2013-02-20(Wed)

ラストホープ 第6話

写真家の篠田(石黒賢)が、高度先端医療センターを訪れて来ます。

彼が重篤な脳腫瘍を患っていて、複数の病院で治療を断念されていました。

診察を始めた卓巳(相葉雅紀)は、篠田の目の異常に気付きます。

篠田は右目を失明して、左目もほぼ見えなくなっていると言います。

また、彼が余命2カ月と宣告されてから既に、1ヵ月が経過していました。

脳腫瘍を治せるのかと問う篠田に、歩美(多部未華子)は、完治は難しいと正直に告げます。

それでも余命を延ばすことは出来ると卓巳は告げます。

篠田は、命よりも写真家としての目を治療してほしいと2人に頼みます。

助からないのなら、写真家として最期を迎えたいと言うのが彼の希望でした。

歩美は脳の治療を優先するように会議で主張しますが、卓巳は篠田の希望が命ではなく目であることを考えていました。

副島(北村有起哉)に先端医療ではなく、前時代的な手術のことを聞いていました。

リスクが高いので、いつの間にか廃れてしまった術式のようです。

雪代(小池栄子)も相手の希望を叶える方に賛成のようです。

最期は目を選んで、写真家・篠田としてこの世を去ることになったようです。

歩美の写真を記念に撮影していました。

卓巳・・・お母さんが亡くなる前に彼に謝罪していた意味は??

彼は塾の講師をしている自分の本当の兄に会いに行ったこともあるみたいですね・・・

卓巳が波多野家に来たのは、どーいった経緯があったのでしょうか・・・



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-19(Tue)

まおゆう魔王勇者 第7話

極光島が奪還されることになりました。

若き冬寂王(CV:平川大輔)は、賄賂などの不正をなくして、正しく経済を発展させようとして頑張っているようです。

一方、魔王(CV:小清水亜美)、勇者(CV:福山潤)、女騎士(CV:沢城みゆき)の間には・・・

どっちが本妻でどっちが妾なのかw

魔王と勇者のデート中に、後ろに巨大イノシシを持って来る女騎士って一体w

剣術の稽古をしている勇者と女騎士。

稽古の後の水浴びをしている女騎士は色っぽいですw

魔王が発明したポンプは、すごく役立っていますね。

ワンコのような勇者を洗ってあげる女騎士・・・甲斐甲斐しいですね~。

勇者の髪質は、モフモフなんだそうだw

一方、魔王は一度、魔界に帰らないといけないみたいですね。

メイド長(CV:斎藤千和)と一緒に帰るようですが、戻って来るのは何カ月も先のようです。

勇者の部屋に夜這いに行く、魔王と女騎士。

あんな格好で、夜のお茶会はないでしょう。

魔王の提案は、ことごとく自分の都合しか考えていないので、女騎士は憤慨していましたw

結局は、勇者を真ん中にして3人で川の字になって手を繋いで寝ていました。

魔王は勇者に見送られて出掛けますが、自分の代理としてメイド姉(CV:戸松遥)に色々教え込んで、魔王の姿に変えられるようにリングを渡していました。

ちゃんと魔王は帰って来れるのかな・・・

それに、人間界では不穏な動きもありますし・・・



アニメ ブログランキングへ


2013-02-19(Tue)

ビブリア古書堂の事件手帖 第6話

何者かに石段から蹴り落とされた栞子(剛力彩芽)は、救急車で病院に運ばれます。

それでも歩くことは出来ないようで、車椅子を使っていました。

栞子は、大輔(AKIRA)に、病室に持ち込んだ金庫から太宰治の「晩年」を取り出すように頼みます。

そして、この本を狙う男に突き落とされたのだと明かします。

「晩年」は栞子の祖父の代から引き継がれている本で、作者の署名が入っていて、500部ほどしかない初版本の中でも大変希少なもののようです。

その存在を知った人物から、譲ってほしいというメールが何度も来るようになり、段々脅しのような文言が入って来るようになって、彼女は警戒していたようですが・・・

栞子の入院中に、大輔は一人でビブリア古書堂を切り盛りすることになります。

甘み処の店長・藤波(鈴木浩介)から、休んでいる余裕があるのかと言われてしまったのでw

大輔は本が読めないので、古書に対する知識もなく、大変苦労していました。

ネット通販は、せどり屋の笠井(田中圭)に頼んで処理してもらっていました。

そんな様子を見に、奈緒(水野絵梨奈)や差し入れを持って藤波が訪ねて来ます。

奈緒は、自分を振った男子が、他の子にもひどいことをやっていたようで、それが学校中に広まって、以来、彼は学校に出て来ていないとか。

この辺は、ミスリードですね。

藤波は情報通ですが、石段の下に倒れていた栞子の第一発見者でもあり、ちょっと行動が不審です。

そんな時、古書堂の玄関で放火未遂が発生します。

でも犯人を見たのは藤波だけだったので、大輔は藤波を不審に思い始めます。

次は本当に燃やされてしまいましたし・・・

危機感を覚えた大輔は、栞子に「晩年」を手放すように勧めます。

でも、栞子は手放すくらいなら殺された方がマシだと言って、大輔を驚かせます。

代々ビブリア古書堂に伝わる本で、世に出せば350万円は下らない品物なので、気持ちはわかりますが・・・

栞子は、犯人を罠にはめる作戦を思い付いたようです。

本物じゃなく、偽物を古書堂に展示して、ホームページで「晩年」を売ると広告を打つことにしたようです。

1日~2日の間が勝負だと言っていました。

大輔は、玄関先の灯油を掛けられた古書がダメになったので、新しく置く古書を文也(ジェシー)と選別していました。

そこにやって来た笠井は、志田(高橋克実)からある本の登場人物と同姓同名だと言われていました。

その本は短編作品だったのですが、本を読まないと言う笠井は、手に取ったその本を大輔たちが長編と短編に分けていた本の中の短編の方に置いていました。

今回は、大輔の推理が炸裂します。

栞子を蹴り落とした犯人は、笠井だったのですね・・・

笠井は大輔を振り切って、栞子の入院している病院へ・・・

大輔も後を追いますが・・・

「晩年」を手にして、屋上に隠れている栞子が危ない・・・



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-19(Tue)

ハンチョウ6~警視庁安積班 第6話

向島中央署押上交番の寺田(林家正蔵)の元に、小学生の翔太(杉浦諒祐)と悠太(井上福悠)兄弟が、落とし物のセカンドバッグを届けに来ます。

知らないおじさんに頼まれて、代わりに届けに来たと言っていました。

セカンドバッグの中身は、警察のマスコットキャラクターのストラップが付いた携帯電話だけが入っていました。

そして、その携帯電話が鳴って、電話に出た寺田の表情が一変します。

その後、押上分署の久米島課長(升毅)に「寺田が消えた」との連絡が入ります。

早速、安積(佐々木蔵之介)と小池(福士誠治)が押上交番に駆け付けます。

寺田と一緒に勤務している岡部(絲木建太)によると、午前8時15分ごろ、寺田が警邏用の自転車で慌てて飛び出して行ったきり、応答がないと言います。

押上分署では、久米島、安積、小池、岡部、そして向島中央署の地域課・冨坂課長(山中敦史)が、寺田についての対策を検討していました。

一方、寺田は携帯からの指示で色んな事をさせられていましたw

どうやら、一人息子を人質に取られているらしい。

安積たちが寺田の別居中の奥さんを訪ねて、心当たりを聞いていました。

犯人は一体・・・・

寺田のことを良く知っている人物で、彼の殉職したお父さんのことも知っている人物とは・・・

安積は、警察関係者が怪しいと思い始めます。

犯人は、まったくの逆恨みをした人物でした。

寺田に怒られて、警察を辞めた人物を久米島課長が探し出します。

久米島課長・・・昔は押上にいたのかな?

