FC2ブログ
2013-03-18(Mon)

美味しいプラセンタゼリー

EARTH-BEUTYファンサイト参加中

美味しいプラセンタゼリー1

この度は、大塚グループ アース・バイオケミカル株式会社さまデザート美容プラセンタゼリーをお試しする機会に恵まれました。

このプラセンタゼリーには、5つの美感成分が配合【プラセンタエキス、フィッシュコラーゲン、ヒアルロン酸、ツバメの巣エキス、ビタミンC】されています。

ピーチ味で、すごく美味しいので違和感なく食べることが出来ます。

美味しいプラセンタゼリー2

このように押し出してつるんと食べることが出来るので、とてもお手軽ですね。

美容と健康を目的としたものなので、続けることで効果が感じられるのかなと思いました。

歴史に名を残した美女たちも使っていたという言い伝えがあるようなので、私も機会があればどんどん摂取したい成分だと思いました。

大塚グループ デザート美容


2013-03-18(Mon)

とんび 最終回

ヤス(内野聖陽)は、走行中のフォークリフトの積み荷の下敷きになりそうになった葛原(音尾琢真)の孫を助けようとして、代わりに積み荷の下敷きになってしまいます。

葛原の妻が呆然とする中、社員たちは必死に荷物をどかして、ヤスは救急車で搬送されます。

事故の知らせを受けた旭(佐藤健)、たえ子(麻生祐未)は、急いで病院に向かいます。

何とか無事で良かったですね。

でも、再検査のお達しが来て、心配で凹むヤスが何とも言えず・・・

葛原夫妻が旭に頭を下げにやって来ますが、旭は大丈夫だからと言って、東京へ戻ることに。

そんなヤスのところに東京への転勤の話がやって来ます。

気弱になったヤスは、その件を受けてしまいますが・・・

由美(吹石一恵)がヤスを一人にしておくのは心配なので、東京で一緒に暮らしたいとのことで、旭は一計を企みます。

面倒臭い人なので、旭は乗り気ではないようですが・・・

再検査の結果、何でもなかったので、転勤を断ろうとして東京へやって来るヤス。

そこで立派な本社とキレイな秘書を見て憮然となりますが、常務となった萩本(高橋和也)から研修の現場を見せられて、いい加減な新人たちにキレるヤスがいましたw

ヤスの迫力に負けた新人たちは真面目に研修を受けていましたw

結局は、萩本常務は由美や旭の計画に乗ってくれたみたいですね。

何とかヤスを自宅に連れて来ることに成功します。

謀を知ったヤスはすぐに帰ってしまいますが、今度は本当に東京で一緒に住むことになりそうですね。

ヤスの姉代わりのたえ子は、いざ行ってしまうと寂しいようです。

ヤスもたえ子のことを心配していましたが、幼馴染の照雲(野村宏伸)から自分が彼女を看取ると言ってくれています。

でも、いざ行くとやはりダメなようで戻って来てしまうのでした。

旭に何かあった時に、逃げ込むところを作ってやりたいと思っていることもあるみたいですけど・・・

ヤスは会社を辞めて、リストラになった葛原に研修センターへ行くように取り計らっていました。

ヤスはたえ子のところでバイトをしています。

役には立っていないみたいですけどw

旭と由美の子供が産まれますが、今度は由美の連れ子であるケンちゃんがヘソを曲げてヤスを訪ねて来ます。

生まれた赤ちゃんにばかりみんなの目が行くので、面白くないみたいですw

ヤスは、小さいケンちゃんが一人でやって来たことを歓迎します。

心配して飛んで来た旭に叩かれるケンちゃんですが、旭も由美も今回のことで反省もしたみたいですね。

旭は自分が担当した作家さんの小説が出来たので、ヤスに渡します。

ヤスは本を読むのは苦手なので、旭と小百合で映画化してくれと言っていました。

その本のタイトルは、とんび。

とんびのような父と鷹のような息子の物語です。

でも本当は、とんびのように見える鷹と鷹のように見えるとんびかもしれないと旭も言っていましたね。



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-18(Mon)

マギ 第23話

アモンの力を使ったモルジアナ(CV:戸松遥)は、マゴイの使いすぎで倒れてしまいます。

そこにアル・サーメンのイスナーンが、亡国ムスタシムの王女・ドゥニヤを連れてやって来ます。

アリババは、アラジン(CV:石原夏織)と一緒にイスナーンたちを退けようとして、白龍(CV:小野賢章)にモルジアナと島の女の子を連れて逃げるように言います。

アリババ(CV:梶裕貴)のことを国を滅ぼされた王子と罵る彼女の手にはカシムと同じ闇の金属器が握られていました。

金属器で身体を貫くと、黒いジンになるのね。

アリババはその姿にカシムを重ねてしまって、動けなくなってしまいます。

黒いジンとなったドゥニヤにはアラジンが、彼女の騎士にはアリババが対峙することになりますが・・・

アラジンの武器は、マギならではの無尽蔵にあるマゴイですね。

アリババは自分の戦闘スタイルを見つけたようですが、相手は人間ではないみたいなので、倒すのは難しそうです。

イスナーンによって、第2変形したドゥニヤですが、こっちの方が良い感じです。

彼女はアル・サーメンの力で自分の国を再建したいみたいですが、ただ利用されているだけのように思えるのですけどねw

ドゥニヤも彼女の騎士も生きている人間なのかな・・・

一方、シンドリア王国にもアル・サーメンの一部の者たちが攻め込んで来るみたいです。

使者役のジュダル(CV:木村良平)は、シンドバッド(CV:小野大輔)と戦いたいようなので、こんなところで死ぬなと言っていました。

自分の国の神官がやって来たことで大変な事態になった紅玉(CV:花澤香菜)は、シンドバッドの側にいたいと訴えます。

シンドバッドって、案外、策士なのかも・・・

シンドリア王国は、第1級の戦闘態勢に入っていました。

モルジアナと女の子を宝物庫に匿った白龍は、アリババとアラジンのところに加勢に入ります。

ドゥニヤの攻撃・・・何だか凄そうですw



アニメ ブログランキングへ


2013-03-17(Sun)

八犬伝-東方八犬異聞- 第11話

荘介そっくりの男が信乃(CV:柿原徹也)のことを知っていたことで、毛野(CV:三宅淳一)に詰問されていました。

人さまの玄関先でそんなことをしていたものだから、現八(CV:前野智昭)に水をぶっかけられます。

そして水を被った信乃と毛野は、着替えのために家に通されるのね。

着替え中、部屋に入ろうとした小文吾(CV:寺島拓篤)に女性と間違われる毛野w

その時、信乃はみんなの身体のどこかに同じような花のような痣があることを知ります。

里見莉芳(CV:神谷浩史)に玉の在りかを探すように言われていた信乃ですが、玉を持っている人間とは接触しているんですけどねw

信乃は教会で琥珀と再会して、彼女にはダンナと子供がいて家族を養うために花街で働いていると聞きます。

老シスターたちの話で、それは嘘だとわかります。

彼女は、現八と小文吾が出征していた北の村の生き残りのようです。

莉芳が命令を下していたのね・・・

そのせいで、莉芳の保護下にある信乃が琥珀に求婚して断られた店のオーナーの息子に狙われてしまい、信乃が身体に飼っている村雨が本当の姿を現しました。

可愛くなくて、ちょっと以上に怖いもののようです。

駆け付けて来た荘介(CV:日野聡)は、反省しない信乃の態度に怒って平手打ちw

村雨は信乃を拳銃で撃ったオーナーの息子を食ったくらいでは、収まらないのねw

莉芳が血を与えたのかな・・・肩からすごく出血していました。

八房がすごく心配して遠吠えしていました。

琥珀が妖怪化しつつある??

