fc2ブログ
2014-09-23(Tue)

HERO 2014 最終回

殺人容疑で送致された南雲(加藤虎ノ介)は、過去に同じような傷害事件を犯していたと見られ、そのうちの1件では、別の容疑者が起訴され、刑罰が確定した後に病死していました。

検察の冤罪の可能性がある中で、南雲の第1回公判が開かれます。

裁判に臨んだ久利生(木村拓哉)は、過去の事件を追起訴します。

一方、城西支部のメンバーは、過去の事件を検証するために、当時の関係者である元検事・国分(井上順)の元を訪ねていました。

最初は、田村(杉本哲太)と遠藤(八嶋智人)が訪ねますが、けんもほろろに追い返されます。

次は、礼子(吉田羊)と井戸(正名僕蔵)がやって来ます。

大人の色気で何とかしようとやって来たようですが、その色気を出す前に追い返されましたw

最後が、宇野(濱田岳)と末次(小日向文世)です。

玄関に入ったとたんに、湯のみが飛んで来ましたw

宇野が何を言っても聞いてくれず、帰ろうとした時、部屋で絵を描いている国分を見た末次は、「法律がどうこう言っているんじゃない、人としてどうなんだと言っているです。」と国分にとって痛いところを突いて来ました。

一方、東京地検本庁に川尻(松重豊)が呼び出され、牛丸次席(角野卓造)もマスコミの記者会見を行って、大変な騒動になっていました。

過去の事件を含めた南雲の裁判が始まります。

はっきり言って、久利生たちは決め手に欠けています。

そんな久利生たちに対して、南雲の弁護士・松平(羽場裕一)は、証人として元検事の国分を召喚するのでした。

松平は国分の名誉は守ると言って、国分を呼び出しましたが、彼の目的は自分が起訴してしまった大友に対しての謝罪をしにやって来たのでした。

一番最初の事件では、被害者と揉めていた大友が犯人に違いないと確信して起訴したようですが、次に同じような事件が起きて、その時にも同じように南雲の名前が挙がったことを知った時、自分の間違いを確信してしまったようです。

そして、しばらくして検事を辞め、弁護士にもならずに田舎に引っ込んでしまったのですね・・・

久利生は、裁判員たちを味方に付けて、国分から話を引き出すことに成功します。

そして、南雲は無期懲役になるのでした。

一方、久利生と千佳(北川景子)がクビになった特捜部では、久利生が運転手の無実を暴いたために、その時に運転していた別の人物が見つかって、有力な証言を得ます。

おかげで大臣の贈収賄疑惑が暴けそうです。

特捜部はまた大忙しになるので、城西支部に声をかける気満々のようですねw

久利生たちは、また普通の日常に戻っていました。

しかし、久利生が取り調べる相手は、彼のお気に入り通販番組の司会の人??

久利生は事件より、通販商品の使い心地の方が知りたいようです。

そして、千佳が司法試験を受けるようですね。

城西支部に参考書が届いていて、みんながエールを送ってくれていました。



人気ブログランキングへ

ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「HERO」第11話(終)

通販番組の人、逮捕… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201409230000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】HERO DVD-BOX リニューアルパッケージ版 [ 木村拓哉 ]価格:19,758円(税込、送料込)

HERO[2014] (第11話 最終回・9/22) 感想

フジテレビ系『HERO[2014]』(公式) 第11話/最終回(30分拡大版)『前代未聞の裁判員裁判!久利生、検事生命をかけた決断・正義の為の最終決戦』の感想。。 口論相手を刺殺した南雲(加藤虎ノ介)の裁判が始まる。南雲と弁護士の松平(羽場裕一)は正当防衛で無罪を主張するが、殺人罪で起訴する久利生(木村拓哉)は過去に起きた5つの事件も南雲の犯行として追起訴すると宣言。最初...