水沢先生(橋爪功)から、どこかで会ったことはないかと聞かれていましたし・・・



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-18(Mon)

必殺仕事人2013

江戸の町に、辻斬りが現れて、仕事人仲間の匳(田中聖)も被害に遭ってしまいます。

折角の仕事なのに、いつまで立っても現れない匳を心配するお菊(和久井映見)・・・

匳の分け前を横取りしようとした涼次(松岡昌宏)に怒っていましたねw

屋台船を舞台にした仕事は上手く完了しますが、そこに見知らぬ芸者姿の仕事人が混じっていました。

不思議な力を持っているようですね・・・

辻斬りの被害者は匳を含めて17人もいました。

すべて急所を外していて、誰も殺害されるまでには至っていませんでした。

本町奉行所や町人たちは「腕の悪い辻斬りの仕業」と推測していました。

匳の元へ向かった同心の渡辺小五郎(東山紀之)は、匳の傷跡を見て、17人も切りながら仕留めることが出来ない、辻斬りの腕の悪さに驚いていました。

でも、あと数センチずれていたら危なかったようですが・・・

その頃、江戸に誕生した小宮山診療処は、大勢の患者で賑わっていました。

辻斬りの被害者も次々に運ばれて、医者の勝之進(渡辺大)、助手の片岡悠馬(波岡一喜)たちは休む暇もなく、手当を続けていました。

そんな中、勝之進の父・泰山(里見浩太朗)は、診療処の規模を拡大しようと、回船問屋・辰巳屋(左とん平)に相談を持ちかけていました。

小五郎は、手にクルミを持つそば屋の坐坊(中村獅童)を見て、この前の流しの仕事人だと気付きます。

坐坊は、お金をきちんと届けてくれたお菊が気に入ったみたいです。

いい女だからと言うのが、一番みたいですが。。。

でも、坐坊は人とつるむのが苦手のようで、お菊に仕事料を一人占めしたいと言い出し、邪魔な小五郎たちを消すようなことを言って脅します。

でも、お菊は坐坊に殺されそうになっても怯みませんね。

ますます、お菊を気に入る坐坊なのでした・・・

匳は、涼次の作ってくれた薬湯を飲んで元気になったようで・・・あれってヘビだよねw

涼次は、しじみ売りの娘・志乃(桜庭ななみ)と知り合って、美味しいご飯を作ってもらっていました。

折角、仲良くなったのに、辰巳屋の密偵・玄幽(竹内力)に志乃が涼次を庇って殺されてしまいますw

志乃と悠馬は兄妹で、医者だった悠馬は医療ミスで地元にいられなくなって、腕のない医者・勝之進の助手をやっていたようです。

悠馬は、助手の言う名の小宮山診療処の影の医者だったのですね・・・

辻斬りは、そんな勝之進の腕を向上させるために泰山が行っていたようです・・・

でも、最後は泰山も勝之進もみんなに仕事を依頼されて、小五郎や涼次、匳に始末されてしまうのでした・・・・

黒幕の辰巳屋たちも坐坊によって、始末されていましたね・・・

こんな稼業だからとお菊が分け前を届けてくれました。

ますます、お菊を気に入る坐坊なのでした。

【送料無料】必殺仕事人2010&2012 [ 東山紀之 ]

【送料無料】必殺仕事人2010&2012 [ 東山紀之 ]
価格:6,615円(税込、送料込)



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-18(Mon)

とんび 第6話

ヤス(内野聖陽)は、家から通える地元の国立大学を受験すると言っていた旭(佐藤健)から、東京の早稲田大学を受験したいと言われます。

初めは旭が東京の大学を受けることを喜び、たえ子(麻生祐未)や照雲(野村宏伸)、社長の尾藤(ベンガル)たちに自慢していましたが、「東京に行ったら戻って来ないのではないか」と言う葛原(音尾琢真)の一言にショックを受けてしまいます。

ある夜、酔っぱらったヤスは旭と口論になってしまい、ヤスは旭に暴言を吐きます。

子供に勝手に東京へ行って、自分一人の力で何とかしろなんて、無理だよねw

旭は、家を出て行ってしまいます。

ヤスは、旭が帰って来るのをカレーライスを作って、グリンピースの缶詰を近所の奥さんから譲ってもらって買って、待っていました。

どうやら、旭は照雲のところに御厄介になっているみたいです。

ヤスはとうとう栄養出張で仕事中に倒れてしまいますw

ずっと何も食べないで待っていたのね・・・

たえ子は、自分の考えが甘かったと病院で泣いていました。

そんなヤスを見た旭は、家に戻ることにしたみたいです。

早稲田の受験も諦めようとしたみたいですが、ヤスは今回は快くもないけど送り出してくれるようです。

朝カレーは特別なんだよね。

その家でしか味わえないものだから。

ヤスも照雲から、子供に自分の寂しさを乗せるなと忠告されていましたし。

旭は、由美(吹石一恵)の家で、朝カレーをご馳走になって、すごく嬉しそうでした。

しかし、由美からヤスがいつ亡くなったのか聞かれた旭は・・・・

【送料無料】とんび [ 重松清 ]

【送料無料】とんび [ 重松清 ]
価格:660円(税込、送料込)



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-18(Mon)

マギ 第19話

アラジン(CV:石原夏織)は、ヤムライハ(CV:堀江由衣)から魔術を教わっていました。

アリババ(CV:梶裕貴)もシャルルカン(CV:森久保祥太郎)と剣の特訓中です。

そんな時、シンドリア王国に、煌帝国の練白龍(CV:小野賢章)が留学にやって来ます。

でも、その後には練紅玉(CV:花澤香菜)が取り乱した姿で立っていたのでした・・・

どうやら、煌帝国を訪問したシンドバッド(CV:小野大輔)にとんでもないことをされたらしいですw

身に覚えがないと言い張るシンドバッドですが、後ろに控える八人将たちは、またかと言った感じで冷たい目で主人を見ていましたw

シンドバッドには、このような苦情は頻繁に来るらしいw

埒が明かないので、シンドバッドはヤムライハに頼んで、シンドバッドと紅玉のルフでその時の状況を再現することになります。

何者かが紅玉を気絶させて、シンドバッドの寝所に連れて行って、一緒のベッドで寝させたようです。

肝心のシンドバッドはずっと眠っていました。

犯人は、紅玉の眷属である夏黄文(CV:鈴村健一)でしたw

どうやら、彼は紅玉が良いところへ嫁に行って、その先の国で彼女の子供を操って権力を掌握しようと企んでいたみたいです。

お腹の中は真黒ですねw

泣いて謝って、紅玉に簡単に許してもらっているあたり。。。w

一方、留学に来た練白龍の本当の目的は、煌帝国を滅ぼすこと??

どうやら、彼の国には、アル・サーメンの魔の手が浸透しているみたいですね。

モルジアナ(CV:戸松遥)は、アリババの眷属になるのかな?