彼女は人間じゃないのかな・・・



アニメ ブログランキングへ


2013-03-17(Sun)

泣くな、はらちゃん 第9話

はらちゃん(長瀬智也)たち漫画世界の男子たちは、夜のテレビのニュースで、現実世界が必ずしも楽しいことだけではないと知ってしまいます。

戦争や動物たちを檻に閉じ込めたり、彼らにとっては恐ろしいことこの上ないです。

越前さん(麻生久美子)に自由行動を許されたはらちゃんたちですが、みんな越前さんの会社の近くでお絵描きをしていました。

それを見て、変に癒される田中くん(丸山隆平)の姿がありました。

漫画の世界に戻りたいと言う意見も出て来る中、はらちゃんは「この世界の人になりたい」と言うのでした。

両想いの越前さんのためですよね。

そんな中、サッカーをしていた少年たちと出会ったはらちゃんたちは、サッカーを教えてもらい、ゲームを楽しみます。

その後、空気の抜けたサッカーボールを見つけたはらちゃんたちはサッカーを始めますが、蹴ったボールが不良たちにぶつかってしまいます。

彼らははらちゃんたちに因縁をつけて、暴力を振るい始めます。

その様子に気が付いた越前さん、田中くん、百合子さん(薬師丸ひろ子)、清美(忽那汐里)たちは、駆け付けて不良たちを追い払おうとします。

はらちゃんを庇おうとした越前さんも殴られてしまって、はらちゃんは仲間が痛めつけられるのを見て、今まで感じたことのない気持ちが湧き上がって、不良たちに向かって行きます。

不良たちを殴りつけるはらちゃんを泣いて止めたのは越前さんでした。

この件で、あっくん(清水優)が漫画世界に帰りたいと言い出して、結局はみんな漫画世界に戻ることになってしまいます。

折角、逃げ出そうとした百合子さんをみんなで追いかけて、ユキ姉(奥貫薫)も彼女を許したのに・・・

はらちゃんも戻ってしまって、寂しくなる越前さんの家ですが・・・

越前さんは母・秀子(白石加代子)や弟・ひろし(菅田将暉)に謝っていました・・・

百合子さんが飲み屋で気が付いて、越前さんの家に駆け付けた時には、越前さんは自分を漫画に描いて漫画世界に入って行っていました。

越前さんは、はらちゃんやみんなと一緒にいたいみたいですが、はらちゃんだけは浮かない顔です。

それでも、あの後ろ向きの歌をみんなで歌っていましたね・・・



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-16(Sat)

レディー・ガガ初のフレグランス・香水『レディー・ガガ フェイム』

川辺モニプラファンサイトファンサイト参加中

レディーガガ香水1

この度は、川辺株式会社さまのレディー・ガガ初のフレグランス『レディー・ガガ フェイム』 世界先行限定発売のサンプルをお試しする機会に恵まれました。

香水は苦手なので普段は付けないのですが、これはデパートの化粧品売り場の高級な香りがすると思いました。

付け始めはちょっとキツイかなと思っていたら、しばらくすると柔らかい甘めの香りに変わって来ます。

私の好きなタイプの香りなので、さすがはガガ様だと思いました。

これは、フローラルとフルーティの要素が入っているそうです。

都会に出た時にキレイなお姉さんとすれ違うと良い香りがする時があって、これ何の香りだろうとよく思っていたのですが、なかなか良い香りの香水と出会うきっかけのない私にとってはすごくステキな体験でした。

とても喜んでいます。

レディー・ガガ、初のフレグランス『レディー・ガガ フェイム』 世界先行限定発売


2013-03-16(Sat)

ニコンの企業活動を動画で紹介

ニコン チャンネルとは、株式会社ニコンのホームページに掲載されている企業活動について動画で紹介しているコーナーのことです。

ツアーテーマごとにピックアップしたページを横断しながら紹介してくれる「ニコンツアー」、小学生を対象にした自由研究、光の原理を知ろう、さがそう・かんさつしよう!などのコーナーがある「キッズアイランド」、果てしないものさしで極小世界から宇宙の果てまでを比較して理解出来るようにした「ユニバースケール」など見応えのある動画が満載です。

私は、ユニバースケールにとても興味を持ちました。

このスケールで見てみると、地球も私たちの存在も小さいものだな~って思ってしまいますね。

神秘的な音楽と共に、神秘的で美しい画像や説明を堪能することが出来ます。

すごく勉強になるので、時間のある時にゆっくり見てみると面白い発見がたくさんあると思いました。

動物や虫、細胞などの身近な情報やうんちくは、すごく楽しめるのでおススメのコンテンツです。

ユニバースケール
http://www.nikon.co.jp/channel/universcale/index.htm

これは、レビューブログから情報を頂きました。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


2013-03-16(Sat)

信長のシェフ 最終回

前回、放送がなかったのですね・・・

てっきり、録画ミスをしたとガッカリしていたのですが、良かったです。

帝の前で料理対決をすることになったケン(玉森裕太)と瑤子(香椎由宇)。

対決の結果によって、信長(及川光博)と石山本願寺の顕如(市川猿之助)のどちらか負けた方が、相手の提示した条件を飲む、という御前試合の内容に、ケンは自分が負けたら信長はここで死ぬのかと戸惑いを見せます。

だから、料理にいまいち身が入っていないのねw

そんなケンの様子を察した信長は、負けた時はこの信長がお主を切ると宣言していました。

思い悩むケンのところに、光秀(稲垣吾郎)がやって来て、戦国時代と平成の世を結ぶ道があると教えてくれます。

月が半分に欠ける晩、つまり御前試合の日に、その道は開き、それを逃がすと次に開くのは10年後だと言います。

その話を影ながら聞いているのは、お夏(志田未来)なのですね・・・

御前試合の内容は、菓子勝負のようです。

パティシエの瑤子の得意な分野ですね。

持って行ける材料は竹筒3本に入るものだけなので、ケンは手伝うと言ってくれている秀吉(ゴリ)に琉球焼酎を買って来てくれるように頼んで、京都出身のお夏は秀吉の買い出しに同行して、井上(きたろう)と一緒にバターを作ることになります。

ケンは、季節のスイーツをのせたタルトを作ろうとしているようです。

琉球焼酎も何とか見つかって秀吉が持って来てくれますが、お夏は寄るところがあると言って、光秀が言っていた祠を見に行って場所の確認をしていました。

いざ勝負の日、ケンを見た瑤子は動揺して泣いていました。

顕如に捨てられるとこの戦国時代を生きて行くのは難しいので、瑤子は従うしかないのでした・・・

瑤子が作ろうとしていたのは、タルトレットでした。

しかも土台は作って来ているのね・・・

その様子を見て焦るケンは、瑤子との過去を思い出します。

やはり彼女は恋人だったようです・・・

何歩も出遅れたケンですが、その時皆既日食が起こって、ケンは炎とみかんを使って見事なショーを見せてくれました。

ケンが作ったのは、温かなオシャレなクレープでした。

帝も寒い中待っていたのですが、気に入ってくれたようで、信長、顕如どちらも引き分けになります。

信長は、引き分けを狙っていたようです。

瑤子は勝負に勝てなかったことで、顕如に捨てられてしまいます。

お夏は、信長にケンと瑤子を平成の世に帰してあげてほしいと頼み込みます。

信長も未来には興味がすごくあって一緒に行きたかったようですが、顕如の手下たちに襲われるのね。

楓(芦名星)や加勢に来た信長の兵士たちのおかげで、その場は何とかなり、ケンと瑤子は平成に帰れることになりますが・・・

ケンは戻って来ました。

信長やお夏とまだまだ一緒にいたいみたいです。

そして、一人戻ったはずの瑤子も戻っていない??

