2013-10-21(Mon)

猫侍 第3話

久太郎(北村一輝)に危機が訪れます。

どうやら、玉之丞にノミを移されたらしいw

堪らず家を出た久太郎は、猫の絵を販売している、この前助けた義一じいちゃんと出会います。

彼からノミの手入れのために、猫見屋を紹介された久太郎は玉之丞を連れてやって来ます。

そこの女主人・お七(高橋かおり)は、玉之丞にブラッシングをしながら、シャボンと狼の毛で出来た手袋の説明をしてくれました。

「猫ちゃんは、家族なんだから」

と言われた久太郎は、すごく面倒臭いと思ってしまって、全部それを見抜かれていましたねw

帰り道で、例の立て看板を見ていると、同心の石渡(ユキリョウイチ)に目を付けられてしまったw

それでも長屋に戻って、玉之丞をシャボンで洗って、狼の毛で身体を拭いてやって、ノミを手袋に移していました。

武士なのに、猫洗いとは・・・

「切るべし!切るべし!!切るべし!!!無敵のまだら鬼~♪」(内なる鼻歌)

それでも、楽しそうに玉之丞を洗ってあげていました。

ある夜、隣に越して来た若菜(平田薫)が男に脅されていて、それを助ける久太郎でした。

久太郎は、若菜に「どなつぼう」の新作の開発のアイデアをあげていましたね。

味は良いけど、形がね・・・

若菜は、故郷で妹が病気のために薬代がたくさんいるので、仕送りをしているようです。

それを知った久太郎は、置き薬屋の五郎(佐藤誓)に手紙ではなく、招き猫の貯金箱に入ったお金を渡すように頼んでいました。

折角、化け猫退治で三両も手に入ったけど、目の前を通り過ぎて行くだけなのね。

残ったのは、玉之丞だけのようで(笑)

しかし、久太郎は娘にかゆみ止めの薬の代わりに、間違えて辛子を塗られたことがあったようですねw

そりゃ、苦い思い出ですなw



ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猫侍 第三話

内容 結局、玉之丞と暮らすことになった久太郎(北村一輝) しかしその玉之丞に、ノミが! そんなとき、先日命を助けた義一から“しゃもん”というモノを教えてもらう。 早速、教えてもらった“猫見屋”を訪ねると、 主人のお七(高橋かおり)から、いろいろなことを教わる...

「猫侍」第3話

ノミ退治… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310240002/ 【送料無料】ねこタクシー(上) [ 永森裕二 ]価格:680円(税込、送料込)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
犬の服のIDOG/猫の服のICAT
我が家でも猫たちのアイテムを購入しています。可愛くてオススメです♪
犬の服のIDOG/猫の服のICAT
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
独自SSLが年間18,000円(税抜)。レンタルサーバー『ヘテムル
楽天