アリババから変な爪のような武器を金属器に選んでもらって喜んでいました。

でも、彼女が一番思い入れのある金属は、奴隷時代に彼女が足に嵌めていた枷のようです。

みんなとの出会いや絆の証しだから・・・



アニメ ブログランキングへ


2013-02-18(Mon)

八犬伝-東方八犬異聞- 第7話

信乃(CV:柿原徹也)が荘介(CV:日野聡)を探しに教会までやって来ると、中では旦開野(CV:三宅淳一)が荘介を刀で刺していましたw

慌てて信乃は、荘介を助けるために村雨を出して旦開野と対峙します。

でも・・・相手が強過ぎたw

そこに、旦開野がお世話になっている九重という女性が現れて、彼を止めます。

どうやら、人違いですね。

荘介もワンコの姿になって信乃の側にいました。

ワンコになった荘介を見た旦開野は、さらりと失礼なことを言っていましたねw

九重は、お詫びとして荘介の義の玉を探してくれるようです。

そんな時、信乃が猿神にもらった金塊をオネエ監察医が村の憲兵に見られてしまって、人は立ち入り禁止のほまち山に行くと言い出します。

信乃たちは仕方なく同行しますが・・・

この村の女医さんは、代々続く金職人の家系のようで、猿神が待っていたのは彼女だったのですね。

猿神に友達のあさひを与えて、猿神にも東雲という名前を与えていました。

あさひは、女医さんからもらった指輪をはめて、ずっと猿神と一緒にいてくれたようです。

でも、もう命が尽きようとしていたのですね・・・・

九重は、あさひが義の玉を持っていたと知っていたのかしら・・・

女医さんは、今度は自分の子供が猿神に会いに行くことになると言っていました。

雨の降らなくて困っていた村に、嵐が来ましたw

それは、現八(CV:前野智昭)と小文吾(CV:寺島拓篤)が風神雷神となって嵐を呼んでくれたからw



アニメ ブログランキングへ


2013-02-17(Sun)

泣くな、はらちゃん 第5話

越前さん(麻生久美子)は、はらちゃん(長瀬智也)が自分が描いた漫画から出て来たということがどうしても信じられませんでした。

かじり掛けのチョコレートを持ったはらちゃんは、越前さんに、漫画の世界が揺さぶられると世界の裂け目が出来て、そこから現実世界に出て来ることが出来て、ノートを閉じると漫画の世界に戻るのだと説明します。

越前さんが試しにノートを閉じてみると、はらちゃんは漫画の姿に戻って消えてしまいます。

反対にノートをめちゃくちゃ揺さぶると、はらちゃんが現れます。

越前さんは、信じられないことが目の前で起こっているので、何度も実験して、はらちゃんと漫画の世界のみんなに迷惑を掛けていましたw

越前さんは、パートリーダーの百合子(薬師丸ひろ子)に相談していました。

面倒臭い越前さんに、百合子も呆れていましたが、今度ははらちゃんを勧めていましたね。

そんな中、百合子に見てもらおうとノートを揺さぶっていると、手が滑ってノートを車の上に飛ばしてしまう越前さんw

会社のワゴンだったので、田中くん(丸山隆平)と工場長のたまちゃん(光石研)がワゴンの屋根にへばりつくはらちゃんを見つけてくれました。

越前さんは、たまちゃんたちにはらちゃんを頼んで仕事に戻ります。

はらちゃんはたまちゃんにご飯をご馳走になって、越前さんとのチュウまたの名をキスについて教わっていましたw

たまちゃん、親兄弟もいなくて孤独の身だったようですが、すごく良い人ですね。

なのに、お酒を飲んで誤って海に落ちて死んでしまうなんて・・・

一方、はらちゃんと一緒にマキヒロ(賀来賢人)も現実世界に来ていました。

海岸に立っていた彼は、清美(忽那汐里)を見て、あまりの美しさに一目惚れをしてしまいます。

清美も好きだった田中くんに知らん顔されて、ショックを受けていたので、マキヒロと手を繋いで町を歩いていました。

素直にキレイだとか言ってくれるマキヒロに好感を持った清美は、彼が目の前で消えてもそんなに驚かないのね。

案外、肝が据わっている??

たまちゃんが亡くなって、越前さんは泣き続けます。

はらちゃんを呼び出して、優しく抱きしめてもらって、越前さんからはらちゃんにキスを贈っていました。

死のことがあまりよくわからなかったはらちゃんですが、たまちゃんがいなくなって初めて寂しいと思ったようです。

はらちゃんは、越前さんにある提案をします。

それは、たまちゃんを漫画の世界で復活させること。

漫画の世界で、たまちゃんが生き返り、これからどんなことが起こるのかな??



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-16(Sat)

信長のシェフ 第6話

お市(星野真里)の手引きで小谷城を脱出したケン(玉森裕太)は、急いで信長(及川光博)の元へ戻ろうとします。

そんなケンに刀を突き付けたのは、助けに来てくれた楓(芦名星)でした。

二人は途中で野盗に襲われて、楓が深手を負います。

そんな楓を背負って山を下りて、誰も住んでいない民家で、残り物を使って雑炊を作ってくれたケン。

初めて、楓は自分の身の上話をし始めます。

彼女も信長に救われた一人のようです。

何とか戻った先では、姉川で信長軍と浅井長政(河相我聞)軍が激突していました。

お夏(志田未来)は、傷ついた兵士たちを必死に看護していました。

ケンの姿を見て、大喜びのお夏でした。

浅井軍の勢いはすさまじく、戦況は芳しくない中、信長はケンに相手の戦意を喪失させる料理を作るように命令します。

ケンは、普段、農民である兵士たちが食べているヤギの肉などを味付けして焼いて、そのニオイを風に乗せて戦場に運びます。

良い香りに浅井軍の戦意を削ぐことに成功します。

そんな中、石山本願寺では・・・・

いつもケンが夢の中で見る瑤子(香椎由宇)がいました。

彼女はきっとケンの婚約者で、パティシエなんですね。

顕如(市川猿之助)に捕らわれているの??

彼に和栗のモンブランなどの洋菓子を作っていました。

信長のところには、石山本願寺が敵に回ると情報が入って来ているようですね。

石山本願寺攻略のために、堺から銃を調達するように、ケンと森可成(宇梶剛士)に命じます。

堺の商人たちは、一筋縄ではいかない面々ばかりです。

そんな中、千宗易(大和田獏)が宣教者が持ってきてくれたパオンを作って食べさせてくれたら、話をOKすると言ってくれます。

ケンに肝心の酒の酵母を売ってくれない堺の商人たち・・・

ケンは、ゴミをあさって、発酵しているバナナを見つけます。

それを使って、美味しいパンを作って見せました。

商談成立ですね。

色仕掛けで、堺の商人(渡部いっけい)と寝て情報を引き出す楓ですが、彼女もケンに密かに恋をしているのかな・・・

大活躍のケンは、信長から家と農地がもらえることになります。

ケンはお夏に一緒に暮らそうと言っていましたが・・・そろそろ瑤子が出張って来そうな感じですねw



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-16(Sat)

夜行観覧車 第5話

事件の3日後、高橋(田中哲司)殺害事件の捜査をしている結城刑事(高橋克典)たちは、ひばりヶ丘を仕切っているさと子(夏木マリ)に話を聞くために訪れます。

さと子は事件のあった高橋家の向かい側の家に住む遠藤啓介(宮迫博之)が、事件直後、高橋家から出て来たのを目撃したと言います。

結城はさと子にどこからその様子を見たのかを訪ねていました。

さと子は、高橋家で叫び声が聞こえたので、メロンを持って訪ねて行ったと言っていました・・・

事件後から疾走している高橋の妻・淳子(石田ゆり子)と啓介に繋がりを感じる結城は、啓介の張り込みを後輩の藤川(南圭介)に任せて、結城自身は真弓(鈴木京香)のところに聞き込みに行っていました。

