FC2ブログ
2014-06-08(Sun)

魔法科高校の劣等生 第10話

九校戦の会場に向かう途中で、対向車線を走る車が宙を舞って一校生たちが乗車しているバスに突っ込んで来ます。

慌てた一校生たちが無秩序に魔法を発動させたために、サイオンの嵐が起きて、まともに魔法が効果を発揮しない状態になってしまいます。

それでも、達也(CV:中村悠一)の機転、深雪(CV:早見沙織)や十文字(CV:諏訪部順一)の連携魔法でバスはギリギリ難を逃れます。

達也には、車の動きに魔法の痕跡を見つけたようですね。

バスが会場について、何も出来なかった服部(CV:木村良平)が落ち込んでいると、桐原(CV:杉田智和)から達也と深雪の過去の話が・・・

2人共、実戦経験があるみたいですね。

やはり、軍と関係があるみたいです。

会場のロビーに入ると、エリカ(CV:内山夕実)が既に来ていて、美月(CV;佐藤聡美)もちょっとセクシーな恰好で来ていました。

深雪に、さりげなくTPOに合わないと言われる美月w

エリカに騙されたね。

エリカは、千葉家のコネを使って、選手と同じホテルに滞在出来ることになったようです。

でも、パーティーが行われる会場では、ウエイトレスをしているのですね。

幹比古(CV:田丸篤志)にコスプレと言われる可愛いメイドさん風の衣装でした。

幹比古もレオ(CV:寺島拓篤)と同じく裏方が良かったようですが、人数が足りなくて仕方なく・・・

エリカから幹比古について少し話がありました。

エリカは達也のことを冷たいと言いますが、変に同情しないので、愚痴を言いやすいとも言っていました。

このパーティーで挨拶に出た老師と呼ばれる人物・・・

大掛りな魔法より、小さくでも工夫のある魔法の方が価値があるようです。

みんなと一緒の部屋で深雪は、許可が出たとのことで温泉に誘われていました。

ここは薄い服を着て、入るのね。

女同士・・・恐るべしw

深雪を見ていると、同性同士というのも関係なく思えるようです。

深雪は、みんなに達也との関係を兄妹だと言っていましたが・・・

それは嘘だねw

夜、ホテルの外で力を失くしてしまった幹比古が練習をしていると、何者かの気配を感じます。

初めは警備に連絡しようかと思ったようですが、達也が魔法が使えなくても相手を抑えていたことを思い出して、3人の不審者を取り押さえますが、そこに達也が現れて・・・



人気ブログランキングへ

アニメ ブログランキングへ


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編 III」キャプ付感想

達也兄さん、マジ優秀(笑) 事故も回避し無事に九校戦の宿舎に到着。 施設の地下にある温泉に深雪ちゃんたちも入ります。 意外なとこで温泉回でしたw   九校戦の会場に向かう途中、対向車線を走る車がガード壁に激突。 宙を舞って一高生の乗ったバスに突っ込んできた。 慌てた一高生たちが無秩序に魔法を発動したせいで、サイオンの嵐が起き、 まともに魔法が効果を発揮しなくなってしま...

魔法科高校の劣等生 第10話 九校戦編III 世界の中心感想

達也さんの活躍を応援しに来ました。

魔法科高校の劣等生   ~ 第10話 九校戦編III

魔法科高校の劣等生 第1話 ~ 第10話 九校戦編III かつて「超能力」と呼ばれていた先天的に備わる能力が「魔法」という名前で体系化され、強力な魔法技能師は国の力と見なされるようになった。20年続いた第三次世界大戦が終結してから35年が経つ西暦2095年、魔法技能師養成のための国策高等学校の一つ、国立魔法大学付属第一高校に、エリートとして将来を約束された「ブルーム(花冠)」の...

魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編Ⅲ」

第10話「九校戦編Ⅲ」 一校生の乗ったバスに突っ込んで来る車。 魔法の同時使用はやっぱり干渉しあうからダメなのね。磨利先輩が魔法を発動しようとした生徒を鎮め、対処は深雪と十文字。 深雪の魔法がどんなものか全然わかんない。このシーンだけで理解しろと言われても無理だよね。しかし影の功労者はやっぱり達也だったと期待を裏切りませんw

魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦III」 感想

九校戦の会場に向かう途中、対向車線を走る車がガード壁に激突。宙を舞って一高生の乗ったバスに突っ込んできた。慌てた一高生たちが無秩序に魔法を発動したせいで、サイオンの嵐が起き、まともに魔法が効果を発揮しなくなってしまう。それでも、達也のひそかな機転、十文字や深雪たちの活躍により、バスは被害をまぬがれた。特殊な知覚を有する達也は、車の動きに魔法の痕跡を発見し、事故は何者かが故意に仕掛けたものだと...

魔法科高校の劣等生 第10話 感想

 魔法科高校の劣等生  第10話 『九校戦編Ⅲ』 感想  次のページへ

魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編III」 感想!

この作品は演説がいちいち素晴らしいなw

魔法科高校の劣等生 10話 感想

魔法科高校の劣等生 九校戦編III誰かと思ったらやっぱり達也さん ほんと神出鬼没ですねww

魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編III」

魔法科高校の劣等生の第10話を見ました。 第10話 九校戦編III 九校戦に向けてバスで宿舎に移動する代表のメンバーは道中で対向車側の車が急に炎を上げて突っ込んできたのだが、事故ではなく意図的な魔法による犯行だと分かる。 「では、先程のあれは事故ではなかったの?」 「あぁ、魔法の痕跡があった」 「私には何も見えませんでしたが…」 「小規模な魔法が最小の出力で瞬間的...

魔法科高校の劣等生 第10話 「九校戦編Ⅲ」 感想

魔法を生かすも殺すも自分次第―

魔法科高校の劣等生 #10

『九校戦編 III』

魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編Ⅲ」

「魔法の痕跡があった」 バスへと突っ込んできた車が事故では無く自爆攻撃だと見抜いた達也 そして懇親会が行われた宿泊施設の周囲には怪しげな人物が… 【第10話 あらすじ】 九校戦の会場に向かう途中、対向車線を走る車がガード壁に激突。宙を舞って一高生の乗ったバスに突っ込んできた。慌てた一高生たちが無秩序に魔法を発動したせいで、サイオンの嵐が起き、まともに魔法が効果を発揮しなくな...

『魔法科高校の劣等生』#10「九校戦編III」

「魔法は手段であって、それ自体が目的ではない」 九校戦の会場に向かう深雪たちのバスにテロリストと思しき車が突っ込んできた! 慌てて数人が魔法で対処しようとしたが、渡辺は慌てて魔法をキャンセルするよう指示。 十文字と深雪とで対処することになったが…

魔法科高校の劣等生 第10話 「九校戦編 III」 感想

お風呂回と九校戦の懇親会。

(・∀・)それゆけ幹比古くん! ~魔法科高校の劣等生 第10話「九校戦編Ⅲ」~

あらすじ(公式HPから抜粋) 九校戦の会場に向かう途中、対向車線を走る車がガード壁に激突。宙を舞って一高生の乗ったバスに突っ込んできた。慌てた一高生たちが無秩序に魔法を発動したせいで、サイオンの嵐が起き、まともに魔法が効果を発揮しなくなってしまう。それでも、達也のひそかな機転、十文字や深雪たちの活躍により、バスは被害をまぬがれた。特殊な知覚を有する達也は、車の動きに魔法の痕跡を発見し、...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天