戻って来たケンに対して、光秀は面白くないようです。

謀があるので、ケンが邪魔なようですね・・・

信長がケンばかりを可愛がるので、面白くないことも大きいようですがw

ケンは、信長の行く末を見届けたいと思っているみたいです。

【送料無料】 信長のシェフ Dvd-box 【DVD】

【送料無料】 信長のシェフ Dvd-box 【DVD】
価格:14,184円(税込、送料込)



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-16(Sat)

夜行観覧車 第9話

事件7日後、警察署の廊下で慎司(中川大志)は結城刑事(高橋克典)に、父・弘幸(田中哲司)を殺害したのは自分だから、母・淳子(石田ゆり子)を返してほしいと言い出します。

その話を結城刑事から聞いた淳子は、慎司に会わせてほしいと懇願しますがダメでした。

結城刑事は、淳子も慎司も犯人ではないと感じているようです。

慎司の兄・良幸(安田章大)と姉・比奈子(宮崎香蓮)は、慎司を引き取るために親戚の晶子(堀内敬子)の元に身を寄せることにしましたが、晶子のダンナから2、3日したら出て行ってほしいと言われてしまいます。

嫌がらせもたくさんあるみたいですし、晶子のお腹にはやっと授かった赤ちゃんもいるようなので、これは仕方ないかも・・・

そんな折、結城刑事から電話が入って、慎司の強い希望で、晶子の家ではなく児童養護施設に入ることになったと知らされます。

良幸は大学を辞めて働いて、妹や弟を養おうと決意しますが、結城刑事から大学は出て後悔しない道を歩むように諭されていました。

一方、彩花(杉咲花)は、自分を殺そうとした母親・真弓(鈴木京香)と一緒にいたくないので学校へ行きますが、志保(吉田里琴)たちにいじめられて、よろけた彩花はジュースを志保のスカートに掛けてしまいます。

そのことで帰り道で志保に、川に彩花のバッグを投げ捨てられてしまいます。

拾うように強要する志保の言うがまま川に入って行く彩花・・・

そこに、車で真弓が通り掛かって、彩花の姿を見てビックリして、慌てて川に入って行きます。

志保は取り繕おうと真弓に話しかけようとしますが、真弓はそれどころじゃないので聞いていません。

この件で、彩花の心も少しは解けて来たのかな。

作ってもらったおかゆに対してお礼も行っていました。

真弓と啓介(宮迫博之)は、良幸たちが帰って来られるように、さと子(夏木マリ)が貼った中傷ビラを剥がしてキレイに掃除をしていました。

そこに、良幸と比奈子が帰って来て一緒に掃除をします。

そこへ彩花もやって来ますが、彼女はそのまま立ち去ります。

どこへ行くのかと思ったら、比奈子の何か言おうとした顔を見て、以前、友達も何もかも失ったと言われたことを思い出して、比奈子が通っていた学校へ行って、比奈子の友達を探します。

そして、比奈子の友達を連れて来てくれました。

みんな、心配はしていても怖くて連絡出来なかったようです・・・

仲直りして喜ぶ比奈子を見た彩花は、みんなと一緒に掃除を始めます。

キレイになった家に戻った良幸は、比奈子に高橋家の秘密を話したようです。

そして、翌日良幸はマスコミを呼んで、この高橋家の秘密を話すことにしたようです。

秘密って何??

誰が弘幸を殺害したの??



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-15(Fri)

-196℃ ROCK STYLE

4093_item_20130228_205544.jpg

モラタメさんより、

サントリー -196℃ ROCK STYLE2種2本セット500名にモラえるとのことで申し込んでみました。

これは、氷を入れたグラスに注ぐだけで、-196℃製法による果実まるごと美味しさをロックで楽しめるフレーバーウォッカだそうです。

ドライレモンとグレープフルーツとあるので、なかなか楽しめそうだと思いました。




2013-03-15(Fri)

絶園のテンペスト 第22話

愛花(CV:花澤香菜)と真広(CV:豊永利行)は、両親の再婚で兄妹になったようで、初顔合わせに真広は吉野(CV:内山昴輝)をご飯に誘って連れて来ます。

現在に戻って来た葉風(CV:沢城みゆき)は、過去に居た時に不破家のお墓に愛花の手紙を隠しておいたようで、左門(CV:小山力也)を連れて取りに行っていました。

そして、真広と吉野に本当のことを全部伝えていました。

もうひとつの何かが入っている手紙は、はじまりの樹を倒した後に読んでほしいとのことで、未だに開封はされていませんでした。

素直に納得する真広と吉野を後ろで一人話を聞いていためぐむ(CV:梶裕貴)は、どうしてそんなに簡単に納得出来るのかと真広と吉野を殴り付けますw

めぐむって、案外パワーあるんだw

吉野は変な骨が折れたようで、葉風に治癒魔法を頼んでいたくらいですからw

今、世界状況は、海に出現した御柱と言われるはじまりの樹の心臓部を守ることになったようです。

艦隊や調査船が御柱の周りを取り囲んでいます。

だから、はじまりの樹を倒そうとする者は、全世界を敵に回すことになるのね。

でも、本当ははじまりの樹を倒さないと数年後に文明は滅んでしまいます。

左門やエヴァ姐さん(CV:水樹奈々)たちは、いかに上手く事を運ぶかを考えていました。

でも、真広は妹の不始末は自分で何とかすると言ってくれていました。

吉野も彼氏として不始末を何とかするつもりのようです。

でも、2人共、なんの力もないただの少年なんですよね。

めぐむが一番頑張らないといけないのですが・・・

愛花と真広、吉野が初めて会った時、愛花は2人を面白い人だと思ったようで、彼らといると悲劇も喜劇になると思ったようですね。

愛花の直感もあながち外れていないと思います。



アニメ ブログランキングへ


2013-03-15(Fri)

ビビッドレッド・オペレーション 第10話

黒騎れい(CV:内田真礼)は、示現エンジンで滅んでしまった並行世界を取り戻すために、最後のチャンスに臨もうとしていました。

残りの矢を全部アローンに与えて、今度こそ悲願達成を目論みます。

その前に心残りになると嫌なので、一色あかね(CV:佐倉綾音)のところに彼女が作ったトマトをダメにしてしまった謝罪に訪れていました。

れいが訪ねて来てくれたことを喜ぶあかねは、一緒に晩御飯を食べようと誘います。

あかね・・・屋根の修理も自分でするのねw

れいもあかねのペースに巻き込まれています。

今日は月に1回のハンバーグの日なので、ご馳走デーなのね。

お母さん直伝のハンバーグを作るのは、当然、妹のもも(CV:大亀あすか)なんですけどねw

マヨラーのあかねは、マヨネーズたっぷりのトマトやハンバーグをれいに勧めます。

案外、美味しかったようで、れいも嬉しそうでした。

折角のマヨネーズが切れてしまったので、ももが地下室に探しに行ってくれている間に健次郎じいちゃん(CV:てらそままさき)の発明品(どう見ても掃除機にしか見えないw)でマヨネーズを作ることに・・・