その頃、京都で一人暮らしをしている高橋家の長男・良幸(安田章大)は、大学の研究室にこもっていたために、事件を一切知りませんでした。

久しぶりに部屋に戻った良幸は、恋人の明里(滝裕可里)から、置きっぱなしにしていた携帯電話を見られていました。

そこには、妹の比奈子(宮崎香蓮)から、事件のことを知らせるメールが入っていました。

テレビでも高橋家のニュースは頻繁に流れていて、明里はパニックになっていました。

突然のことで呆然とする良幸のところに、比奈子が訪ねて来ます。

ますますパニックになった明里は、良幸の部屋のお風呂場に彼の携帯を持って籠城する始末w

比奈子は一刻も早く兄と一緒に実家に帰りたいと思っていましたが、良幸もパニックなので、大学に行って頭を冷やしつつ、パソコンで状況を見ていました。

一方、夜道で慎司(中川大志)と出会った彩花(杉咲花)は、彼の力になりたいと思っていました。

初めて彼の携帯にメールを入れようとしますが、それを志保(吉田里琴)たちに知られてしまい、慎司のメアドを教えなかった罰として母・真弓の勤めるスーパーで万引きを強要されます。

はっきり言って、もう縁を切った方が良いと思うよ・・・こんな子たち・・・

真弓は、彩花の学校を訪れて、娘が早退ばかりしていること、受験も公立1本しか受験しないと言っていることなどを担任から聞いて驚きます。

真弓は何とか彩花の心が知りたいと向き合いますが、彩花の方にまだその勇気がないみたいです・・・

良幸のところに慎司から連絡が入ります。

何故、慎司は屋上にいて泣いているの??

やはり、お父さんを殺害したのは・・・

そして、真弓のところにも公衆電話から淳子が会いたいと言って来ます。

朝早く、会う約束をしたようですが、表に出た真弓は、高橋家に貼られた張り紙の山を見て驚きます。

これは、さと子がやったのかな??

今回は、さと子のマー君(小泉孝太郎)が登場しました。

一緒に住みたいと思っているさと子に対して、マー君はそんなことは微塵も思っていないような・・・

奥さんは妊娠中で、彼女は自分の実家にいるみたいで、マー君もそこにいるつもりのようです。

【送料無料】VOICE(初回限定盤 CD+DVD) [ AI ]

【送料無料】VOICE(初回限定盤 CD+DVD) [ AI ]
価格:1,657円(税込、送料込)



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-15(Fri)

絶園のテンペスト 第18話

真広(CV:豊永利行)は、めぐむ(CV:梶裕貴)が吉野(CV:内山昴輝)の彼女が愛花(CV:花澤香菜)ではないかと言っても、信じませんでした。

吉野は、愛花が死んでもそれほど取り乱すこともなく現在に至っているようです・・・

一方、吉野から携帯の写真を見せられた葉風(CV:沢城みゆき)は、驚きのあまり声が出ない状態です。

それでも、はじまりの樹のせいではないかと葉風は気になっているようですね。

愛花の死から、すべての物語が始まっているから・・・

葉風に言われて、初めて声を上げて泣くことが出来た吉野・・・

ずっと心が凍っていたのかな・・・

葉風は、潤一郎(CV:野島裕史)を閉じ込めても、はじまりの樹が自分のためにあるのか、それとも葉風を利用しているだけなのかを確かめようとします。

吉野と別れて、一人で出掛ける葉風・・・

絶園の魔法使いであるめぐむとはじまりの樹を前に、舞姫と化してやりあっていました。

めぐむに本気を出せることが目的のようですが・・・

一方、吉野もついに真広と対峙する覚悟を決めたようです。

心乱れた真広は、一人で全力で掃除をしまくっていました・・・



アニメ ブログランキングへ


2013-02-15(Fri)

ビビッドレッド・オペレーション 第6話

式根島にサマースクールに訪れた一色あかね(CV:佐倉綾音)たちは、天城みずは(CV:山崎はるか)に失くしてはいけないのでカギを預かると言われて、みんな素直に出していました。

しかし、これには健次郎じいちゃん(CV:てらそままさき)の秘密の特訓が絡んでいたのでした・・・

あかねの妹・もも(CV:大亀あすか)を助手にして、じいちゃん暴走気味??

黒騎れい(CV:内田真礼)に準備を見られた健次郎じいちゃんは、彼女を人質にあかねたちを特訓の場に導きます。

あかねの水着の変なボタン・・・

二葉あおい(CV:村川梨衣)がそのボタンを押すと、膨らんで巨大なボール状になります。

しかし・・・その中は・・・あかねのスッポンポンの姿がw

みんなの水着もビキニで可愛い。

四宮ひまわり(CV:内田彩)がグラマラスすぎて、三枝わかば(CV:大坪由佳)の水着では間に合わなかったようですw

友情パワーを最大限に引き出そうと、健次郎じいちゃん奮闘します。

でも、人質に取ったれいのおかげで、それも何だか変な方向に・・・

れいもみんなを助けてくれるのは良いのですが、いつものマフラーを顔に巻いただけでは、あかね以外にはバレていますからw

この特訓の成果は不明ですが、健次郎じいちゃんには破格の請求書が・・・

もちろん、ローンでのお支払いですねw



アニメ ブログランキングへ


2013-02-15(Fri)

最高の離婚 第6話

光生(瑛太)と結夏(尾野真千子)は、婚姻届を出すことになった諒(綾野剛)と灯里(真木よう子)を待っていました。

でも、夜が明けても二人は来ず、光生はソファにそのまま寝てしまい、風邪を引いてしまいます。

光生は一人で焦って、生姜をすっていましたw

何とか出勤すると、道でジョギング中の灯里と出会います。

光生が灯里に婚姻届の件を問うと、彼女からは何の反応もありませんでした・・・

仕事中にラーメン屋の店主に変なポーズで何かを誘われた光生ですが、いい加減な返事をしてしまい戸惑います。

光生が帰宅してみると、結夏も風邪を引いて寝込んでいました。

クリーニング店が開けられないと困っていた結夏ですが、淳之介(窪田正孝)から電話が入って、彼が店番をしてくれることになります。

それが縁で、淳之介は光生と結夏の家に泊まることになります。

光生は淳之介を快く思っていないので、嫌みのオンパレードですw

でも、彼のことは良い人だとは分かったようで、結夏を任せようと思ってはいるみたいですね。

そして、光生たちが離婚したことを知らない祖母の亜以子(八千草薫)が寝込んでいる結夏のために豪華なお弁当を作って持ってきてくれて、寝ている淳之介とお風呂に入っている結夏を目の当たりにしてしまいます。

慌ててお弁当を持って帰ってしまう亜以子を見て、頭を抱える結夏w

諒にはトラウマな過去があって、それ以来、誰も本気で好きにはなれないのかな?

失った時の喪失感が半端ないから??

人のことなんてあまり関心がなさそうな光生ですが、諒と灯里の件ではめちゃくちゃ首を突っ込んでいます。

光生の家に諒と灯里を呼んで、結夏も交えて4人で話をしてみたり・・・

灯里・・・別人のような態度ですが、これが本来の彼女?