HERO 第11話(最終話)

第11話(最終話) JUGEMテーマ:エンターテイメント

HERO #11 最終回

『前代未聞の裁判員裁判!久利生 検事生命をかけた決断 正義の為の最終決戦』

HERO(2014)第11話(最終回)

「前代未聞の裁判員裁判!久利生検事生命をかけた決断正義の為の最終決戦」 内容 特捜部の応援をすることになった久利生(木村拓哉)だったが、 明らかな不備を見つけてしまい。。。。応援は終了。 一方、南雲尊之(加藤虎ノ介)を殺人容疑で調べていた田村(杉本哲太...

ドラマ「HERO 2014」 第11話(最終回) あらすじ感想「正義のための最終決戦!」

真実のための最終決戦-----------!! う〜ん。 正直な感想を言えば、優等生すぎて面白みには欠けたかなぁと。 もっとなんかどんでん返しが欲しかったよ。 なんか予想通りの展開すぎて「やっぱり」ってオチだったし、新鮮さがなかったからなぁ。 丁寧だし纏まりは...

「HERO」真実の追及した先に真実を証言する法廷で元検事は自らの過ちを認め本当に起訴すべき被告に無期懲役の判決が下された

「HERO」最終話は殺人容疑で送致されていた被疑者を久利生は冤罪の可能性がありながらもそれを承知で起訴して裁判に持ち込まれた。しかし肝心の事件を起訴した元検事は証言を求めて ...

逃れられない罪と彷徨う罰を追いかけて司法試験(木村拓哉)

女事務官を必ず女検事にしてしまう男検事の話である。 寄り添いたいのではなく・・・本人になりたいという欲望はある意味、変態的だが・・・そこがいい。 真実は時に残酷なものである。 天寿を全うしようが・・・軍用機による爆撃で飛散しようが・・・死んだ人間の無残さは・・・恐ろしいものだ。 それを見つめ続けるこ

「HERO」第11話(最終回)★続きを作りやすそうな終わり方

キムタク「HERO」第11話(最終回) 前代未聞の裁判員裁判! 久利生、検事生命をかけた決断 正義の為の最終決戦 鍋島次席の墓参りをする久利生(木村拓哉)と麻木(北川景子)。 麻木「どんな方だったんですか?」 久利生「どんなって言われても。実は俺あんまりしゃべったことねえんだよな。でも遠くからいっつも見守っててくれて。俺、鍋島さんがいてくれたから検事続けられたんだと思...

『HERO』 最終回

『HERO』最終回を見た後で、『がんばった大賞』を見てしまったので~♪楽しすぎて書けな~い。戦国時代かここは!o(≧∇≦)oキャーあのフットサルゴールのポールにボールがボーンも、まさか一発OK?って見てましたけど、TAKE25って、がんばったで賞ー(ノ゚ο゚)ノ あの一瞬のための3時間

『HERO』 第11話(最終話)

 今シリーズ(特にここ数回)のゴタゴタ振りを観て、最終回に期待していなかったので、「がっかり感」はない。  しかし、釈然としない点が多く、残念な最終回であった。 ★確かに、裁判中の久利生の演説には説得力はあった (意訳です) 「無実かどうかの裁定の場合、罪...

「HERO」最終回 感想

 3月26日高校生が背中を刺される、4月4日府中市で女性が刺されると久利生は未解決事件を挙げる。  「追起訴したいと考えております。」と久利生。  城西支部のメンバーは、それぞれ現場に出向く。  田村と遠藤が国分の家を訪れる。    馬場と井戸が国分の家を訪れる。

LIE STOPS HERE(嘘=夢はここにある)~『HERO 2』最終回

   みんな、それぞれの正義を信じて、    それぞれの立場から被告人に光を当て

HERO 最終話

最終話(第11話) 「前代未聞の裁判員裁判!久利生検事生命をかけた決断 正義の為の最終決戦」 ※モヤッとした、という感想です。 ※全体を通じた感想は、月末までに「夏ドラマ総括」の記事で書きたいと思います。 感想を書いていませんが「昼顔」も観ているので、「...

【HERO(2)】最終回(第11話)感想と視聴率(2014年版)

「前代未聞の裁判員裁判!久利生 検事生命をかけた決断 正義の為の最終決戦」 最終

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ ウェブ拍手
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
近江通信
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天