大爆発を起こしていましたw

マヨネーズまみれになったあかねとれいは、お風呂に入って、そのままれいはお泊りすることになります。

れいは、あかねに4色の光について尋ねていましたが、あかねには本当のことが言えませんでした・・・

今回のことで、れいはあかねに友情を感じたみたいでしたが・・・

四宮ひまわり(CV:内田彩)の発見で、今までアローンに力を与えていた矢や人物を確保する方法を健次郎じいちゃんたちが考えていました。

幸か不幸か、れいは軍に捕まり、あかねはれいに正体を知られることになり、嘘つきと連呼される羽目になってしまいます。

あかねはれいを監視していたわけじゃないし、敵がれいだと知ってあかねもすごくショックです・・・



アニメ ブログランキングへ


2013-03-15(Fri)

最高の離婚 第10話

光生(瑛太)・・・真剣に仕事をしているのは良いけど、フェリーと一緒に旅立ってどうするw

灯里(真木よう子)が妊娠したことを知った光生は、結夏(尾野真千子)に電話を掛けます。

どうでも良いような話を長々としていましたが、最後に灯里のことを結夏に打ち明けます。

結夏は、光生に父親になったら良いと言い出しますが、光生は結夏が子供がほしいと言った時に拒絶したことがあったので、それは彼女に対する裏切りだと逆切れし始めますw

翌日、結夏は仕事を探しにハローワークへ行った帰りにバイトも探していて、メイドカフェでしっかり断られていましたw

そんな時、結夏はスカウトマンらしい都並(佐藤祐基)から声を掛けられます。

結夏に女優にならないかと勧めていますが、よくよく話を聞くとAV女優ですよねw

いかがわしいDVDを見せられた結夏は、慌てて逃げて行きます。

一方、灯里の件で諒(綾野剛)に会いに行った光生は、灯里のことを話そうとしますが、彼は相変わらず女子大生たちとカラオケに来ていて、ものすごい騒音で話どころじゃありませんでした。

そして、諒から光生は憎まれているようで、お互いに憎悪が湧いた瞬間、諒はマラカスで光生はタンバリンで頭を叩き合っていましたw

結局は言い出せないまま、帰ることになったようで・・・

その帰り道で灯里と会った光生は、彼女を家に招きます。

灯里は光生に「嘘をつかない人と一緒にいると、ほっとする」と言って、さらに「子供を産んで育てることにした」と告げていました。

子供は自分一人で育てるつもりのようです。

それを聞いた光生は、また諒を大学まで訪ねますが、彼は酔っぱらって木に登って落ちて骨折したようです。

病院まで行った光生は、またしても看護師さんや女子大生に囲まれる諒を見てゲンナリしますw

そして、とうとう光生は諒に子供が出来たことを伝えるのね。

諒は、病院のスリッパを履いたまま、灯里のところへ押しかけて行きます。

諒は、灯里と子供と3人でここで暮らして行きたいと、灯里に許しを乞いますが、灯里は面倒臭いと思っているようで、後で電話すると言っていましたw

結局は、現実を考えて灯里は諒と寄りを戻すことにしたようです。

灯里は、お祝いの席で光生と2人きりの時にそう伝えていました。

今はまだ光生の方が好きなので、ずっと以前の仕返しに本当のことを伝えたようです。

光生は頼りにしていた亜以子おばあちゃん(八千草薫)が河口湖の長男さんのいるところへ行ってしまうようで、かなり寂しいようです。

家でもいない結夏に向かって話し掛けていましたw

結夏は、御厄介になっている友達と何故か都並と一緒にクラブに行っていました・・・



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-14(Thu)

苑華グルコサミンゼリー トライアルパック

苑華-SONOKA-ファンサイト参加中

グルコサミン1

この度は、株式会社HBカンパニーさまの苑華・グルコサミンゼリートライアルセットをお試しする機会に恵まれました。

味もグレープ、アップル、オレンジとあって美味しいので飽きさせないです。

ゼリー状なので、つるつると入るので口にしやすいです。

グルコサミン2

通常のグルコサミンの3倍のサポート力のあるN-アセチルグルコサミンが配合されているそうです。

これは吸収率の優れたヒアルロン酸の主成分だそうで、なめらかな動きをサポートしてくれるものだそうです。

私もいい年なので、このような成分もどんどん体内に入れていかないといけないかなと思いました。

美味しく毎日摂取出来るのは、ありがたいと思います。

株式会社HBカンパニー


2013-03-14(Thu)

ミリオンストアの緑黄色野菜ジュース

ミリオンストアとは、野菜ジュースと健康食品の通販サイトのことです。

ショップチャンネル内の動画を見て、緑黄色野菜ジュースのことがよくわかりました。

どうやってジュースが出来るのかが目に見えてわかると安心出来ますね。

たくさんのニンジンが使われているのに、そんなにニンジンの味がしないらしいことも良いなと思いますね。

これなら、野菜が嫌いな子でも大丈夫そうな気がします。

10種類の野菜を凝縮してピューレ製法でポタージュのように濃いジュースなので、健康と美容に良さそうだと思いました。

クランベリーライト&ブルーベリー 通販にも興味津々です。

ブルーベリーを70個も使われていて、アントシアニンをしっかり含まれているので、目の健康に良さそうだと思いました。

サイト内には、料理店のシェフ・フードコーディネイター・主婦から提供された野菜ジュース レシピが掲載されているので、色々料理にも使うことが出来るようです。

色んな応用が利くと便利だと思いました。

これは、レビューブログから情報を頂きました。

野菜ジュース

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


2013-03-14(Thu)

新世界より 第23話

東京は魔都と化していますね。

やはり、人が住む町より外にはみんなの負の呪力が漏れていて、それが良くない現象を引き起こしているのかも。

早季(CV:種田梨沙)たちは、恐ろしい虫たちが蠢く洞窟の中を進んでいました。

奇狼丸(CV:平田広明)の案内で、進んで行っていますが、野狐丸(CV:浪川大輔)たちが追って来ていると言われているので、みんな必死です。

その中でも、乾だけは奇狼丸を完全に信用していないようです。

奇狼丸は、どうして部下を引き連れて東京へ来たのか、腑に落ちない部分が多いようです。

鈴虫かと思っていたのは、ゴキブリなのねw

ミノシロモドキは、早季たちの疑問に一つずつ答えてくれるみたいです。

覚(CV:梶裕貴)から、電池が切れるからあまり起動させないように言われていました。

地下の川に出た早季たちは、奇狼丸の提案で、2手に別れて、囮になる方と潜水艇を取っ来る方に別れることになります。

早季と乾は、潜水艇を取りに行く方になりますが、夜の海にいるのは巨大なムカデのようなゴカイw

既に私にとっては、見事なホラーですw

潜水艇でサイコバスターを取りに行く早季と乾ですが、ミノシロモドキは乾の呪力で再起動完了しました。

乾は、サイコバスターがある研究所の入口のところで、ゴカイの犠牲になりましたw

早季は泣きながらも、ミノシロモドキを抱えて、研究所に入って行って、首飾りのようなサイコバスターを見つけます。

一人で地上に出た早季の前に、いつも声だけ聞こえていた瞬(CV:村瀬歩)が姿を現します。

彼は生きているの??