光生の「これじゃ誰も幸せになれないよ」と言うのも分かる気がします。

ファンキーモンキーファミリーには、なれないのねw

諒は灯里と別れる気はさらさらなくて、今度浮気したらお○ん○んを切っても良いと言い出しますw

きっと痛いくらいじゃ済まないと思うけど・・・

諒の今までの行いを見ていると、それくらいしても許されないかな・・・



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-14(Thu)

新世界より 第19話

早季(CV:種田梨沙)と覚(CV:梶裕貴)は、居合わせた3人と合流します。

その中の女性から、仲間が病院にいると聞いた早季たちは、病院へ水路から向かうことになります。

居合わせた3人は、早季や覚から今回のバケネズミの奇襲について聞いていました。

野狐丸(CV:浪川大輔)がまだスクィーラと呼ばれていた頃から知っていて、彼がかなり狡猾なバケネズミだと話していました。

何も勝算なしに、人間を襲ってくるとは思えない・・・

辿り着いた病院は、入り口が丸く変形していました。

火薬のニオイもしないし、一体どうやってバケネズミにこんなことが出来たのか・・・

居合わせた一人がどんどん病院に入って行きます。

早季、覚は、自分たちの背後にバケネズミが潜んでいることを感じ取ります。

みんなの呪力で、バケネズミを一掃しますが、病院の中にはもっと恐ろしいことが・・・

生き残っていたのは、人質にされた3名だけ・・・

みんなすごく怯えていました。

逃げ出す時に、早季たちは悪鬼の姿を見ます。

みんなを次々と呪力で焼き払っていて、確かにこんなのが攻めて来たら、奇狼丸(CV:平田広明)でも太刀打ちできないです。

居合わせた女性は、早季と覚にみんなにこのことを伝えるように頼んで、自分は錯乱した人質の女性と病院に残ることにしたようです。

船に乗って町へ戻る早季と覚の後を何者かが追って来ます・・・

【送料無料】新世界より(下) [ 貴志祐介 ]

【送料無料】新世界より(下) [ 貴志祐介 ]
価格:1,995円(税込、送料込)



アニメ ブログランキングへ


2013-02-14(Thu)

たまこまーけっと 第6話

夏休みのうさぎ山商店街は、あまりの暑さのためにお客さんもまばらです。

たまこ(CV:洲崎綾)は、感心なことに地元のお地蔵さんを大切にして掃除をしていました。

鳥(CV:山崎たくみ)は、お地蔵さんを投げ付けて子供を守ると思っているようですが・・・

鳥の住んでいた国では、それが当たり前なんでしょうか??

たまこは、商店街にお客さんを呼び込むために、商店街で企画ものをやりたいと言います。

チラシには、可愛い納豆が描かれてありました。

どうやら、納涼のために「お化け屋敷」をやりたいようです。

今回は、かんな(CV:長妻樹里)が商店街のみんなや鳥を引っかき回してくれました。

商店街のみんなは、すっかり幽霊が出ると思い込んで、今年はまだお祓いをしていないとか、もうパニックでした。

かおる(CV:小野大輔)は榊などを差し入れして、お肉屋さんの文子(CV:渡辺久美子)は厄除けのためにお酒を巻いてみたりともう大変w

鳥はかんなにお化け屋敷に好きな娘と一緒に入ると思いが叶うような嘘をつかれていて、史織(CV:山下百合恵)と一緒に入りたいと思っていましたがw

思ったより、たまこたちのお化け屋敷の精度は高いようですw

たまこたちの先生も奥さんを連れて来てくれましたが、先生・・・本当に頼りないよw

商店街の企画は大成功でした。

みんなで集まっていた時、突然、鳥が何かを受信した??

王子(CV:下野紘)から、お付き(CV:山岡ゆり)がうさぎ山商店街に来ると連絡が入っていました・・・

【送料無料】たまこまーけっと 1【Blu-ray】

【送料無料】たまこまーけっと 1【Blu-ray】
価格:5,284円(税込、送料込)



アニメ ブログランキングへ


2013-02-14(Thu)

相棒season11 第15話

右京さん(水谷豊)と享(成宮寛貴)が歩いていると、一人の老人が声を掛けて来ます。

「吉村くんではありませんか?」

岩田(近藤正臣)というその老人は元教師で、40年前に廃校になった中学校の写真部の同窓会に行く途中でした。

同行している元部員の佳奈子(川俣しのぶ)によると、この日欠席している吉村(野添義弘)と間違えているらしいです。

写真を見せてもらった右京さんは、ポッチャリ系の吉村くんに唖然としていましたw

右京さんは佳奈子たちに頼まれて、吉村に成り済まして同窓会に出席することになります。

会場の日本料理店で座が盛り上がって来た頃、元部員たちから岩田にプレゼントを贈っていました。

右京さんの周りにもう一つ袋が残っていて、元部員で幹事の仲川(志垣太郎)の話では、仲居さんが玄関にあったものを持ってきてくれたのだとか。

欠席した吉村がプレゼントだけ置いて帰ったと思った仲川は、右京さんに吉村の代わりにプレゼントを渡してほしいと頼みます。

岩田にプレゼントを渡そうとした右京さんは、袋の中身のコードを見て、爆発物だと瞬時に見抜いて、隣の部屋で待機していた享を呼んで、店にいた全員を避難させます。

みんなが避難している中、元部員の一人が心臓を患っているらしく意識不明に陥って廊下に倒れていました。

彼は同窓会の席で何かを言おうとしていたようですが・・・

捜査一課が岩田や他の部員たちに話を聞くと、どうやら40年前の写真部での旅行の際、副顧問の女性教師が転落死していたことが分かります。

仲川たちは、どうしてこのことを話さなかったのか・・・

享は卒業アルバムに写った女性教師を見て、可愛いので男子たちが憧れそうだと言います。

それを聞いた右京さんはピンと来たようですね・・・

当時、岩田とその女性教師はお付き合いしていたようで、彼女亡きあと、岩田はずっと一人で生きて来たようです。

右京さんたちが事情を聞きに来た時は、終活をやっていましたし・・・

しかし、あの爆発物が届けられた件は、仲川の不徳の致すところのようですw



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-13(Wed)

サキ 第6話

隼人(三浦翔平)は、同僚の利也(石黒英雄)が担当している記事を見てしまって、姉・サキ(仲間由紀恵)の周辺で、中川(姜暢雄)、野村(萩原聖人)の2人も自殺している事実を知ります。

サキが間接的な殺人を犯しているのではないかと疑念を抱いて、サキの自宅を訪ねます。

そこに、空調機器の修理に来てくれていたという本田(岡田義徳)がいました。

彼が帰って後、隼人はサキに疑問をぶつけますが、彼女の方から「私を疑っているの?」と聞かれてしまって、それ以上は何も言えなくなってしまいます。

でも、隼人は中川や野村のことがあるので、本田のことが心配になっていました。

上司の直美(内田有紀)からも、二度あることは三度あるって言われていましたし・・・

本田の方は、サキに励まされたことで自信を取り戻し始めます。

仕事でも積極的な態度で臨んで、社長から褒められていました。

それを見ていた意地悪な同僚たちは面白くなくて、本田をまたボコボコにしていましたw

また自信を失いかけた本田をサキは本気で怒って励ましていましたねw

サキは職場でも理事長の須藤(高嶋政伸)に人間関係のことで相談して、小児科から異動するかどうか聞かれて、怒りを露わにします。

須藤は、このサキの態度にもドキドキしてしまうのねw

須藤は、今の奥さんとは再婚とか・・・略奪愛の末に結婚したと言うことは・・・

オシャレなレストランで食事をするサキと隼人ですが、隼人が母親の話をすると急に態度が変わって行くサキ・・・

何だか怖いw

酔っぱらった隼人をラブホに連れ込んだサキは、隼人の方が誘ったと嘘を付いていました。

ワイン店の和繁(庄野崎謙)は、須藤の息子だったのですねw

和繁は、サキからプレゼントされたロールケーキを自宅に持って帰っていました。

一方、本田は意地悪な同僚から餞別の花束を渡されて、本田がリストラ候補だと言い、笑い者にします。

切れた本田は、スパナを手に同僚に殴りかかって、警察沙汰になってしまいます。

逃走する本田は、サキに助けを求めていました・・・・



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-13(Wed)

