FC2ブログ
2019-02-18(Mon)

3年A組 -今から皆さんは、人質です- 第7話

澪奈(上白石萌歌)を陥れるフェイク動画を作成したのは武智(田辺誠一)だと一颯(菅田将暉)が告発したことにより、世間の声は一斉に武智へ向き始めます。

しかし、武智は潔白を主張していました。

一颯は、午後8時までにすべての罪を自白することを勧告し、さもなければ武智にとって一番大事なものを奪うと言い渡します。

そして教室では、一颯が生徒たちに、澪奈が命を落とした当日の映像を見せます。

その映像には、亡くなるその日に「フェイク動画の犯人に会いに行く」と告げていた澪奈と怪しい男の姿が映し出されていました。

しかし、いつもと違うのは決定的な証拠がないと言う事でした。

武智への疑惑が深まる中、瀬尾(望月歩)と華(富田望生)が異議を唱えます。

この2人は、武智のスポーツ推薦で大学へ行けることになっていて・・・

ここに問題があるようで、澪奈はそれを知ったので、武智の誘いを断ったことがあったようです。

武智の黒い噂を知っていたのは、文香(土村芳)のようです。

郡司(椎名桔平)は色々と調べて、今回のことに文香の父・相楽(矢島健一)と捜査一課の五十嵐(大友康平)が関わっていることに気が付きます。

一颯・・・もう満身創痍のようですが、彼の魂の授業はまだ続くようですね。






人気ブログランキング

ドラマランキング






スポンサーサイト
2019-02-18(Mon)

グッドワイフ 第6話

多田(小泉孝太郎)が、健康被害に対する集団訴訟の代理人をすることになりました。

15億円の賠償金が見込めるこの訴訟は、多田が3年かけて無料相談に乗り、満を持して臨む案件でしたが、杏子(常盤貴子)と共に正式契約を結びに行く当日、そこには車椅子に乗ったもう一人の弁護士・三栗谷(春風亭昇太)が呼ばれていました。

三栗谷は、病気により車椅子生活を送る自分の立場を巧みに利用し、被害者の気持ちに取り入って行くのでした。

次々と用意周到な手を打つ三栗谷に、杏子と多田はペースを乱されて、どちらを代理人に立てるかは被害者の多数決で決めることになってしまいます。

しかし、訴える相手企業と三栗谷が繋がっている可能性が浮上して・・・

一方、壮一郎(唐沢寿明)が保釈され、自宅へ戻って来ます。

しかし、家族の間はとてもギクシャクしていました。

あくまで本当のことを話さない壮一郎に、杏子は最後通告します。

壮一郎を嵌めたのは、官房副長官・南原(三遊亭円楽)のようですが、証拠がないですね。

おまけに壮一郎と関係があった新聞記者・遠山亜紀(相武紗季)が爆弾発言をマスコミにしていましたし・・・

裁判をしようにも、壮一郎が何も話してくれないので弁護士・林(博多華丸)が降りてしまった・・・

そんな壮一郎を弁護するのは、何と杏子でした。

そして、多田の告白を聞いてしまったのは、壮一郎でした・・・






人気ブログランキング

ドラマランキング





2019-02-16(Sat)

メゾン・ド・ポリス 第6話

メゾン・ド・ポリスに、高平(小日向文世)の娘・小梅(水谷果穂)がやって来ます。

小梅は、伝説の刑事だった高平に、ひより(高畑充希)が憧れているなどと話し、解決してほしい事件があると切り出して来ます。

どうやら高平は、家族に盛大なウソを付いているらしい。

事件の概要は、小梅の恋人・駿(水石亜飛夢)の祖母・春江(吉田幸矢)が、自宅で何者かに殴打されて金品を奪われたと言う事でした。

現金を保管していたタンスからは駿の指紋が検出され、彼も疑われていると言います。

事件以前に、小梅に恋人がいることにショックを受けた高平ですが、伊達(近藤正臣)のフォローもあって事件捜査を引き受けることに。

ウソを根に持った迫田(角野卓造)と藤堂(野口五郎)が「協力しない」と言い出す中、ひよりは夏目(西島秀俊)と共に事件を具体的に調べ始めます。

こうして、高平に手柄だけを渡すための前代未聞の捜査が始まりました。

春江の家族全員をメゾン・ド・ポリスへ招待し、そこで謎を解くことになります。

ひよりと夏目は、春江の自宅へ行き、そこで彼女の飼い猫の爪に付着した血液を調べました。

状況証拠と聞き込みで調べたことを要約し、夏目が高平に指示を出すことになります。

良いところまで行った時に、御用聞きの瀬川(竜星涼)が現れて大変なことに・・・

後は、ひよりが引き継いで、何とか事件解決です。

何の役にも立っていないと思われていた高平ですが、春江おばあちゃんの気持ちはよくわかっていました。

事件が解決し、自宅に戻って来たひよりに声を掛けて来たのは、管理官・間宮(今井朋彦)でした。

夏目・・・3年前に何をやった??