それに、悪鬼の子供のことを悪鬼ではないと言っていました。



アニメ ブログランキングへ


2013-03-14(Thu)

たまこまーけっと 第10話

文化祭の季節がやって来ました。

たまこ(CV:洲崎綾)たちのいるバトン部は、部長のみどり(CV:金子有希)の引きの強さでゴールデンタイムを引き当てます。

良いステージにしたいと張り切る部員たちですが、選曲とダンスの振り付けはみどりが担当することになって、たまこたちが衣装を担当することになります。

張り切って引き受けたまでは良かったのですが、みどりにはダンスの振り付けがまったく思い付きませんでした。

焦って悩んで、衣装のデザインに逃げていましたw

衣装のデザインは、みどりのものが採用されていましたが・・・

みどりは信彦おじいちゃん(CV:家中宏)のお店に行って、知ってか知らずかおじいちゃんにハッとするようなことを言われていました。

素直に謝った方がいいよね。

とうとう知恵熱を出して、学校まで休んでたまこたちに心配を掛けていました。

豆餅を持ってお見舞いに来てくれたたまこ、かんな(長妻樹里)、史織(山下百合恵)に、みどりはとうとう無意識に泣き出して、どうしても振り付けが出来ないことを告白していました。

一緒に来て、ダンスを踊ってくれていた鳥(CV:山崎たくみ)もみどりの涙にはビックリです。

衣装をメインで作ってくれたのは、チョイ(CV:山岡ゆり)ですね。

バトン部のダンスは好評のうちに終わりました♪

チョイはたまこの香りと彼女の首にあるホクロを見て、彼女が王子(CV:下野紘)のお妃になる女性だと感じたようです。

たまこの前で跪くチョイ・・・たまこはどうするの??



アニメ ブログランキングへ


2013-03-14(Thu)

相棒season11 第18話

右京さん(水谷豊)は、警察庁の次長・甲斐峯秋(石坂浩二)に呼び出されて自分の誕生日のお祝いにもらった饅頭の処分を頼まれます。

次長に、右京さんは行きつけのお店・花の里のことを聞かれますが、そのまま帰ってしまいます。

次長のあの顔w

右京さんは、花の里の店の前で自らを「家出少女」と名乗る少女(中山凛香)と出会い、享(成宮寛貴)と共に、彼女を自宅のマンションまで送ります。

少女はすぐそこだからと自宅のマンションに走って行ってしまい、セキュリティの万全の玄関の中で右京さんたちに手を振ります。

振り返ると、右京さんは不審な一軒家を見つけます。

その家は夜にも関らず玄関のドアは開いたまま、カーテンも閉められていないし、開いている窓もあって不用心です。

家人は不在で、近隣の聞き込みで江美子(左時枝)という老婦人が一人で住んでいることがわかります。

同じ頃、ある夫婦から12歳の誕生日を迎える息子の隼人(加藤清史郎)が家に戻らないと、交番に連絡が入ります。

一方、伊丹(川原和久)たち捜査一課は、強盗殺人容疑で指名手配されている大場(榊英雄)を匿っていた恋人の咲子(中村真知子)の自宅へ向かっていました。

だが、自分の勤める店にまで手配書が回って来たことで、咲子に大場は追い出された後でした。

江美子の失踪、隼人の行方不明、強盗殺人容疑者の逃走・・・

一見、関係ないように思われる3つの事件は、見事に繋がっていたのでした。

享は、右京さんから呼び出される前に、鑑識課の米沢(六角精児)から全身ずぶぬれの男がバイクに轢かれた写真とその男が所持していた奇妙なクリームを見せられていました。

そのクリームは、非常に不味かったようです。

江美子は隼人の卓球の先生だったみたいで、隼人は江美子と一緒にそのクリームを作っていました。

そこへ、江美子の元教え子だった大場が訪ねて来ます。

江美子は、大場にお金を渡して外へ出して、その隙に警察へ連絡しようとして、大場に首を絞められてしまいますw

隼人は脅されて、死んだと思われていた江美子を彼女の軽自動車まで大場と一緒に運んで、山奥に連れて行かれてしまいます。

大場も根っからの悪人ではないみたいで、息を吹き返して隼人を助けようとした江美子を殺すことはしませんでした。

隼人がクリームと一緒に持っていた手紙を読んだ大場は、自分のことを黙っているなら見逃すと言っていましたし。

隼人は、難病の因子を持っていて、12歳まで発症しなければ無事に成長すると言われていたようです。

無事に12歳の誕生日を迎えた両親と隼人にとって、今日は特別な日だったようです。

隼人にはお姉さんがいたようですが、難病が発症して亡くなってしまったようです。

江美子に言われて一人で逃げ出した隼人は、落としたクリームを拾おうとして川に落ちてしまいます。

それを見た大場は、やはり隼人を助けてくれていました。

そして、公道に出て、通り掛かったバイクに助けを求めようとして撥ねられたようです。

右京さんの前に現れた「家出少女」は、隼人のお姉さんだったようですね。

隼人の危機を察知して、右京さんたちを江美子の家の前のマンションに連れて行ったようです。



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-13(Wed)

サキ 第10話

妻・恵(富田靖子)にイヤリングを見せられた須藤(高嶋政伸)は、サキ(仲間由紀恵)に嵌められたと悟ります。

自宅を飛び出した須藤は、サキの自宅のインターホンを押して、理由を問い詰めます。

サキから発せられた言葉は・・・

どうやら須藤は、サキが言っていた母を殺した5人の男のうちの一人のようです。

しかし、須藤には心当たりはまったくありませんでした。

サキのマンションから出て来た父を見た和繁(庄野崎謙)は、病院にサキを訪ねて行きます。

ここでも見事にサキの術中にはまってしまう和繁の姿がありました。

怒った和繁は帰宅するなり、父親を殴り飛ばします。

問い詰める和繁の言葉で、あのイヤリングがサキの物だと知った恵は、サキのマンションに押しかけて、インターホンを鳴らしまくりw

入口が開いたことで、恵はサキの部屋に傾れ込んで、彼女の首を締めます。

次は包丁ですかw

ここでも、恵もサキの言葉に惑わされるのねw

翌朝、サキと一緒に朝食を食べた恵は、憑き物が落ちたような清々しい顔をしていました。

そして、離婚届にサインして家を出るのねw

須藤は恵とオーロラを見に行こうと思ってパンフレットをもらって来ていましたが、離婚届を見て我を忘れて暴れて自宅を放火ですかw

サキの思惑通り、須藤家はめちゃくちゃになっていました。

一方、直美(内田有紀)、利也(石黒英雄)、隼人(三浦翔平)は、隼人の母・明美(朝加真由美)と中川(姜暢雄)、野村(萩原聖人)、本田(岡田義徳)の接点を調べていました。

どう考えても接点などありませんが、明美が倒れた場所の近くに中川、野村、本田の3人がいたことが判明していました。

そして、隼人は運び込まれた医師の言葉で、自分が母親を殺してしまったのではないかと気付きます。

どうやら、隼人が子供の頃、母から移植を受けていたことがあったようです・・・

隼人は、そのことをサキの携帯の留守電に入れていました。

サキが本棚の奥から手にした液体は、もしかしなくても毒??



