うのでした。

遥香と一緒に、またお母さん(草刈民代)のところに行く咲人ですが、お母さんの態度は頑なですね・・・

その頃、蜂須賀の開発した薬では梨央(谷村美月)の病気を治せないことを知った河口(中原丈雄)のところに、杉野(河相我聞)がやって来ます。

杉野は、梨央を救える可能性について説明をして、薬の最終生成方法をたった2週間で突き止めた咲人に、梨央の治療法を見つけてもらおうと言うのでした。

一方、学会での咲人の演説を見ていた舞(大政絢)は、咲人が梨央を救ってくれると喜んでいましたが、柳川(窪田正孝)や檜山(工藤阿須加)は咲人の変貌ぶりに落胆の色を隠すことが出来ませんでした。

檜山は、梨央がもう3時間くらいしか起きれない状態の中、仕事の合間を縫ってお見舞いに訪れていました。

檜山と梨央は、どうなるのかな?

そんな時、研究センターでは、小久保(菊池風麿)がアルジャーノンの異変に気が付いて・・・

咲人にも亡きお父さん(いしだ壱成)の幻覚が見え始めていました。

多分アルジャーノンにも幻覚が見えて、怯えてパニックになって頭部をぶつけて大怪我を負ってしまったようですね。

アルジャーノンは、もうダメなの??

遥香と咲人は、研究センターに呼ばれて・・・

遥香と咲人は、お互いに時計をプレゼントし合っていました。

しかし、咲人には退行というプレッシャーが・・・このままでは咲人は元に戻ってしまうのかな?

時間との戦いのため、みんな必死になります。

同じ研究室に天才が2人・・・蜂須賀と咲人・・・

同じ頃、舞から咲人が梨央の治療法を見つけてくれるかもしれないと知った柳川と檜山は一緒に研究センターを訪ねますが、遥香に冷たく追い返されてしまって・・・

遥香にしてみれば、今の咲人の状態から、別件に関わっている時間がないと思ったのでしょうけど・・・



人気ブログランキングへ

ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アルジャーノンに花束を」 第8話 最終章!儚い夢の終焉と最後の希望!

 さて・・・咲人(山下智久)と遥香(栗山千明)の生活が始まりました。 も〜見つめ合うだけで頬を染めるお二人さん・・・ 幸せそう・・・(///∇//) キャッ! おばちゃん照れるわぁ ...

アルジャーノンに花束を「最終章!儚い夢の終焉と最後の希望!」

蜂須賀(石丸幹二)の元から出て行った咲人(山下智久)は、研究センターを解雇された遥香(栗山千明)を追っていき、愛の日々がそして先週とはうらはら。人間らしくなってきた気がしたのは私だけ?だけど、研究センターでネズミのアルジャーノンに異常。咲人も、亡き父、幻影を見るようになります。ネズミのアルジャーノンは、幻影に怯え、衝突して弱ってたけれど、むしろ咲人は、悲しくもイイ方向性に感じました。柳川(窪...

アルジャーノンに花束を 第8話

「最終章!儚い夢の終焉と最後の希望!」 内容 蜂須賀(石丸幹二)の開発したALGが、 娘・梨央(谷村美月)に効果がないと知った河口(中原丈雄)は、 支援の中止を告げるが。。。。蜂須賀は。。。。 そんななか、 河口のもとを杉野(河相我聞)が現れ、精製法を書...

アルジャーノンに花束を #08

『最終章!儚い夢の終焉と最後の希望!』

アルジャーノンに花束を 第8話

今週は後光が射した咲人@山下に圧倒されました。アタシの脳内が美で満たされたあのシーン。

君と僕が愛し合うこと・・・それが僕の夢でした(山下智久)

つきつめて言えば・・・愛とは相手に「オンリー・ユー」と伝え、相手から「オンリー・ユー」と伝えられることである。 二人のために世界があり・・・世界にできるのは二人を祝福するだけなのである。 ある意味・・・バカヤローなことである。 しかし・・・そういう二人はものすごく・・・幸せなんだなあ。 知性とは・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天