2013-12-17(Tue)

海の上の診療所 第10話

日内(荒川良々)と葵(藤原紀香)に子供が出来て、日内も和やかな表情で過ごしていました。

でも、彼の携帯に電話が掛かって来てから、またしても経費削減を叫び始めます。

航太(松田翔太)にも「船を降ります」宣言を禁止します。

みんなは混乱しますが、日内はその理由を言いませんでした。

釈然としない中、航太と眞子(武井咲)は、来年から海診丸の巡回ルートになる誉島の診療所を訪れます。

海診丸が、この島の集団検診を受け持つことになったので、患者の情報を共有するためでした。

その診療所で、航太は研修医時代の指導医・晴子(水野美紀)と再会します。

誉島出身の晴子は、以前から故郷の島で診療所を開くことを夢見ていたようです。

しかし、医師としての腕を買われて、間もなく東京にある病院に赴任すると言います。

それが原因で晴子は、両親を亡くしてから面倒をみてくれていた漁協長・久松(清水紘治)から厳しく非難されていました。

事情を知った航太は、晴子が東京の病院に戻ることに疑問を抱いて、彼女に会いに行きます。

診療所の事務員さんは、晴子のことが密かに好きみたいですね。

そして、航太と一緒に、晴子の目の症状が良くないことを知ってしまいます。

東京へは目の治療に行くようですね。

どうして本当のことを久松たちに言わなかったんだろう・・・

晴子の送別会が開かれた時、またしても久松が晴子を責め始めます。

その時、久松の奥さんの足にとんでもない症状が出て、倒れてしまいます。

目が見えにくくなっている晴子が航太のサポートをして、無事に手術が終わりました。

事情を知った久松が晴子に詫びて、いつまでも島で待っていると言ってくれていましたね。

一方、航太のお母さん(麻生祐未)がお店で倒れてしまいます。

航太の方も日内から、とんでもない人事を言われていたような・・・

海診丸から航太の姿が消えていました。

折角、眞子とクリスマスクルーズへ行く約束をしたのにね。



ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

海の上の診療所 (第10話・12/16) 感想

フジテレビ『海の上の診療所』(公式) 第10話『ついに最終章!!Drコータの選んだ結末とは!?』の感想。 航太(松田翔太)は日内(荒川良々)から、「船を下ります」宣言を禁じられる。さらに日内は、海診丸のメンバーに徹底した経費削減を指示する。皆は混乱するが、日内はその理由を言わなかった。釈然としない中、航太と真子(武井咲)は、来年から海診丸の巡回ルートになる誉島の診療所を訪...

海の上の診療所 第10話

「ついに最終章!!Drコータの選んだ結末とは!?」 内容 葵(藤原紀香)の妊娠が判明し、海診丸は、少し違う雰囲気に。 日内(荒川良々)も、あまり細かい事を言わないようになっていた。 だが、翌日。。。海診丸で異変が起きる。なぜか、電池が。。。。ない!? ...

「海の上の診療所」第10話

第10話「ついに最終章 Drコータの選んだ結末とは」   

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天