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-13(Wed)

ラストホープ 第9話

卓巳(相葉雅紀)は、要人の町田(中原丈雄)が特別室に入院していることを、鳴瀬(高嶋政宏)から聞きます。

町田は世界的な大企業を作り上げた人物で経団連の理事でもあるそうです。

難治性腫瘍によるすい臓がんを患う町田の治療プランを、各科を挙げて探ったようですが、決定的な治療法が見つからなかったために、高度先端医療センターに引き継がれたようです。

町田には、彼の次男で会社の経営に加わっている恵介(石田卓也)が付き添っていました。

家族の意向で、本人にはがんだと言うことを知らされていないようです。

卓巳たちは、恵介を呼んで治療プランを説明しますが、そこには町田の長男・真一(要潤)も遅れて同席していました。

彼は学校の先生をやっているみたいです。

どうやら、恵介は町田の養子で、真一は実子のようですが、真一と町田の親子関係は破綻しているみたいです。

なので、真一は町田の治療プランにまったく興味を示しません。

折角、卓巳が会議の席で食べていたスイーツから治療法のヒントを得たのに、病院側は高度先端医療センターではなく、各科のプロを招集して手術をすることになってしまいます。

鳴瀬と卓巳の本当の母親ではないかという女性との関係・・・

卓巳は、鳴瀬と一緒にいた子供の抱いた女性のお腹が大きかったという証言を聞いて、斉藤家には子供は一人しかいないはずだと疑惑を抱きます。

副島(北村有起哉)は、なかなか降りない治療法や薬の認可を何としても早く認めさせたいようです。

高木(田辺誠一)や古牧(小日向文世)に協力を求めていましたが・・・

雪代(小池栄子)は息子のことを興信所を使って色々調べていたようですが、息子が幸せそうにしていると聞くと調査を打ち切っていました。

歩美(多部未華子)は、もうそろそろ行方不明の父親と再会出来そうな雰囲気ですが・・・



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-12(Tue)

魔法石 パズドラ・コルクマット・バイナリーオプションで稼ぐ

パズドラの魔法石をタダで増やす方法では、無料で魔法石ゲットの裏技を公開しています。

魔法石 パズドラとは、RPGとアクションパズルを融合させたゲームだそうです。

この中で、レアガチャを回すのに必要な魔法石は普通にプレイしているだけではなかなか貯まらないそうです。

そんな時におススメの裏技があるみたいなので、ぜひこちらで習得して無料でゲームを楽しんで下さいね。


コルクマットランキング!口コミで人気のコルクマットの激安通販では、クチコミで人気のコルクマットを安く通販しています。

歩きやすくて、保温性も吸音性も高いので、赤ちゃんのいる家庭でも、ペットがいる家庭でもすごく好評のようです。

フローリングの部屋に敷いておくと、すごく便利に使えそうだと思いました。

安いのなら、我が家でも猫のためにほしいですね。


バイナリーオプションで稼ぐために知っておくこととは、金融先物取引の1つであるバイナリーオプションで稼ぐための取引のコツと入門情報のサイトのことです。

ルールが簡単で気軽に出来る取引だからこそ、場数をこなしてある程度流れのパターンをつかめば、おのずと興味が出てきて自分でいろいろと相場について勉強するようになる人が多いようです。

投資というよりは、ギャンブルに近い感じはしますが、ルールが簡単なのは入りやすいかなと思いました。

ここのサイトで色々勉強すると役立つことがたくさんあると思います。


2013-03-12(Tue)

ビブリア古書堂の事件手帖 第9話

栞子(剛力彩芽)と大輔(AKIRA)は、大輔の勉強のために定休日には古書店巡りをしていました。

ある日、写真集専門の古書店へ行った時にギャラリーを併設したその店で2人が写真を見ていると、高坂晶穂(矢田亜希子)が声を掛けて来ます。

晶穂は、大輔の高校時代の同級生で、元恋人でした。

大輔は気まずい空気の中、栞子に晶穂を紹介していました。

栞子が古書店を営んでいると話すと、晶穂は探してほしい絵本があると頼み込んで来ます。

本のタイトルも作者もわからないので、本の内容を聞くと、飼い主に捨てられた子犬とライオンが出会って、タヌキと一緒になかよしの家を作るといったものでした。

ヨーロッパでは、なかなかタヌキはメジャーな生き物ではないので主人公になることはないと栞子は言ってしましたが・・・

またしても大輔は、晶穂に振り回されることになります。

晶穂と母親(かとうかず子)の関係は悪くて、出来れば会いたくないらしいのですが、彼女の部屋にあるものを全部処分すると言われてしまったので、家に行かざる得なくなります。

一人で行くのは嫌なので、栞子に付いて来てほしいと頼みます。

もしかすると、実家にその絵本があるかもしれないと晶穂は言っていました。

栞子もその絵本には興味があるみたいですし、大輔も当然一緒に来てくれますね。

しかし、肝心の本はありませんでした。

でも、母親からいらない本を持って行ってほしいと言われて、買取業務をこなす栞子と大輔w

大輔が母親のところに売り上げ金を届けに行った時に、晶穂が犬を拾って飼っていた小屋のことを「なかよしの家」と言わずに「ともだちの家」と言ったり、その犬の名前を覚えていたり・・・

お母さん、言い方は意地悪いけど結構、晶穂のことをちゃんと見ているじゃないですか。

栞子はその言葉で、晶穂が探していた本が、あのチェブラーシカの原作本だと気付いたようです。

晶穂がタヌキだと思っていたのは、チェブラーシカだったのですね。

寂しい動物たちがみんなで家を作る・・・家が出来た時にはみんな寂しくはないですね。

晶穂は、新進気鋭のカメラマン・野上(望月章男)と結婚するみたいです。



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-12(Tue)

ハンチョウ6~警視庁安積班 第9話

外務大臣の警護に借り出されていた尾崎(小澤征悦)が戻って来ました。

いつも定時に帰宅している久米島課長(升毅)とバッタリ鉢合わせしていました。

久米島課長は誰かに電話を掛けようとしていたようですが、尾崎の姿を見つけると慌てて辞めていました・・・

押上分署に戻って来た尾崎を安積(佐々木蔵之介)、沙緒里(比嘉愛未)、小池(福士誠治)が大歓迎します。

再会を祝って飲み会を開こうとしていた時、久米島課長が狙撃されたとの知らせが入ります。

久米島は重症で、生死の境を彷徨っている状況で、安積はすごく心配していました。

お医者さんから家族に連絡を取った方が良いと言われて、沙緒里に連絡を取ってもらおうとしますが、久米島課長には家族がいないようです。

今まで定時に帰っていたのは一体・・・

事件現場は、久米島が一人で居たバーから数百メートル離れた場所で、従業員の話では、久米島は誰かと待ち合わせをしていた様子でしたが、電話で会話した後に店を飛び出して行ったと証言されます。

捜査本部が置かれ、陣頭指揮を執る中西管理官(石橋保)は、久米島課長の身内になる安積たちを捜査から外した上で、一刻も早い摘発に向けて全力を尽くすように捜査員たちにげきを飛ばします。