ラストホープ 第5話

卓巳(相葉雅紀)が夜の医局でおやつのマカロンを準備していました。

そこに、歩美(多部未華子)から至急、救命救急センターに来てほしいと連絡が入ります。

同じく、高木(田辺誠一)も外国人女性と上手く行きかけていたところに水を差されて不機嫌でやって来ます。

副島(北村有起哉)と雪代(小池栄子)も同じく呼び出されていました。

彼らが救命に駆け付けると、患者でいっぱいになっていました。

古牧(小日向文世)も呼びだされて、看護師のような仕事をしていて不満がいっぱいですw

歩美は本来の高度先端医療センターの仕事がない時は、救命の仕事を手伝っているようです。

この日は、雑居ビルで大規模な火災があって、負傷者が多数搬送されて来ていました。

歩美が次々に患者を受け入れるものだから、もうパニック状態です。

その中に、卓巳は具合が悪そうな妊婦・山崎千佳(坂井真紀)を見つけます。

卓巳は千佳の様子から火災に巻き込まれたことが原因ではないとみて、詳しい検査をします。

雪代の助言から、彼女はミラー症候群に陥っていることが分かります。

千佳のお腹の双子の赤ちゃんが母体に影響を与えているようです。

卓巳と歩美は何とか助けようと、緊急カンファレンスを開き、産婦人科のゴッドハンドに手術を依頼しようとしますが、韓国に学会で出張中でした。

みんなに無理だと言われながら、卓巳、歩美、巻きこまれた雪代たちで手術を試みることになります・・・

卓巳の父・邦夫(平田満)とセンター長の鳴瀬(高島政宏)は知り合いのようですね。

それに、卓巳が邦夫の実の子供ではないことも知っています。

歩美の父と卓巳の本当の両親には、何かの繋がりがあったようです。

高木も恋人の死後、外国を放浪していた時期があったようですね。

副島は、お金主義で大病院の院長の娘と結婚したようですが・・・

古牧の研究は、ノーベル賞ものなの??

既にコメントも考えているようですけど・・・



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-12(Tue)

まおゆう魔王勇者 第6話

勇者(CV:福山潤)は、開門都市で聖鍵遠征軍を妖精たちを使って怯えさせていました。

続々と逃げ出して行く兵士たちw

一方、南部諸王国では冬の王子(CV:平川大輔)が、冬寂王の名を継いでいました。

そこに女騎士(CV:沢城みゆき)が総司令官として赴任していました。

魔王(CV:小清水亜美)は、紅の学士と名乗って、冬の国を訪れます。

じいちゃん・・・魔王の正体を見抜いたかと思いきや・・・これまたチチですかw

魔王には戦局を左右する秘策がありました。

冬寂王が島を奪還したいのは、魔族を退けて海の交易を安定させて、中央の顔色を伺わなくても良くしたいのね。

魔王の荷物には、大量の塩が積まれていました。

魔族に奪われた島を奪還するために、陸と氷の塊を冷たい海水と塩でくっつけて道を作って、南氷将軍率いる魔族の軍を打ち破ろうとしているようです。

色んな海の魔族が続々襲いかかって来ますねw

魔王も魔族の犠牲に心を痛めているようです。

反対側からやって来た軍は、逃げ出した兵士たち??

南氷将軍と女騎士の対決は、女騎士に軍配が上がりました。

そこに、勇者が帰って来ます。

勇者を見て喜んで飛び付く女騎士w

今回は、勇者をじいちゃんがねぎらっていました。

勇者の力は、1000人の軍に匹敵するものらしいです。

じいちゃんは、彼を孤独にしてしまったことを後悔しているみたいですね。

女騎士のドレス姿もキレイでした~。



アニメ ブログランキングへ


2013-02-12(Tue)

ビブリア古書堂の事件手帖 第5話

栞子(剛力彩芽)は、書籍を寄贈するために聖桜女学館を訪ねます。

栞子を迎えてくれたのは、図書委員の田辺美鈴(生田絵梨花)で、本の搬入を手伝ってくれました。

本は教員の杉浦(阿南敦子)が選別して、数冊が中学生には不適切という理由で返却されます。

栞子は、文学的評価が高い本を、暴力描写などがあるだけで除外するのはもったいないと言いますが、杉浦は「時計じかけのオレンジ」を読み、学校を批判する感想文を提出した生徒がいたと話します。

ビブリア古書堂に住む志田(高橋克実)のところには、小菅奈緒(水野絵梨奈)が本を借りに来ているようです。

新しい本を借りる奈緒ですが、どこか表情が暗いです。

心配した志田が尋ねてみると、中学生の妹・結衣(森迫永依)が同じCDを数枚万引きしてそれを売ってしまったらしく、学校も停学になっているとか。

結衣は聖桜女学館に通う優秀な生徒ですが、先日書いた読書感想文が学校で問題視されていたみたいです。

奈緒は結衣の書いた読書感想文を栞子、大輔(AKIRA)、志田に見せます。

善悪の常識について疑問を投げかける内容でしたが、甘み処の店長・藤波(鈴木浩介)は、万引きもこれが影響しているのではないかと意地悪く言います。

栞子は、奈緒に「時計じかけのオレンジ」をどこで購入したのかを聞いていました。

駅前の書店になかったので、奈緒がネットで注文したようです。

そこに今回の事件のカギがありましたね。

まさか、時計じかけのオレンジの結末が2つあったとは・・・

志田もせどり仲間の笠井(田中圭)と一緒にCDを売ったというお店に聞き込みに行っていました。

中学生が同じCDを何枚も売っていたら、怪しいと思いますよね。

盗品は買取ってはくれないので、売ったというのは嘘です。

そして、結衣が書いたという感想文・・・まさか小学校4年生の時の栞子の書いたものだったとはw

書いたものを削除することは出来るけど、なかったことには出来ない・・・もっともです。

栞子も大輔の反応が心配で、自分が書いたものだとは言えなかったようです。

栞子と彼女の母親の関係は・・・・複雑そうですね。

そして、最後に雨降る中、書籍を届けに出た栞子を階段から蹴り落とした人物は誰??



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-12(Tue)

ハンチョウ6~警視庁安積班 第5話

所轄で殺傷遺体が発見されます。

現場に駆け付けた安積(佐々木蔵之介)と小池(福士誠治)は、鑑識の丸岡(六平直政)と千春(加藤夏希)から、死亡推定時刻が、前日の午後9時から午後11時ごろとの報告を受けます。

凶器は発見されませんでしたが、血痕の付いた手ぬぐいと、被害者の身体の下から「合歓垣早苗」と書かれた紙片が見つかります。

また、ジャケットの内ポケットにあったボールペンに週刊誌のロゴが印字されていたことから、安積たちは身元確認のため、その編集部を訪ねます。

編集長・大垣(佐藤尚宏)から、殺害されたのは広川(若杉宏二)というフリーの記者で、告発ネタを持ち込むやり手のジャーナリストだと判明します。

安積たちは、大垣から広川がタウン誌にも記事を書いていたことを聞きますが、どこのタウン誌かまでは分かりませんでした。

広川の部屋でタウン誌を見つけた安積たちは、そこの編集部を訪ねて、江戸木目込み人形職人・清瀬(竜雷太)とトラブルになって連載が2回で終了していたことを知ります。

詳しいことを知るために、清瀬の自宅を訪ねます。

そこには、清瀬夫妻と娘の結衣子(大凪真生)と婚約者の和菓子職人がいました。

安積は、清瀬の態度から何かを隠していると直感的に見抜きます。

清瀬は、なかなか読むことが出来ない「合歓垣早苗」の名前を間違えることなく読んでいましたし・・・

今回の事件は、娘の出生の秘密を守るために、大変な持病を持つ父親が奮闘していました。

でも、秘密を守ることの方が殺人犯になるより重いって一体・・・w

今回も警察嫌いの水沢先生(橋爪功)が関っていました。

清瀬の主治医なもんでw

まだ沙緒里(比嘉愛未)と尾崎(小澤征悦)は他部署に貸出中なんですねw

2人の穴を埋めるために、久米島課長(升毅)が奮闘していました。

定時に帰るために、必死に聞き込みもしていましたねw



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-11(Mon)

