2013-09-21(Sat)

なるようになるさ。 最終回

大悟(舘ひろし)の計らいにより、昇(安田章大)の描いたイラストの新聞広告が掲載されたことで、昇の母・元子(あめくみちこ)の知るところとなりました。

元子は、邦(泉ピン子)に連れられて綾(浅野温子)のお店にやって来て、すごく喜んでくれていました。

昇は簡単には信じていないようですが・・・

そして、昇の父・茂(金田明夫)もやって来て、素直に昇のやりたいことを理解して喜んでいるようでした。

元子は無理強いして昇を家に連れ戻そうとはしませんでしたが、本音は家に帰って来てほしいみたいです。

昇の才能を買っていて、仕事を入れてくれる広告代理店の中山部長(デビット伊東)からも片手間に出来る仕事ではないので、お店を辞めてマンションを借りて仕事に専念するように言っていました。

陽子(志田未来)も昇の仕事が上手く行きそうになっているのを喜んで、自分も負けないように高校の卒業認定試験を受けるために頑張っていました。

どうやら、陽子は昇のことが好きみたいですね。

そこへ、うるさいだけの陽子の母・克子(有森也実)がやって来て、陽子が認定試験を受けようとしていることを保護司から聞いて、それならば家に戻って来るように言います。

かなり勝手ですが、克子も自分の態度を反省しているようです。

一方、誠(大西利空)のところに父・正夫(岡田義徳)が現れて、誠は黙っているように言われていましたが、やはり母・恵理(紺野まひる)にそのことを話します。

恵理は、昔散々暴力を振るわれたので、ダンナのことは快く思っておらず、誠にお父さんのところへ行ったらいいと言い出す始末・・・

そして、誠とまた逃げ出そうとしていましたが、綾たちに止められます。

しばらくして、誠の前に姿を現した正夫と大悟は話をする機会を得ました。

正夫は、恵理に出て行かれてから、資格を取って再就職もしているようです。

大悟は、正夫と話をして、綾のお店に彼を連れて来ます。

恵理は驚きますが、大悟は話をした方がいいと言ってくれていました。

土下座して謝罪する正夫w

正夫が恵理に暴力を振るったのは、失業してから蔑んだ冷たい目で見られるようになったからだと言っていましたが、暴力はいかんよね・・・

昇も実家に戻ることになり、陽子も同じく、恵理はダンナさんと寄りを戻すことになりました。

綾は寂しそうでしたが、最後は大悟も一緒にお店に立ってくれていました。

そしてまた、新しいバイトさんが面接に来るのね。

このドラマは、人間の成分は優しさで出来ているんだな~って思わせてくれたので良かったと思います。

[DVD] 金曜ドラマ なるようになるさ。 DVD-BOX

[DVD] 金曜ドラマ なるようになるさ。 DVD-BOX
価格:17,476円(税込、送料別)



ドラマ ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天