でも、川口刑事部長(里見浩太朗)の意向は、久米島課長が追っていた案件は、安積たちに任せるとのことでした。

真山捜査一課長(高島礼子)は、安積たちを信じて中西管理官を抑えていました。

久米島課長が追っていたのは、15年前の1億円強奪事件でした。

犯人は、20代中盤の赤いジャンパーを着た男・・・

こう証言したのは、犯人に腕を撃たれた銀行員・今は老舗呉服屋の主人となっている坂木治郎(榊英雄)でした。

容疑者として、現在は区議会議員となっている平沼和夫(影丸茂樹)が浮上していました。

当時、彼は経営していた工場が負債を抱えていましたが、事件後1億円の負債を返済したと言います。

意識不明の久米島課長の周りを心配そうにうろつく寺田巡査(林家正蔵)は、実は密かにこの事件の捜査を手伝っていたのでした。

鑑識課の調べで、久米島課長を狙撃した銃は、70年前の戦時中に軍隊で使われていたものだったようです。

保存が良ければ、今でも使えるような。

坂木の祖父は、軍人だったようですね・・・

安積は、寺田から久米島が街全体で嘘をついていると言っていたということ、平沼や坂木たちが入っていた草野球チームの押上リバースに裏の顔があるのではないかと言う疑惑・・・

安積は、自分たちがいつも行っているおでん屋の主人・徳吉(金田明夫)も押上リバースにいたことを知って・・・

昼行燈だと思っていた久米島課長に急にやり手刑事の顔が出て来ました。

次回が楽しみな展開です。



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-11(Mon)

とんび 第9話

ヤス(内野聖陽)のところに、旭(佐藤健)から「結婚したい人がいるから会ってほしい」と電話が掛かって来ます。

相手の女性が旭より少し年上で、慶応大学を卒業したと聞いたヤスは、たえ子(麻生祐未)や照雲(野村宏伸)たちに自慢します。

ヤスはきっと妻の美佐子(常盤貴子)に似た女性に違いないと思い込んでしまい、上機嫌でした。

たえ子からは、「やって来るのは旭のお嫁さんで美佐子ちゃんじゃない」と言われていたんですけどねw

しかし、旭の帰省当日、町の人をあげて歓迎していましたが、旭と一緒に現れた由美(吹石一恵)の年齢が予想以上だったことと、美佐子にも似ていないことで、目も合わせてくれないほど機嫌が悪くなってしまいます。

その上、由美に離婚経験があり、子供もいることを知ると、ヤスは猛烈に結婚に反対します。

ヤスと言い争いになった旭は、由美を連れて東京に帰ってしまいます。

婚姻届の保証人には、由美のお父さんにサインをもらうことにしていましたが、由美は旭たちに黙ってヤスに会いにやって来ます。

保証人になってほしいと婚姻届をヤスに差し出しますが、ヤスは婚姻届を食べてしまいますw

これが、ヤスのバカを甘く見ると言うことみたいです。

ヤスは葛原の嫁(橋本真実)にご飯を食べさせてもらっている時に孫と遊ぶ嫁の姿を見て、ちょっと羨ましいのかな・・・

ヤスもすぐに頭に血が上るようで、ちょっと冷静になった時には、多少は後悔しているのかも。

たえ子の店で、由美と会ったヤスは、由美と自分の妻・美佐子が全然似ていないと言うと、由美は旭にはお母さんの記憶がないので、それは無理ではないのかと言い返します・・・

そこに、旭が由美の息子を連れてやって来ます。

照雲は、旭に子供を連れて来るのは卑怯だと言い、自分の妻・幸恵(加藤貴子)に子供を外に連れ出すように言って、旭に改めてこの結婚に反対すると言い出します。

これはヤスの性格を知っている照雲のお芝居ですね。

引っ込みのつかなくなったヤスに本心を語らせるために・・・

見事に功を奏して、旭と由美の結婚を認めるヤスなのでした。

しかし、ヤスの身に大変なことが起きてしまいます。

葛原の嫁が孫を仕事場に連れて来ていて、大昔、旭と美佐子が遭遇した事故がまた起こってしまいます。

子供を庇ったヤスが荷物の下敷きに・・・・



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-11(Mon)

マギ 第22話

すべて一人で抱え込んでもがいていた白龍(CV:小野賢章)ですが、アリババ(CV:梶裕貴)の言葉を聞いて一緒に戦う決意をします。

今までバラバラだった4人ですが、一丸となってザガン攻略に挑みます。

今までみんなの前に出て来ていたザガンは偽物だったようで、本体は宝物庫にいるみたいです。

今回はモルジアナ(CV:戸松遥)が大活躍です。

腕に付けた金属器の力を使えるようになりました。

偽物のザガンを見事に退けますが、力の使いすぎで彼女のマゴイが残り少なくなってしまって、ボロボロです。

モルジアナは、やっとみんなと戦えると喜んでいましたが・・・

一方、シンドリア王国にジュダル(CV:木村良平)がやって来ます。

さすがマギなので、ヤムライハ(CV:堀江由衣)の結界を簡単に破って来ました。

アラジン(CV:石原夏織)はマギですが、世界にマギは3人しかしないはずだそうです。

だから、4人目のアラジンの存在はイレギュラーなのですね・・・

アル・サーメンのおやじたちは、アラジンのソロモンの知恵とアリババの命がほしいみたいですw

シンドバッド(CV:小野大輔)が彼らをザガンに行かせたのは、アル・サーメンの魔の手から逃がすためだったようですが、ザガンにもアル・サーメンの面々が忍び込んでいます。

【送料無料】マギ 10 [ 大高忍 ]

【送料無料】マギ 10 [ 大高忍 ]
価格:440円(税込、送料込)



アニメ ブログランキングへ


2013-03-10(Sun)

八犬伝-東方八犬異聞- 第10話

教会で病気に悩む信者の額に香油を塗る荘介(CV:日野聡)と莉芳(CV:神谷浩史)を座って眺めている信乃(CV:柿原徹也)の姿がありました。

荘介は、莉芳から呼び出されて今回の仕事を頼まれましたw

そこへ、金色の瞳をしたキレイな女性・琥珀が現れます。

彼女は信乃の隣に座って、自分にはあの香油を塗ってもらう列に並ぶ資格がないと言っていました・・・

そんな琥珀に信乃は、教会のペンダントを渡して祈りを捧げるのでした。

琥珀の仕事は、男の人に身体を売っているの・・・?

そして、咳き込んで血を吐いていたので、多分余命もそんなに長くはないみたいです・・・

市街地を歩いていた毛野(CV:三宅淳一)は、とうとう捜していた自分の心臓を奪って家族を殺した男を見つけます。

どうやら、相手は荘介の影のようですね。

本来は明暗一体で、一人の人となるみたいですが、何故か荘介は一部が欠けたまま生きているみたいです。

信乃が生きるように強く望んだから?

信乃は何も覚えていないようですが、影はしっかり信乃から言われた言葉も覚えていました。

影は、琥珀と取引して、彼女の瞳をもらう代わりに1週間だけ命を延ばしたようですが・・・

影と一緒にいるシスターは何者??