ママバターボディローション

「ママバター」「凜恋」ファンサイトファンサイト参加中

ママバター

この度は、ナチュラルコスメメーカーのビーバイイーさまより、ママバター ボディローションのサンプルをお試しする機会に恵まれました。

バターと書かれてあったので、ベタベタするイメージがあったのですが、手にとってみると思った以上にサラサラしているクリームだったので使いやすかったです。

肌にもすぐに馴染む感じで違和感なく使えました。

でも、あまりにさっぱりしすぎて肌の潤いには物足りないものがありました。

冬場は乾燥との戦いなので、冬仕様ならもっと潤いがある方が良かったかも。

私としては、サラサラタイプの方が好みなんですけどね。

シンシアガーデンwebshopでも購入することが出来るようです。

今だけ数量限定でおまけも付いているみたいですよ。


2013-02-11(Mon)

とんび 第5話

ヤス(内野聖陽)は、入院している海雲(柄本明)の見舞いのために、毎日のように病院に通っていました。

一方、旭(佐藤健)の方は高校の野球部でレギュラーを決めるテストを控えて、海雲のところに一度も顔を出せずにいました。

そんな時、ヤスは照雲(野村宏伸)から、海雲が実はがんで先が長くないことを知らされます。

海雲の意識があるうちに会いに来るように頼まれます。

ヤスは旭に見舞いに行くように頼みますが、旭はセンスある一年生の活躍に脅威を感じて練習を休めずにいました。

そんな旭の一方的な態度にヤスは腹を立てます。

悩んだ末に、ヤスは旭を見舞いに連れて行こうと野球部の練習場を訪れます。

そこで、下級生のお尻をバッドで殴る旭を見て、ヤスは旭を連れ出して殴ってしまいます。

今なら大問題の話ですよねw

このことで、旭は相手の親から野球部を退部しろと言われてしまうのですけど・・・

ヤスは旭を殴ったことを後悔して、自分で自分を殴り続けて顔が痣だらけの鼻血も出て大変です。

押しかけて来た相手の親に対して、鼻血のついたティッシュを見せて、怒鳴って一本締めをやって追い返します。

親が子供を甘やかせないで、誰が子供を甘やかすんじゃいw

海雲は亡くなりますが、その一瞬前に旭が駆け付けてくれます。

レギュラーも取れて、お見舞いも間に合って良かったです。

ヤスは、海雲から余計な前置きの長い手紙をもらって号泣でした。

旭はこのことを思い出して、今現在、由美(吹石一恵)の息子が他の子供に手をあげた件で同じことをやっていました。

それは、他の子に旭のことを聞かれた由美の子供が、何にも言えなくて手をあげてしまったようなのですけど。

相手の親から、結婚していない男性に子供を迎えに寄越すのはふしだらだと言われた由美は、そのまんま自分のことをふしだらだと認めて、相手の親にも同じことを言います。

呆れて帰って行く相手の親を尻目に、上手く行きそうな由美と旭なのでした。

【送料無料】とんび [ 重松清 ]

【送料無料】とんび [ 重松清 ]
価格:660円(税込、送料込)



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-11(Mon)

マギ 第18話

アリババ(CV:梶裕貴)は、命を落とした民やカシムたちのためにバルバッドを共和制にして立て直すことに一生懸命でした。

そんなアリババに噛みついたヘビ・・・もしかしてあの闇の者の化身??

バルバッドに煌帝国の艦隊が迫って来ます。

シンドバッド(CV:小野大輔)は、この事態を重く見て、アリババをバルバッドから脱出させて、自分は七海連合の長として煌帝国に交渉に向かいます。

アリババは薬で眠らされて国から出されたせいで、かなり荒れていました。

シンドリア王国に着いて1ヵ月ほどで落ち着いたようです。

シンドバッドのおかげで、バルバッドは最悪の状態は免れたようですね。

アリババとアラジン(CV:石原夏織)は、世界を闇に落とそうと暗躍している組織アル・サーメンと建国以前から戦っているシンドバッドに言われて、彼のジンたちを師匠として修業をすることになります。

今のままでは、能力が完全に使えないですから。

アラジンはおっぱい星人なので、ヤムライハ(CV:堀江由衣)の胸元にいつものごとくブルブルして、お仕置きをされていましたw

アリババの師匠は、シャルルカン(CV:森久保祥太郎)ですね。

シンドリア王国では、襲って来た巨大な魚類を捌いて見せるショーが行われています。

シャルルカンによって上手く捌かれて、みんなに振舞われて、観光客にも大人気のショーのようです。

夜のお祭りでは、踊るモルジアナ(CV:戸松遥)がキレイで可愛かったです。

モルさんは、アリババが好きなのかな?

祖国に帰ろうと思っていたようですが、アル・サーメンの話を聞いて、みんなと戦いたいと思い立ったようです。

また、アリババ、アラジン、モルジアナは一緒ですね。

しかし、煌帝国から練白龍(CV:小野憲賢章)がシンドリア王国に留学してくるとか・・・

それに、練紅玉(CV:花澤香菜)のシンドバッドに対するあの怒りは何??

【送料無料】マギ(9) [ 大高忍 ]

【送料無料】マギ(9) [ 大高忍 ]
価格:440円(税込、送料込)



アニメ ブログランキングへ


2013-02-11(Mon)

八犬伝-東方八犬異聞- 第6話

信乃(CV:柿原徹也)は、新聞で自分の村が滅んでしまった事件と似た事件を見つけて、莉芳(CV:神谷浩史)にお小遣いをねだり、事件についての詳細を聞いていました。

信乃は一人でその村に向かいます。

信乃の行動を心配した莉芳は、荘介(CV:日野聡)を呼んで、信乃の後を追うように言います。

荘介は駅に向かっていると小文吾(CV:寺島拓篤)と現八(CV:前野智昭)と出会って一緒に行くことになります。

信乃は、山に入り込んだ人間が戻って来たとたんに死んだと聞き、その山に自分も入り込んで事件の謎を追うことに。

信乃は足を滑らせて落っこちて荘介の玉を失くしてしまい、そこで猿神と出会います。

猿神は子供が好きなようで、信乃のところに駆け付けて来た荘介たちが無事に戻って来られたのは信乃のおかげかもしれません。

猿神に玉を探してほしいと頼んだ信乃ですが、猿神がくれたのはもしかして金塊??

村に行った小文吾は村人に声を掛けますが、山から降りて来たと知られたとたん牢の中にw

その頃、村では水不足に悩んでいましたが、お祭りを開催するようで、華やかな踊り子さんたちも呼んでいました。

その中に、旦開野(CV:三宅淳一)と言う男性が一人・・・

どうやら何か理由ありのようで・・・

牢の中では、村の女医さんがお仲間のオネエ系の監察医を呼んで、信乃たちの血液検査をすることに。

そのオネエ系の監察医さん・・・昔の現八の部下で後方で医療を担当していたようですが、みんな彼を怖がって怪我しても診てもらうことを躊躇していたとかw

一番大変な時でも、彼のせいで後方に下がることが出来ず大変だったようでw

前方に敵、後方にオネエ・・・最強だw

旦開野は、荘介を見て、自分から何もかもを奪った人間だと言います。

教会を掃除して、祈りを捧げている彼に襲い掛かっていました。

どう考えても人違いだよね・・・



アニメ ブログランキングへ


2013-02-10(Sun)

