2015-04-01(Wed)

ユリ熊嵐 最終回

銀子(CV:荒川美穂)が密子(CV:悠木碧)の呪縛から逃れてやっと紅羽(CV:山根希美)の元へやって来れたと思ったら、クマタギ隊がそれを阻みます。

るる(CV:生田善子)のおかげで銀子は無事でしたが・・・

るる・・・とんでもないことにw

紅羽と銀子はクマタギ隊に捕まってしまって、大変なことに・・・

蝶子(CV:村川梨衣)の号令で「排除の儀」が行われることになります。

屋上の板の端っこに腕を縛られて立たされている銀子をクマタギ隊のビームが狙っています。

ビームの素は、サイボーグこのみ(CV:小清水亜美)なのねw

銀子は紅羽を友達ではないと言い放ちますが、紅羽のところに断絶の壁からの挑戦が入ります。

幼い頃、透明な嵐に傷つけられた紅羽が銀子が人間の女の子なら良かったのにと思ったことが発端だったようです。

人間になりたいと願ったのは銀子じゃなく、紅羽だったのですね。

だから、紅羽は自分のスキを失ってしまった・・・肝心なものを手放すなんて・・・

すべてを思い出した紅羽と銀子の前に現れたのは、純花(CV:小倉唯)??

彼女がクマリアさまだったの??

紅羽は、頭に椿の花をのせたクマになりました。

クマタギ隊は容赦なく彼女たちを撃ちますが、ビームは担当の女の子とこのみが銀子と紅羽の姿を見て、何かを感じたようで撃ちませんでした・・・

学園では、相変わらず透明な嵐が吹き荒れています。

みんな一緒の色になることに何の意味があるのだか・・・

その中で、ビーム担当の女の子と不具合で廃棄処分されたサイボーグこのみの間に、銀子と紅羽のような感情が生まれました。

銀子と紅羽の行方は誰も知らないみたいです。

るるの方は、弟王子と仲良くしていましたね。

最初は難しいお話だなと思っていたのですが、おとぎ話とか童話だと思えばしっくり来るかも。



人気ブログランキングへ

アニメ ブログランキングへ



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ユリ熊嵐 第12話「ユリ熊嵐」

第12話「ユリ熊嵐」 透明な嵐に抗うのがユリ熊嵐なんだな。 今更そう思ったw

12話(終)「ユリ熊嵐」感想

紅羽がクマになって、銀子と踊るのが可笑しかったのと、撃てないと言った子が最後にメガこのみと一緒になるのが良かったです。後、クマリアが鈍花そっくりでした。

【ユリ熊嵐】第12話『ユリ熊嵐』 キャプ付感想

ユリ熊嵐 第12話『ユリ熊嵐』 感想(画像付)  銀子と紅羽のスキは成就…、百合承認エンドへ♪ 絵本のような綺麗なラストになりました。 るると弟王子の再会シーンも良かったですね!  

ユリ熊嵐 #12 「ユリ熊嵐」 <終>

結論、眼鏡娘は神!! 「ユリ熊嵐」の最終話。 壁の向こうに戻ったはずなのに銀子を守るために現れて銃弾に倒れるるる。 って、前が総集編で中の人が出てきて最終回が間に合わず総集編の 一瞬続きをすると思ってしまったよ。(ちゃんとCMって書いてあるけどw) 捕らえられた紅羽と追い詰められた銀子。 討伐隊のリーダーは友達である紅羽に銀子を殺せと迫る。 が、銀子は「獲物」であり「...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天