2014-09-07(Sun)

金田一少年の事件簿N(neo) 第7話

ミステリー研究部では、紙の切れ端に書かれた暗号(?)にみんな興味津々でした。

でも、何なのかわからないでいると、そこに一(山田涼介)がやって来て・・・

この紙の切れ端は、一のメモの切れ端で・・・美雪(川口春奈)のパンツの色と柄の記録だったようです。

当然、一は美雪にブッ飛ばされていましたw

そんな時、真壁(浅利陽介)が、300年以上前からお盆の時期の朝に雪が降るという不思議な現象が起こる田舎の漁村・雪影村に興味を持ちます。

一は、母親の友人が雪影村の出身者なので、中2の夏休みに行ったことがあるようです。

そして、この夏も一は真壁と佐木(有岡大貴)と一緒に雪影村を訪れることになります。

一は3年前に仲良くなった島津匠(須賀健太)、立石直也(入江甚儀)、魚住響四郎(上遠野太洸)、太刀川都(山下リオ)、社冬美(藤原令子)、蓮沼綾花(平祐奈)と久しぶりに再会します。

しかし、そこには葉多野春菜(小川涼)の姿はありませんでした。

一は、春菜が1年前の雪降る朝に自殺したと聞かされます。

父親宛ての遺書には「うれしい色だったはずが、許されない色だったなんて。もう死ぬしかない」という謎めいた文が書かれてあったそうです。

翌朝、一たちは夏の雪を見ようと島津たちと待ち合わせをして、中学校に向かいました。

校庭に着いた一たちは、雪が降り積もる校庭で倒れている冬美の遺体を姿を見つけます。

冬美の喉元には、なくなったはずの上送りの矢が刺さっていました。

校庭には冬美のものと思われる足跡がひとつしかありませんでした。

そのことから、別件で雪影村にやって来た剣持警部(山口智充)は自殺の可能性が高いと言いますが、一は他殺の可能性を口にします。

そんな中、一はテニス部の部室を片付けている綾花を見つけて話をしていました。

綾花は、電球が切れているので取り換えなくてはと言っていましたが、今度は彼女が犠牲になってしまいます。

一は、綾花がきれいに片付けていたはずなのに、部室の様子が乱雑になっていることに気付きます・・・

そして、電球がまだ取り換えられていないことに気付いた一は、手を伸ばして電球のカバーを取り外している時に犯人がわかってしまったようです・・・

綾花のお葬式に、みんなでお揃いで買った数珠がきれいに全部消えてしまう事件が起きます。

犯人は、やはりなところから出て来ました。

彼は野球部でしたが、肩を壊してしまって、腕が肩より上にあげられなかったのね・・・

だから、綾花ともみ合った時に壊して落としてしまった数珠の玉を全部拾うことが出来なかった・・・

1年前に自殺した春菜と彼の間には子供を授かっていたようです。

しかし、殺された冬美と綾花のいい加減な噂のせいで、春菜は自殺してしまったのでした・・・

田舎では、確かに同じ名字の人はたくさんいますし、その中には同姓同名の人もいますよね・・・

春菜の父と犯人の父が同姓同名だったばかりに・・・

何だか切ない終わり方でしたが、最後で美雪がここにやって来て、一は美雪を引っ張って一緒に帰るのでした。



人気ブログランキングへ

ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金田一少年の事件簿N(neo)Neo.07

『雪影村殺人事件 「真夏に降る雪の足跡トリック…暗闇の犯行唯一のミス」 内容 夏に雪が降るという雪影村へ行く事になった一(山田涼介) 中学の夏休みを過ごした思い出の漁村。。。 ひとりで来たつもりだったが、佐木(有岡大貴)真壁(浅利陽介)もついて来る。 駅に...

金田一少年の事件簿N(neo) (第7話・9/6) 感想

日本テレビ系『金田一少年の事件簿N(neo)』(公式) 第7話『真夏に降る雪の足跡トリック…暗闇の犯行唯一のミス』の感想。 なお、原作:天樹征丸氏/作画:さとうふみや氏の原作漫画は未読。 お盆の朝だけ雪が降る「雪影村」を5年ぶりに訪ねる一(山田涼介)に、佐木(有岡大貴)と真壁(浅利陽介)が同行する。島津(須賀健太)ら当時の仲間が集まる中、一は春菜(小川涼)が1年前に自 ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天