2014-08-10(Sun)

魔法科高校の劣等生 第19話

二学期になり、三年生たちが委員会や部活を引退したようです。

生徒会も会長があずさ(CV:小笠原早紀)、副会長が深雪(CV:早見沙織)になって、新体制になったらしい。

深雪が達也(CV:中村悠一)のところに訪ねて来た時に、達也は賢者の石について調べていました。

賢者の石は、魔法式を保存出来るの??

一方、達也は論文コンペの一高代表メンバーに加わって、鈴音(CV:中原麻衣)、五十里(CV:斉藤壮馬)に協力するように頼まれていました。

コンペまで日数もないですし、代表の選考にも論文を出していない自分が参加するのはどうかと最初は断ろうとした達也ですが、鈴音の論文テーマが研究中の「重力制御による魔法式熱核融合炉」と知って参加することにします。

ラブラブな状態で帰宅した達也と深雪の前に、継母・小百合(CV:豊口めぐみ)がいました。

深雪・・・わざとらしいくらい達也にベッタリですねw

小百合は、軍から聖遺物(レリック)の解析、コピーを頼まれたようですが・・・

達也には、学校を辞めて深雪のガーディアンを他の者に任せて、本来の仕事をしてほしいようですね・・・

達也はこの話を蹴りますが、レリックを持ち出して無防備に帰宅する小百合を追います。

このレリックは魔法式の保存が出来るかもしれないと言われて、達也は興味を持ったようです。

案の定、大亜細亜連合がこのレリックを狙って来て・・・

達也は、凄腕のスナイパーに撃ち抜かれますが、簡単には死なないように出来ていますよねw

きちんと弾道を見極めて、相手にきっちりお返ししていましたw

何だかきな臭いな~って感じですが、深雪の可愛いエプロン姿をガラスケースに閉じ込めておきたい達也が何とかしてくれそうです。



人気ブログランキングへ

アニメ ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 第19話 横浜騒乱編I 引き抜き感想

L字に文句の一つも言わないなんて…なかなかできることじゃないよ。

魔法科高校の劣等生 第19話「横浜騒乱編Ⅰ」

第19話「横浜騒乱編Ⅰ」 なにやら港で魔法刑事がブレブレ走りで謎の組織を追撃中。 加速スゲェwww 魔法師は軽口叩きながら任務するのが普通なのか? 出航してしまった船を止めろと上司の指示が出るが、自分だと沈めてしまうかもってw スクリュー打ち抜いて船は止めたけど、空振りだったみたいですね。 んで、脱出した組織のガチムチを迎えるゆっさゆさボイスロン毛のイケメン。 ...

魔法科高校の劣等生   ~ 第19話 横浜騒乱編I

魔法科高校の劣等生 第1話 ~ 第19話 横浜騒乱編I かつて「超能力」と呼ばれていた先天的に備わる能力が「魔法」という名前で体系化され、強力な魔法技能師は国の力と見なされるようになった。20年続いた第三次世界大戦が終結してから35年が経つ西暦2095年、魔法技能師養成のための国策高等学校の一つ、国立魔法大学付属第一高校に、エリートとして将来を約束された「ブルーム(花冠)」の妹...

魔法科高校の劣等生 第19話 横浜騒乱編I

魔法科高校の劣等生 第19話。 論文コンペの代表となった達也のもとに持ち込まれたものは・・・。 以下感想

魔法科高校の劣等生 第19話「横浜騒乱編I」

魔法科高校の劣等生の第19話を見ました。 第19話 横浜騒乱編I 秋になり3年生が引退したことで深雪が生徒会副会長となる中、達也は「賢者の石」の性質と製法を調べており、「魔法式の保存」の可能性と「重力制御魔法による核融合の維持」への応用に興味を持っていた。 魔法幾何学準備室に呼び出された達也は鈴音の推薦によって「論文コンペ」へ参加して欲しいと頼まれる。 鈴音の研究テー...

魔法科高校の劣等生 TokyoMX(8/09)#19

第19話 横浜争乱編I 公式サイトから二学期になり、三年生が委員会や部活動を引退。生徒会も会長があずさ、副会長は深雪の新体制が始動する。一方、達也は、論文コンペの一高代表メンバーに加わり、鈴音と五十里に協力するよう頼まれる。最初は断ろうとした達也だが、鈴音の論文のテーマが研究中の「重力制御による魔法式熱核融合炉」と知って参加。さらに、義母の小百合から聖遺物(レリック)の解析も引き受ける。だが...

魔法科高校の劣等生 第19話「横浜騒乱編Ⅰ」

「レリックの魔法式保存機能が本当にあるのだとすれば  無茶を承知で挑戦する価値はある」 横浜騒乱編スタート! 魔法式を保存する機能があるとされるレリックの解析を頼まれた達也 【第19話 あらすじ】 二学期になり、三年生が委員会や部活動を引退。生徒会も会長があずさ、副会長は深雪の新体制が始動する。一方、達也は、論文コンペの一高代表メンバーに加わり、鈴音と五十里に協力するよ...

『魔法科高校の劣等生』#19「横浜騒乱編I」

「瓊勾玉には魔法式を保存する機能があるそうです」 2学期に入り、深雪は副会長に。 新生徒会発足に大忙しかと思いきや、むしろ忙しいのは達也の方。 賢者の石が魔法式を保存できると考え、調べものに没頭していた。

魔法科高校の劣等生 第19話 「横浜騒乱編Ⅰ」 感想

お兄様は目立つよ、どこまでも―

魔法科高校の劣等生 #19

『横浜騒乱編 I』

魔法科高校の劣等生 第19話「横浜騒乱編 I」キャプ付感想

お兄様は何度でも死にかけ、再生するんですね(笑)  新章、横浜騒乱編最初から達也さん死にかけでした(^^;  再生できるより、もっと避ける能力が欲しいですね、痛いでしょうからw       二学期になり、三年生が委員会や部活動を引退。生徒会も会長があずさ、 副会長は深雪の新体制が始動する。  一方、達也は、論文コンペの一高代表メンバーに加わり、鈴音と五十里に 協力するよ...

魔法科高校の劣等生 第19話 「横浜騒乱編 I」 感想

横浜騒乱篇は勾玉と裸エプロンでスタート。

魔法科高校の劣等生第19話感想~お兄様、初披露のエプロン姿はどうですか?~

タイトル「横浜騒乱編Ⅰ」

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天