人気ブログランキング

ドラマランキング





2019-02-15(Fri)

スキャンダル専門弁護士QUEEN 第6話

江(竹内結子)と知恵(水川あさみ)、鈴木(バカリズム)は、週刊誌にパワハラ疑惑を掲載された作家・浮田千代子(真野響子)に会いに行きます。

江たちを迎えた秘書・若月礼二(杉野遥亮)以外の秘書たちは、パワハラを訴えて辞めていました。

礼二は、千代子が厳しく秘書たちに当たるようになったのは最近で、週刊誌に糾弾されるような人物ではないと擁護します。

しかし千代子は、あっさりと週刊誌の記事を事実と認め、盛り上がる周囲の騒ぎを収めてほしいと江たちに要請します。

江たちと食事をしながら千代子は、礼二の作家としての可能性を認め、「自分が亡くなったら、遺産は礼二のような若い才能に使いたい」と話していました。

江たちは過去の仕事で縁ができたテレビ局の部長を訪ね、礼二にフォーカスを当てた番組を提案します。

江は見事に部長の弱みを掴み、礼二の番組を放送させることに成功し、世論も見事に交わすことができました。

しかし、過去の経歴が不明な礼二が、不穏な動きをしていることを知恵の情報から知って・・・

知恵と一緒にいた裕子(泉里香)のおかげで、今度は礼二のバッシングが出ていました。

そんな中、千代子が亡くなってしまいます。

出て行った秘書たちが戻って来て、千代子の遺産を自分たちの自由にしようとしているのを知った江たちは、行方不明の礼二を連れて来て、千代子の遺言書を秘書たちに見せるのでした。

千代子が言っていた礼二の才能は本物のようです。

ただ、まだ鉄の状態なので、鋼にならないと使い物にはならないようですが、江は千代子から聞かされた話を礼二に伝えて、彼に千代子との話を本にするように言います。

そして、それは見事に成功するのでした。

吾妻議員(山本耕史)は、江にとって・・・



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スキャンダル専門弁護士 QUEEN [ 倉光 靖子 ]
価格:799円(税込、送料無料) (2019/2/15時点)




人気ブログランキング

ドラマランキング





2019-02-15(Fri)

ハケン占い師アタル 第5話

シンシアイベンツ入社12年目の正社員・田端友代(野波麻帆)は、残業や余計な仕事は徹底して断る主義を貫いています。

彼女は、長らく職にも就かずぶらぶらしている父親と弟の3人暮らしです。

家計も家事も一手に担わされ、恋愛をする暇もないほど余裕のない暮らしをしていました。

会社でも常にピリピリしていて、Dチームの仲間とも微妙な状態が続いていました。

そんな中、田端は社長の肝いりの、女性躍進プロジェクトのモデルケースとして、社内報の密着取材を受けることになります。

この取材がきっかけで、すっかり気を良くした代々木(及川光博)は田端に、社内の大学OB会にも出るように命じます。

社長を中心としたOB会には、アタル(杉咲花)も手伝いとして参加していました。

しかし、そこで代々木による度重なるセクハラ発言を浴びせられた田端は、感情を爆発させて、そりゃもう大騒ぎです。

この件で代々木は怒り心頭で、田端をイベントから外してしまうのでした。

その様子を心配したDチームの仲間たちは、上野(小澤征悦)から田端にアタルの占いのことを言ってもらうのでした。

初めは、占いは信じない風の田端でしたが、彼女のデスクの引き出しの中には、その関係の本がいっぱいでした。

アタルにみてもらった田端は・・・

幸せになりたいなら、自分で動かないとダメですよね・・・

いつも通っていたカフェのイケメン店員のお兄さんとイイ感じだったのに・・・

田端は、今まで企画したイベントを間近で見ることはなかったようですが、今回のバレンタインイベントを見て感動していました。

アタルにみてもらった人は、みんな前向きになっています。

田端も住宅ローンが払える貯金を父親に渡して家を出たようです。

一方、いつも上司と部下の板挟みになっている大崎(板谷由夏)が、アタルの母親(若村麻由美)のところへ・・・






人気ブログランキング

ドラマランキング






プロフィール

ぷち丸2

Author:ぷち丸2
FC2ブログへようこそ!

おきてがみ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
オススメ広告
★クリックお願いします★
オススメ広告
クリックお願いします♪
ブログ広告
ブログ広告ならブログ広告.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンクエクスチェンジ
映画情報動画まとめサイト
ちゃしろ猫ミャアーの成長日記
オススメ広告
↓↓↓クリックお願いします↓↓↓
楽天