泣くな、はらちゃん 第4話

自分がいつもいる世界は越前さん(麻生久美子)が描いた漫画の中だと気付いたはらちゃん(長瀬智也)は、仲間たちにそこのことを話しますが、信じてはもらえません。

はらちゃん自身もよくわかってはいない事態でしたが、ユキ姉(奥貫薫)だけは知っているようですね。

一方、越前さんは、はらちゃんに会いたいと思うようになっていました。

そこにはらちゃんが現れます。

はらちゃんはすっかり越前さんと両想いだと信じ込んでいるみたいですけどw

越前さんは、はらちゃんのことをまともに見られないみたいで、話も上手く出来ません。

越前さんに冷たくされて落ち込むはらちゃんを、田中くん(丸山隆平)が慰めてくれます。

本当に良い人だね・田中くんw

はらちゃんは、田中くんに自分が漫画の世界の住人だと言うと、彼も漫画好きなので自分もそうだと言っていましたw

それにしても毎回迷惑をかける越前さんの弟・ひろし(菅田将暉)は、姉の漫画ノートを持ち出して、プロとしてやっていけるかどうか専門家に見てもらっていましたw

救急車のことを知ったはらちゃんは、越前さんが風邪を引いて仕事を早退した時に、走っている救急車を止めようと懸命になっていました。

はらちゃんは田中くんからバレンタインについて教えてもらっていました。

ポジティブなはらちゃんは、越前さんが自分にチョコレートをくれるに違いないと思います。

はらちゃんは、越前さんに自分が彼女がノートに描いた漫画の住人だと話しても信じてはくれないですね。

でも、越前さんは自分がはらちゃんのために描いたチョコレートを持って、また漫画の世界から出て来た彼を見てかなり動揺していました。

「泣くな、はらちゃん」 付箋 【Goods】

「泣くな、はらちゃん」 付箋 【Goods】
価格:504円(税込、送料別)



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-09(Sat)

信長のシェフ 第5話

織田信長(及川光博)からケン(玉森裕太)は、浅井長政(河相我聞)の居城・小谷城の台所に潜入して先方に借りを返して来いと命令されます。

小谷城には、長政だけではなく、信長の妹・お市(星野真里)とその娘・茶々、初もいます。

みんな毒殺しろと言っているのか、思い悩むケン。

女忍者の楓(芦名星)は、さっさと毒薬をケンに渡そうとしますが、彼はそれを拒否します。

お夏(志田未来)も着いて行きたいようですが、楓に阻止されます。

確かに危険だもんねw

ケンは、先の戦いで「罠」を意味する鮎をお市から送られたことを思い出して、信長の言う先方とは長政じゃなくて、お市のことではないかと思い付きます。

その時の礼を伝えるため、笹で作った船に乗せた鮎の揚げものを出して、お市の反応を見ます。

お市には、その料理の意味がわかったようで、城からは一歩も出ないと言い張ります。

ケンは信長の間者とバレてしまって、捕まります。

矢から茶々を庇ったせいでもあるのですが・・・

楓は一人で脱出して、お夏から責められますw

牢に繋がれたケンのところに、お市が現れて、ケンと話しをします。

兄が彼に信頼を置いて、裁量も任せていると知ったお市は、ケンを殺さず好き嫌いの激しい茶々の専属料理人にしてはどうかと長政に提案します。

ケンには包丁を使わせず、茶々の最も嫌いな肉料理を作って腕を試すことを提案する長政。

失敗すれば、速効首が飛びます。

ケンは、手で鶏肉を捌き、すりおろしてハンバーグを作っていました。

アツアツの鉄板に戦国お子様ランチを作って来て、見事に成功します。

お市は、ケンを逃がしてくれました。

信長と長政は、ちょっとした行き違いがあっただけのようです。

それがこの悲しい結末ですか??

お市は、ケンのことを兄・信長と同じ言の葉を持つ者だと確信したようですね。

やっと逃げ切れたと思ったケンに刃を向ける者が・・・



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-09(Sat)

夜行観覧車 第4話

事件翌日、殺害された高橋(田中哲司)の妻・淳子(石田ゆり子)が、搬送先の病院から行方をくらまして、消息不明となります。

そして、事件直後から行方のわからない次男・慎司(中川大志)の足取りも依然として掴めないままでした。

今は京都の大学に行っている長男・良幸(安田章大)とも、まだ連絡が取れていませんでした。

しかし、結城刑事(高橋克典)たちは、消えた淳子と慎司の身柄が確保されれば、この事件の解決は長引かないと思っていました。

しかし、真弓(鈴木京香)の夫・啓介(宮迫博之)が、殺害された高橋から借金していたことが発覚します。

啓介の勤める工務店に結城たちが事情を聞きにやって来ます。

彼に事件当日のアリバイと借金のことを確認すると、動揺しながらも否定していました。

怪しんだ結城は、淳子が行方不明になったことを告げてその場を去ります。

その頃、真弓はさと子(夏木マリ)から、事件当時、自分の夫が高橋家から出て来るところを見たと言われたことを思い出して、もやもやした気持ちを抱えながらパート先に向かいます。

真弓と結城は、大学のゼミが一緒だったんですね。

親しそうにしていましたが、結城は完全に仕事モードです。

真弓のパート先には、淳子の妹・晶子(堀内敬子)がいて、パート先に挨拶に来ていました。

彼女の車には、高橋家の長女・比奈子(宮崎香蓮)が乗っていました。

比奈子も晶子の夫から煙たがられて、学校でも友達はよそよそしくなり、家に戻ろうとすると遠藤家の長女・彩花(杉咲花)と出くわして、事件当日の話をすると言われてカラオケ店に着いて行っていました。

彩花・・・志保(吉田里琴)たちにいじめられて心がすさんでいるのかと思いますが、比奈子に対する態度はひどいですね・・・

志保たちから、慎司のことは庇っていましたけど。

比奈子は居場所がなくなり、兄・良幸を頼って京都へ行こうと思っているようです。

真弓は会社から戻って来た啓介を掴まえて、借金のことや事件当時、高橋家から出て来たことなどを問いただします。

借金は、独立資金を高橋から借りたようですが、なかなか独立の目途が立たず、もうお金は返そうかと思っていたところのようです。

そして、啓介は意外なことを言います。

事件当時、高橋家から出て来たのは、さと子の方だと・・・

夜、散歩に出掛けた彩花は、堤防に座っている慎司と出会います。



ドラマ ブログランキングへ


2013-02-09(Sat)

iPhone専用デコシール

画面保護ができるiPhone デコシールを見つけました。

作っているのは、大阪東成のモノ作りの町の清水産業株式会社です。

自社製造、自社販売により、高品質なのに低価格を実現しています。

なので、もちろんメイド・イン・ジャパンですね。

普通のiPhone シールは全面透明だそうですが、この「iDecoガード」は液晶画面保護フィルムに可愛くてキレイな写真、CGのデザインがプリントされています。

そして、液晶画面を保護しながらデコレーションができるiPhone フィルムとなっているので、オシャレと実用性を兼ね備えたものとなっています。

私が良いなと思ったのは、和花柄あずきです。

00009-5.jpg

和柄物って好きなんですよね。

落着いた雰囲気とデザインのバランスがすごく良いと思います。

液晶画面、裏面、サイドのデコシールと統一された待受画像(壁紙)も購入した人に提供してくれるみたいなので全体的な統一感も出て良いですね。

私はまだスマホを持っていないのですが、今はこんなにオシャレになって来ているんだな~って感心しました。

これは、レビューブログから情報を頂きました。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
犬の服のIDOG/猫の服のICAT
我が家でも猫たちのアイテムを購入しています。可愛くてオススメです♪
犬の服のIDOG/猫の服のICAT
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
独自SSLが年間18,000円(税抜)。レンタルサーバー『ヘテムル
楽天