2013-12-23(Mon)

猫侍 最終回

久太郎(北村一輝)は、いつもの静かな生活に戻っていました。

いつもの竹刀の素振りをしても、精彩を欠いて外へ竹刀を飛ばしてしまう始末・・・

外へ出ると、若菜(平田薫)が猫の手も借りたいと、どにゃつぼう販売に勤しんでいました。

猫と言う言葉を聞くと、玉之丞を思い出すようで、久太郎はいつの間にか猫茶屋に出向いていました。

羊羹が食べたかったと良い張る久太郎ですが、猫茶屋のお運びさんにきちんと「ヨ~ニャン」と言わないと持って来てもらえなくて、根負けしました。

そして、久太郎のところに可愛い猫ちゃんが・・・

玉之丞と比べても・・・

ふと見ると、同じ猫茶屋にあの同心の石渡(ユキリョウイチ)が来ていて、猫にスリスリしていました。

彼にとって猫は、めちゃくちゃ可愛い存在のようですねw

しかし、似合わない姿ですw

一方、加賀屋では与左衛門(伊藤洋三郎)が玉之丞に極上寿司を食べさせようとしていました。

持って来た佐吉(水澤紳吾)は、黙って試食して「美味しい」と言っていましたが、玉之丞は口にしませんでした。

やはり、久太郎がいないと寂しいのかな・・・

そして、長屋にいた久太郎のところに玉之丞が帰って来ました。

与左衛門と佐吉が久太郎のところにやって来て、玉之丞を久太郎に託すのでした。

玉之丞を自由に加賀屋と久太郎のところへ行き来させようとしています。

久太郎は玉之丞を抱いて、すごく嬉しそうでしたね。

そこへ、再び勝負をしろと内藤(笠原紳司)がやって来ます。

しかし、そこにいた久太郎は人が変わっていました。

もうまだら鬼ではなく、猫侍なのねw

玉之丞が戻って来たことを知った若菜は喜んで、どにゃつぼうを「お祝いだ」と言って久太郎にくれました。

仕事に行く時は、猫見屋のお七(高橋かおり)に預けて行くようです。

久太郎は、妻・お静(横山めぐみ)と娘のおハルに手紙を書くのでした。

妻子を江戸に呼び寄せるのかな?

玉之丞は、おハルの良い遊び友達になれそうですね。



ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猫侍 第十二話(最終回)

内容 釈放された久太郎(北村一輝)だったが、玉之丞は、もういない。 それが分かりながらも、ふとした拍子に思い出してしまう久太郎。 一方、加賀屋に戻った玉之丞。 主人の与左衛門(伊藤洋三郎)は、上等な寿司を準備するなどして。。。 そんななか、町をふらつく久...

ドラマ「猫侍」最終話

最終話  

「猫侍」最終話

猫日和… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312260000/ 【送料無料】ドラマ「猫侍」DVD-BOX [ 北村一輝 ]価格:7,022円(税込、送料込)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天