アニメ ブログランキングへ


2013-03-10(Sun)

泣くな、はらちゃん 第8話

はらちゃん(長瀬智也)たち漫画世界の住人がずっと現実世界で生きて行けるように、越前さん(麻生久美子)はノートを封印します。

越前さんの弟のひろし(菅田将暉)にはひどい目にいつも遇わされているので、特に彼には触れないように注意書きがありましたw

はらちゃんたちは、とりあえず越前さんの家に御厄介になることになります。

そして、現実世界でしてみたいことについて夢を膨らませていました。

でも、さすがにみんなに好き勝手に外を出歩かれると困るので、越前さんは自分が戻るまでは家から出ないように言い聞かせて、自分はかまぼこ工場に仕事へ向かいます。

一方、清美(忽那汐里)と田中くん(丸山隆平)は、一緒に仕事へ向かっていました。

清美は自分が好きなマキヒロ(賀来賢人)が漫画世界の住人だと知っていますが、田中くんは一目惚れしたユキ姉(奥貫薫)が漫画世界の住人だということにいまひとつピンと来ていないようです。

その日、越前さんはスーパーから大きな注文を受けます。

でも、そんな日に限って、清美、田中くんの社員以外のパートさんたちはみんな休暇を取っていました。

きっと撮影現場をみんなで見に行っているんじゃないかと田中くんは言っていましたw

3人だけでは仕事が捌けないので、越前さんははらちゃんに助けを求めます。

初めはどうなることかと思いましたが、時間に追われて切羽詰まった越前さんを清美が歌っていた歌の歌詞を変えたものをはらちゃんが歌って、みんなも一緒に歌ってくれて、その場が和みます。

何とか仕事は間に合いました。

越前さんは、はらちゃんたちにバイト代を払っていました。

みんな大喜びで、5000円を持って飛び出して行きます。

越前さんは心配なので、清美と田中くんにみんなと一緒に行ってくれるように頼んで自分は後片付けをしていました。

はらちゃんは、越前さんにバレンタインチョコのお返しに箱一杯のキャンディを買っていました。

パートリーダーの百合子さん(薬師丸ひろ子)は、やはり矢東先生でしたね。

彼女はスランプに陥って、漫画を描くことを辞めてしまったようです。

ユキ姉とは、その時に出会ったようです。

彼女は自分の神様である百合子を覚えていました。

自分を漫画の世界で殺したことも・・・

百合子さんから越前さんは、これからどうするのか聞かれていました。

越前さんは、今まで自分を助けてくれた漫画世界のみんなをこれからは自分が守りたいと思っているみたいです。



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-09(Sat)

夜行観覧車 第8話

真弓(鈴木京香)は、暴れる彩花(杉咲花)を突き倒して側に落ちていた唐揚げなどを彼女の口へ突っ込んで口を塞いでいました。

その様子に気付いてやって来たさと子(夏木マリ)は、真弓と彩花に驚いて声を掛けますが、真弓は気が動転していて気付かないので、慌てて防犯ブザーを家の中に投げ込みます。

やっと我に帰った真弓は、家の中に入って来たさと子に言われて、かなり動揺していました。

さと子も嫌みなおばさんだと思っていたら、考え方はまともなのね・・・

真弓はその夜、逃げてばかりのダンナ・啓介(宮迫博之)の会社へ行って、啓介に助けを求めていました。

ようやく、啓介も家族と向き合う気持ちが持てたようです。

一方、マスコミの目を掻い潜って、ひばりヶ丘の自宅に戻った良幸(安田章大)と比奈子(宮崎香蓮)は、自室にうずくまる慎司(中川大志)を見つけます。

良幸にすがって泣き出す慎司は、警察に行く前にどうしても話しておきたいことがあると言っていました。

どうやら、父・弘幸(田中哲司)は、良幸と比奈子の知らないところで、母・淳子(石田ゆり子)と慎司に暴力を振るっていたようです。

信じない比奈子に服を脱いで見せる慎司・・・

体中、痣だらけです・・・

一方、警察に拘留されている淳子の腕にも痣が・・・

これが事件の真相なのでしょうか・・・

良幸から警察へ行くことを警察と真弓のところへ連絡が入ります。

でも、迎えに来た警察より、マスコミの方が早く嗅ぎつけて来て、本当に迷惑ですねw

良幸、慎司、比奈子は手を繋ぎ合って警察の車に乗り込んでいました。

その様子を見守る真弓とベランダから心配気に見る彩花。

支え合える兄弟がいるということは、すごくありがたいことです。

慎司は、そう思える日が今日なのだと実感して、自分が父を殺害したと告白していました・・・



ドラマ ブログランキングへ


2013-03-09(Sat)

50代以上の女性の肌悩みのための美容液

私もそろそろ油断していられない年齢になりつつあります。

まだまだ大丈夫なんて思っていたら、大間違いな感じかもしれないですね。

50代以上の女性向けオールインワン化粧品・ヴィオール・ナチュレ オールインワン美容液という基礎化粧品を見つけました。

これは、キャビアを原料に、長時間続く潤いを実現して、年齢肌の悩みに応える、厳選した成分を贅沢に配合しているそうなので、原料にはかなり気を使っていると思いました。

確かに50歳を超えると、色んな面で足りないものが多くなるイメージがありますよね。

年齢肌対策(シミ、ハリ・弾力不足など)もしっかりしないと、後悔先に立たずなんてことにもなりかねません。

それにオールインワンの化粧品だと忙しい人でも簡単にケア出来るので、毎日きっちりお手入れが出来るから良いと思います。

最近では、奥さんやお母さんへの還暦 プレゼントとして、ここの公式サイトにアクセスして来る人が増えているそうです。

うちのダンナさんでは考えられないセンスの良さなので、ちょっと今から私のためにダンナさんに宣伝しておこうかしらと思いました。

これは、レビューブログからの情報を頂きました。

ヴィオール・ナチュレ

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


2013-03-08(Fri)

絶園のテンペスト 第21話

屋上で絶園の力を解放した愛花(CV:花澤香菜)と対峙する葉風(CV:沢城みゆき)ですが、愛花は話をするなら場所を変えた方が良いと言って、屋上から飛び降ります。

吉野(CV:内山昴輝)と同じ高校へ行きたいので、内申に響くことはしたくないのねw

川辺に来た二人は、話をして、愛花は今日自分が死ぬことを知ります。

真広(CV:豊永利行)にバカにされても、吉野とのデートの我慢して必死で勉強していたのは時間の無駄だったと言っていましたw

意外と冷静ですね。

愛花は、10歳以下の時に絶園の力に目覚めたみたいです。

だから、みんな自分を畏れることはあっても、親しくはなってはくれないと・・・

そんな自分を女の子扱いしてくれたのは、真広と吉野だけだったようです。

絶園の力は、文明や人類を滅ぼすはじまりの樹の力に対抗する唯一の力のようです。

葉風は自分が信じていたものを根底から覆されて、すごく驚いていました。

そして、愛花を殺したのは、彼女自身だったのですね。

自分が死ぬことで、物語が動いて行く・・・そして、吉野や真広を助けたいと・・・

葉風はそんなことはさせないと必死で魔法で対抗しますが、愛花もはじまりの樹から力をもらっているみたいで、彼女の方が力は上のようです。

葉風から吉野が泣いたことを聞かされた愛花は、グーで葉風を殴っていましたw

女の子の喧嘩じゃないけど、吉野が泣くのは嫌なのね・・・

めぐむ(CV:梶裕貴)は、愛花が突然亡くなってしまったので、彼女のバックアップとして目覚めたようです。

そして、愛花は死に、葉風に吉野と真広への手紙を託していました。

葉風は現在に戻って、自分のやるべきことをやろうとしているみたいですね。



アニメ ブログランキングへ


プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ ウェブ拍手
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天